ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

あらすじ

昔々、ある所にが住んでいましたそうな。ある日、おにぎりを拾った蟹はおにぎりをに持って帰ろうとしたが、家時の途中偶然猿と出会った。意地悪で乱暴な猿はその辺で拾ったを蟹に見せ、「お前さんの握り飯は今ここで食えば終わりだが、この柿の種を植えればが出てになってになればたくさんが食べられるぞ」と説得。その口車に乗った蟹はおにぎりと柿の種を交換してしまった。


に柿の種を持ち帰った蟹はそれを地面に植え、「実を出さないとハサミでちょん切るぞ」と脅迫して無理矢理生長させた。それからしばらくして猿が蟹の巣を訪れると、そこには立派な柿のが育っていた。

猿は木の上に登れない蟹を見かけると、「今から柿を取ってきてあげよう」と提案。蟹は木の根元で待機し、猿はスルスルとを登ったかと思うと甘くて熟れた柿の実を自分だけ食べてしまう。怒った蟹が柿の実を催促するのでうっとおしく思った猿は、手ごろな未熟な柿を見つけ思いっきり蟹に叩きつけ、蟹はその衝撃で死んでしまった。猿は蟹を心配するどころか、「ざまあみろ」と言わんばかりに熟れた柿を全て持って行ってしまった


さて、残された蟹の子供たちは母蟹のを悲しんで仇討ちを決心した。するとそこにが現れる。子蟹達の話を聞き、義憤に駆られた蜂は復讐のために仲間を募った。子蟹と蜂だけでなくも猿の悪事には困っていたので、猿の留守を見計らって猿のに侵入し、帰ってきたところを襲撃しようとそれぞれの持ち場に隠れた。


そんなことも知らずに家に帰った猿は、寒かったので囲炉裏をくべた。すると囲炉裏から栗が飛び出し、猿の顔面に命中する。激痛に驚いた猿は水瓶に駆け寄るが、ふたを開けた途端に水瓶から子蟹たちが出てきて猿のを挟んだ。びっくりして猿はに駆け寄りますが、その中からは蜂が飛び出して猿のを刺した。蜂に驚いた猿はに出ようとしてを開けるが、牛の糞を踏んで転倒。直後に屋根から臼が落下し、猿を圧殺した。かくて蟹たちは母親の敵を取り、それからも仲間たちと助け合っていつまでも幸せに暮らした


余談

  • ずいぶん残酷な話に思えるが、これでも大分マイルドにした方である。原典ではこのあと、臼に押し潰されて息も絶え絶えの猿を蟹たちが頸動脈を切って殺すという凄まじい終わり方だったりする(子蟹による仇討ちの話なのに、とどめを臼に譲るという不自然な形になっているのは、おそらくこれが原因)。
  • 原典では猿が子蟹たちに挟まれた後、味噌に駆け寄って蜂に刺されるという展開であったが、実際火傷味噌を塗っても効果はないため最近では薬箱にされていることがある。
  • 囲炉裏から襲い掛かってくる栗だが、かつて囲炉裏の灰に栗を入れて焼き栗を作ることが普通に行われており、その際は栗の端をきちんと切っておかないと(皮の中で空気が熱せられて)熱々の栗が飛び出してくると言う事が良くあった。おそらく昔の子供たちには、このエピソードはかなりのリアリティを持っていたと思われる。
  • 最近では母蟹も猿も大怪我で済み、散々な目にあった猿が蟹たちにこれまでの意地悪を謝罪するバージョンなども出ている。また、タイトルが「さるかに話」「かにむかし」などに改編されている場合もある。
  • 猿に復讐するメンバーは地域や時代によって異なり、芥川龍之介小説では栗の代わりにが入っている。また、牛の糞は登場しなかったり昆布にされていることも多い。
  • 古来日本では、血を分けた父母や兄姉、仕えた主君が害されれば、仇討ちをしないことは不名誉とされ、有名な忠臣蔵の物語もその意味合いである。
  • 現実にもカニクイザルという名前の猿が存在し、こちらは道具を使って直に蟹や果実を食べる原典に劣らない器用な能力を持っている。

登場する作品


表記ゆれ

猿蟹合戦


関連項目

昔話 童話


スズメどんの鬼征伐(類話)

関連記事

親記事

昔話 むかしばなし

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 561792

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました