2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ヒュンケルアバンに復讐するために独自に生み出した必殺技。

武器を高速回転させて生み出す螺旋状の衝撃波で対象を貫く技である。少年時代には原型が出来ており、復讐のために未完成な状態でアバンに放って不発に終わった。魔王軍に所属してからも更に磨きをかけ、完成に至る。

突き技であるため、剣でも槍でも使える汎用性が特徴。ヒュンケルの武器が鎧の魔剣から鎧の魔槍に変わって以降、ヒュンケル自身がレベルアップしたことと武器が強化されたことで、オリハルコンを砕くほどの威力に進化した。

命中すれば必ず大ダメージを与えるが、この技で倒した(殺した)ネームドキャラクターは一人もいない。1991年版の劇場用作品『ぶちやぶれ!!新生6大将軍』のみ例外で、クロコダイン獣王会心撃と同時にブラッディースクライドを放ち不死将軍デスカールを仕留めた。

活躍場面

不死騎団長ヒュンケル

  • ダイとの最初の戦闘で繰り出し、分厚い壁2枚を容易く貫通させてその威力を示す。
  • 地底魔城の闘技場にて、ダイと再戦、鋼のプロテクターを抉りつつ重傷を負わせる。


復活の魔剣戦士

  • バルジ島で魔軍司令ハドラーと決闘した際、とどめの一撃として仕掛ける。しかし、ハドラーの計略にかかってしまい反撃を受けた。


アバンの使徒ヒュンケル


ぶちやぶれ!!新生6大将軍

  • 獣王会心撃との合わせ技でデスカールを仕留める。


小話

連載当時、アバンストラッシュと並び多くの子供たちが真似をした技である。しかし手に持った武器を360度回転させるのは人間の腕の構造上不可能であるため、この技を再現するには武器自体に回転ギミックを追加するなどの工夫をする必要がある。

綴りは「Bloody Scraid」。スクライドは造語であり、原作者の三条陸によると、「スクリュー(螺旋)+グラインド(砥ぐ、削る)」とのこと(同名のアニメとは関係無い)。

関連タグ

ダイの大冒険

関連記事

親記事

ヒュンケル ひゅんける

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ブラッディースクライド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 267929

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました