ピクシブ百科事典

ギガブレイク

ぎがぶれいく

ギガブレイクとは、三条陸作『ドラゴンクエスト-ダイの大冒険-』およびゲーム『ドラゴンクエスト』シリーズに登場する特技である。
目次[非表示]

『その闘気と勇気に免じて見せてやろう・・・』

『真の竜の騎士が、天を操った時の力が・・・どれほどのものなのかをな!』

概要

ドラゴンクエスト-ダイの大冒険-に「竜の騎士」の必殺剣として登場。
作中ではギガデインを纏った魔法剣という扱いである。
一応、ライデインでも代用は可能だが、当然威力は大きく落ちる。2020年版アニメではギガデイン時と比べてエフェクトも弱くなっている。
とはいえ、オリハルコン製の武器でなければ武器のほうが耐えられない』という竜闘気の存在感があまりに強烈だったせいか、ギガデインのカゲはちょっと薄い。

主人公であるダイは師・アバンから受け継いだ「アバンストラッシュ」を既に体得していたため、作中では彼の父であり、同じく『竜の騎士』であるバランの技というイメージが強い。

超魔生物ハドラーとの初戦闘時に、ダイは『一瞬で闘気と魔法力が爆発する技』を考えとっさにこれを放った。
※受けたハドラー曰く『使用した呪文はライデインでパワーは小さいが、間違いなくバランの技。 ダイの心の中で、バランの存在は大きなウエイト占めている・・・血は争えんな・・・』と感じ取り、再び剣を交える瞬間を静かに待っていた。

竜魔人化していない通常状態でも真魔剛竜剣が万全な状態ならばハドラーの首を切り落とす事が出来る威力を誇るらしい。
なお、竜魔人状態でギガブレイクを使ったことは一度もないため威力のほどは不明。バラン自身も想像がつかないと述べている。一応はダイとの戦闘でライデインで代用したギガブレイクを使用したが、一瞬早くダイのライデインストラッシュが決まったため敗れている。

実は作中では様々な要因でギガブレイクが全力で使われたシーンは少なく、唯一全力で使われたのは対クロコダインの場面だけなのだが、それもクロコダインが全パワーを防御に集中させたうえでレオナベホマで体力を回復するという策で2発も耐えられている。

ゲーム作品

後にドラゴンクエストⅧにて主人公の特技として登場。『剣』と『ゆうき』のスキルを両方100まで上げることが習得条件。また、『剣』のスキルを100まで上げるとギガスラッシュを、『ゆうき』のスキルを100まで上げるとギガデインを習得できるので、実質ギガデインの魔法剣という特徴を再現している(付け加えるとⅧの主人公はダイとの共通点が多い)。

技の効果としては、敵1グループに222~282のダメージを与えるというもの。レベルが上がるごとに威力が増し、最終的には271~331までに威力が上がる。消費MPは20(ただしスキル構成の関係で消費MP半分が得られるため、実質10である)。

以降の作品でも、9や10、モンスターズシリーズやヒーローズなどに登場している。
バトルロードではドラゴンクエストⅢの主人公のとどめの一撃として登場しており、バランのギガブレイクのモーションを忠実に再現している。
10、11ではダイのギガブレイクのモーションを忠実に再現していることが話題となった。
ヒーローズシリーズでは男主人公のアクトラゼルが使用。アクトが使うものは自身の周囲広範囲を攻撃し、ラゼルが使うものは装備している武器によってモーションと攻撃範囲が異なる(女主人公のテレシアが使うものと同じ性能)。

モンスターズシリーズでは更に『ギガクロスブレイク』という語感からすればギガブレイクの上位版に思える技も存在する。ただし技としてはギガスラッシュの合わせ技だったりと、どちらかというとアバンストラッシュXに近いものになっている。

関連項目

ドラゴンクエスト ドラクエ DQ ギガスラッシュ ダイ 竜騎将バラン ギガストラッシュ
エイト

他作品関連
マリアン(ガーディアンテイルズ)…「ガーディアンテイルズ」の登場人物。この技名を叫ぶシーンやボイスがある。

関連記事

親記事

ドラクエの特技一覧 どらくえのとくぎいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ギガブレイク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 86742

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました