ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

勇者アバンが魔王ハドラー討伐時代に我流の刀殺法を基に編み出した必殺技。武器を逆手に構え、腰を低く捻る姿勢が最大の特徴である。

アバン流殺法3つの基本形大地を斬り海を割り空を裂く事を身に付けた者が、その全てを用いて切り裂く奥義。
武芸百般を掲げるアバンが編み出した技故、その気になれば弓・鞭・斧・拳でも発動が可能(使用する武器は選ばず、檜の棒でも発動できる)。

アバンが考案したスペシャルハードコースとは、この過程を凝縮させた方法で、日を追う毎に基本フォームの改善と身体の鍛練から始まり、大地斬・海波斬を経て、闘気のコントロール、近接、遠距離戦法の模擬戦闘、目隠しによる気配を探る方法を身に付けた後、空裂斬を習得する。

だが当然、三つの基本形を完全にマスター出来ていなければ真の威力を発揮することは叶わない。
事実、ダイはアバンから空裂斬を教われなかったため、当初は不完全なものしか使えなかった。
ダイのストラッシュが完成したのは、フレイザードとの戦いを通し、手探りで空裂斬をモノにしてからである。
といっても空裂斬を会得していない状態でも(竜の騎士のパワーが上乗せされていたとはいえ)あのクロコダインに致命傷を負わせており、かつてそれを始めて見たマトリフも必殺技というにふさわしい威力と称賛するだけの威力がある。

一度、これを受けたバラン『力、速度、闘気をコントロールし三位一体となることで完成する強力な剣技』と瞬時に分析していた。

アバン流刀殺法大地斬海波斬空裂斬
アバン流槍殺法地雷閃海鳴閃虚空閃

ストラッシュには遠距離攻撃用のA(アロー)と、直接敵に斬り付けるB(ブレイク)が存在する。

本編ではアバン本人が復活したハドラーに対して使い、それなりのダメージを与えたが倒すには至らず、すぐに回復されてしまった。これによりアバンは現段階のレベルで勝ち目はないと判断し、ダイ達にアストロンをかけ、ハドラーを道連れに自己犠牲呪文を放つことになる。

アバンの弟子のダイも修練の後にこれを習得し、それに留まらず魔王軍との戦いに於いて幾つかの応用技を編み出している。

アローを出すと同時に走りだし、命中寸前にブレイクを叩きこむアバンストラッシュX(クロス)は、動き回る相手に対し、タイミングをつかむのが難しく、実質的にダイ(もしくは竜魔人)専用の技である。
だが、アローが足で追い抜ける速さの技であれば、追尾(もしくは相手をその場に固定する技)でもしない限り、大魔王バーンなどの強者には当たる気がしないが、ツッコミは禁止。(ルーラトベルーラの応用で足で走るより速く移動していた可能性はある)。
ちなみに劇中ではハドラーと真・大魔王バーンに二度使用したが、どちらも一発目のアローを回避でなく真っ向からの迎撃を選択した。
劇中の発言によると、ダイはアロータイプなら大魔王バーンがカイザーフェニックスを放つのと同じくらい連射が可能となっているようなので、呪文やアローにより回避し切れず相手が迎撃を選ばざるを得ないような状況を作り出してから使用するなど方法はありそうだが。
剣でならダイをも上回る兄弟子のヒュンケルですら『俺にも出来ん』と断言したように、 竜の騎士(竜の力と魔族の魔力、人の心を併せ持つ最強の生命体)の身体能力と状況判断力がないと不可能な技なのだろう。
しかし、ダイがこの技を用いなければならない程の相手ならアロータイプなど十分に迎撃(さらに反撃まで繋げることも)出来てしまう。
相手が迎撃に移ったことを見極めてからより威力のあるブレイクを放たれれば、最低でも何方かは喰らってしまう可能性は高い。

敵からしてみれば高速のアローを撃たれた時点で防御なり相殺なり回避なりをしなくてはならず、アローに対処している所へブレイクの追撃が襲い来るため、どう足掻いても単発のストラッシュに対応する以上の危険を強いられる恐ろしい技となっている。

他にもヒュンケルとの戦いの中で編み出した魔法剣ライデインストラッシュ、父竜騎将バランの技ギガブレイクからアバンストラッシュのフォームに変更し放つ最強剣、ギガストラッシュも存在する。ただし、ギガブレイクはギガデインの魔法剣だが、ダイはレベル不足でギガデインを使えないのでダイの剣の魔法の鞘の力でライデインの魔力を増幅する必要がある
剣と魔法が同時に使える竜の騎士であるダイにしか使うことの出来ない技であり、師アバンでも真似の出来ない芸当である。

ヒュンケル自身も少年時代にアバン流刀殺法を習っていたものの不完全にしか習得できておらず、自分と同じく不完全にしか習得していなかったダイに対するあてつけとして使用している。(曰く『そんな紛い物なら、俺にも撃てるぞ!』とのこと) 虚空閃習得後は完全に使えるようになった筈だが、かつて大魔王の手先としてアバンやダイたちの命を狙ったことへの悔いと戒めの念から、自ら使用を封じている。
劇場版では「アバンストラッシュ!」と叫んでブレーガンを倒すのに使用したが、悔いと戒めの念で使用しないというのが劇場版の公開後に発売された単行本で明らかにされた設定のため、劇場版製作時点ではまだ存在しない設定であった。

開祖であるアバン自身は、これを一年以上の歳月をかけて育てていったという。
切っ掛けはカール騎士団時代に国を強襲したハドラーに向けて「闘気を纏った剣」を放ち迎撃したことであり、これに経験と研鑽を積み重ね研究を続け生み出されたのが現在の「アバンストラッシュ」となっている。


15年前

海底宮殿で遭遇したオトギリ姫との戦闘で海波斬を習得した時点でアバンは「強烈なる閃光の一撃」という意味合いでストラッシュという言葉を思い浮かべ、続けてロカが「お前が求め続けるお前の最強剣だから」としてアバンの名を付けた事が技名の由来と判明。※本人は少々恥ずかしがっていたのだが、あとである言葉を思い出し命名した。

時を超えて

アローフォームのみだが、ドラゴンクエストⅪのアバン流刀殺法でモーションが使用された。

その他

星のドラゴンクエストではコラボイベ実装と同時に実装されたBランクスキル『アバンストラッシュ』と、それから2年後の2回目の復刻にて実装されたアバン装備・アバンの聖剣のSランクメインスキルである『秘剣アバンストラッシュ』の2種類がある。

どちらも独自のカットインが入るが、後者の方はギガストラッシュ同様全体攻撃であり、一定の確率で敵一体に強力な追撃が発生する(ギガストの方はデイン属性で秘剣は無属性と差別化がされているので属性耐性が多いボスに有効である)。

余談

「ストラッシュ」という単語は、原作者の三条陸氏による「ストライク」と「スラッシュ」を合わせた造語。
構えがわかりやすく、見栄え的にもカッコいいため、20代後半~30代の男性諸氏なら子供の頃に傘や箒等で真似をした人も多いのでは?
これを意識してか、2021年にはアバンの剣をイメージした傘が東映アニメーションから発売されている

関連タグ

ダイの大冒険 必殺技 アバン ダイ

牙突 霹靂一閃 世代を代表する剣の構え繋がり

仮面ライダーシリーズ複数作品で、本技を名前の元ネタとした技が登場る。

関連記事

親記事

ダイの大冒険の技 だいのだいぼうけんのわざ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「アバンストラッシュ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「アバンストラッシュ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 985723

コメント