ピクシブ百科事典

地獄の騎士バルトス

まおうぐんさいきょうのきし

地獄の騎士バルトスとは、「ドラゴンクエスト~ダイの大冒険~」に登場するキャラクターである
目次[非表示]

概要

旧魔王軍最強と謳われた騎士で、魔王ハドラーの部屋へ通じる地獄門の番人を任せられる程の実力を持つが、本性はとても温厚な性格の魔物。

ある日、ホルキア大陸のある村で置き去りにされた赤子を発見。仲間のオークが殺めようとした所を止めるとその赤子を拾い、かつて魔界で名を馳せた剣豪の名前である「ヒュンケル」と名付けた。外に出る事はできなかったが、次第に血気盛んで凶暴だった魔物達にも笑顔が溢れ、時には一緒に遊んだりして実の息子のように接するようになった。ヒュンケルから折紙で作られた<星の勲章>は『自分が初めて貰った勲章だ!』と喜び、大事に首から下げていた。

訪れた破局

そうして幸せな日々を送っていた二人だったが、ついに勇者一行が地底魔城へ攻め込んでくる。門番としての使命を全うせんとするバルトスはヒュンケルを部屋に隠すと、『わしが死んでも強く生きるのだぞ・・・一人でな』と言い残して戦場へと向かう。しばらくして魔王の絶叫が響いた直後、異変を感じて部屋を飛び出したヒュンケルの前で灰となって消滅した・・・。

「ヒュンケル・・・思い出を・・・ありがとう・・・」

上記の通り、ヒュンケルの育ての親であり、今なお彼が最も尊敬している人物である。
バルトスの教えはヒュンケルの人としての根幹となっており、人を恨み魔王軍に在籍してなお女性を殺さなかったり、卑劣な手段を嫌うのは彼が教えた騎士道に他ならない。

関連イラスト

いろいろまとめ
がいこつけんし



関連タグ

ダイの大冒険 ドラゴンクエスト
ヒュンケル ハドラー
魔王軍(ダイの大冒険) がいこつけんし 黄金の精神(アニメ・マンガ系) アンデット
























【これより先、彼を殺めた真犯人が記載されているため 閲覧には注意されたし】





























真実
ダイポップ両名と激戦を繰り広げていたヒュンケルは、マァムからもたらされた魂の貝殻に残されたメッセージで真実を知る。

地獄門の門番として勇者アバン相手に奮戦するが、力の差は歴然であっという間に追い詰められてしまう。その直後、なぜか剣を収めたアバンに「情けをかけるのか」と憤慨するバルトスだったが、首にかかっている勲章を見て「まさかとは思ったのですが、あなたにも家族が…と。一瞬そう考えたら…斬れなくなりました」と告げられ、力だけではなく心においても敗北を認める。魔王と共に滅ぶ運命を背負う自分に代わってヒュンケルを正しい戦士にそだててほしいと頼んだ後、地獄門を通らせた。

しばらくしてハドラーの断末魔が聴こえると、ヒュンケルとの別れを惜しむ彼は灰となって消えた・・・













・・・はずが、まだ生きていた。
状況がわからぬまま困惑するバルトスの前に、魔界の神バーンによって辛くも生き永らえたハドラーが現れた。ハドラーは地獄門を通らせたバルトスを糾弾すると、「失敗作」と称して処刑してしまう。
とはいえアバンを通行させる自体、敵に寝返ったも同然であり、ハドラーが外道のように見えるがそれを踏まえた上での判断でバルトスも特にハドラーには恨みを抱いてはいなかった。

お父さん



その後、いてもたってもいられず部屋を飛び出しやって来たヒュンケルに真実を打ち明ける力がなかったため、一連の出来事とアバンとの間に交わした約束を【魂の貝殻】に込めた。何時の日か、真実を知って正しい道を歩いてくれることを願って・・・

『ヒュンケルよ、どうか人間らしく生きて欲しい。そして、アバン殿を決して怨んではならぬぞ!怨むのなら・・・魔物の分際で人間の子を育ててしまったこのワシを怨め・・・・このワシを!』

『だが、ワシは幸せだった。短い時間ではあったが、冷たい骸の身体に温もりが戻って来たかのようだった・・・・最後に、もう一度だけ言わせてくれ・・・想い出を・・・ありがとう・・・』

関連記事

親記事

ヒュンケル ひゅんける

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「地獄の騎士バルトス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1707

コメント