ピクシブ百科事典

マキシマム(ダイの大冒険)

だいのだいぼうけんのまきしまむ

マキシマムとはダイの大冒険に登場するキャラクターのことである。
目次[非表示]

概要

大魔王バーンの本拠地バーンパレスに登場。禁呪法で生まれた存在ではなく(ここが重要)、バーンが所持していた生きた駒(リビング・ピース)と呼称するカテゴリーに含まれる生命体(金属生命体)。禁術法で生まれた存在ではないのでバーンの奥底にあった慢心と油断の一部(バーンが奇跡の連続に敗北した要因)が、この愚王に大きく影響したわけではない。
超金属戦士たちを配下に持つ。年齢は345歳
指揮能力に長け、配下の超金属戦士を使役するも、弱った敵しか狙わないためミストバーンからは「大魔宮の掃除屋」と蔑まれているため仲が悪い(ヒムからは「ひ、ひでぇ、まるで盗賊かハイエナじゃねえかよ」と呆れられ、ヒュンケルからも「おまえはクズだ…!!生かしておく値打ちもないっ…!!」と吐き捨てられていた)。

悪魔の目玉から収集した現在までの戦果を頭脳に蓄積し、さらにキングスキャン、スーパースキャンも駆使・検索して相手の能力を暴く。
だが、彼の能力はスキャン能力以外にはポーンとあまり変わらず、配下の力を借りなければチェスの王と同じく無力であり、単騎での戦力は超金属オリハルコンの硬度を利用した馬鹿力での打撃のみである。しかし、その腕力も彼一人が倒されたら他の駒が自律行動できず軍団が瓦解するため、最前線に立つのに不向きでかみ合ってない。
また非常に虚栄心が強いために物事の見通しが甘いバカであるゆえに、スキャン能力も使いこなせているとは言い難い。
配下の超金属戦士にしても、命令しなければ只の置物と変わらずハドラー親衛騎団とは違ってただの「いいなりの人形」でしかなかったためヒュンケルに一蹴されてしまっていた。

死力を尽くして戦い抜き消耗しきったヒュンケルとヒムの前に現れ止めを刺しに親衛騎団以外の超金属軍団で襲わせるも、無刀陣を利用したカウンターで次々倒された。
最後の手段として動けないヒムをバーンパレスから突き落そうとして非情に成りきれない弱点(要するに人質)を突く(ボラホーンポップを人質に取った戦法を参考にした)も、逆王手寸前に復活したラーハルトの槍さばきで残存の兵士と共に切り刻まれた。

オリハルコンなので実力はそれなりに高く(この時点でヒムはラーハルトの動きを目視できたが、マキシマムは全く気付かず、彼らには劣る)、心理的トラップを仕掛けられる可能性なども考慮したが、半端に頭が回った為にラーハルトとヒムの「動けば命の保証がない」「物凄いスピードで全身を斬り刻まれている」との警告を自分の動きを封じる罠だと深読みしてしまい、間抜けに笑いながら撤退しようと飛び上がった直後、切り刻まれた箇所が開き、空中で爆散・死亡する。
そのマヌケな最期はヒム曰く「正真正銘の馬鹿」。「確率8分の1でハドラー様の部下に生まれて良かった」と胸を撫で下ろしている。

言ってしまえばその場限りのやられ役である。そのため本作に登場する敵幹部の中でもフレイザードを超える早期退場者となった。

戦い方について

大魔宮の最大最強の守護神を自称しながらも、実際は弱った相手から確実に倒すことしかしない。消耗した敵を狙うこと自体は間違いではないが、彼の場合は上述通り保身優先で弱った相手にしか戦いを仕掛けないため、勝って当たり前とも言える戦いしかしない
まがりなりにもヒュンケルを消耗させつつパーティーから分断させた魔界のモンスターの方が大魔王バーンの役に立ったといえる。
それでも、自分の役割を理解して、確実に敵の戦力を削ることに徹した仕事屋であったのなら、かなりの脅威となり得たが、マキシマムはその虚栄心から来る隙が大きすぎて、軍団の全滅と戦死に至ってしまった。

挙げ句の果てにミストバーンがダイ達と戦っているのを知っていながら、わざと加勢を遅らせるなどと考える始末。そうした意味でもミストバーンからは『掃除屋』であるだけでなく、『手負いの獣とネズミの区別もつけられない』『自分がバーン様に買われていると思い込んでいる』と馬鹿にされた。

この場合、「手負いの獣」とはヒュンケルのことである。彼の知能では鑑定能力を生かし、ヒュンケルの不死身ぶり異常ぶりを見抜いての戦略的撤退、あるいは戦略の変更すらできなかったようだ。

二次創作において

二次創作にも時折登場するが、その凄まじいまでのバカさ加減を強調され、ギャグキャラにされることが多い。

関連タグ

ダイの大冒険 
バーンパレス ミストバーン キルバーン ヒム
鑑定 愚王 雑魚 小物
外道 卑怯者(卑劣漢) 姑息 金属生命体
ヤバソード騎士竜戦隊リュウソウジャーに登場する怪人で、マキシマムと同じくチェスのキングの駒がモチーフ

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「マキシマム(ダイの大冒険)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12

コメント