ピクシブ百科事典

さるかに合戦

さるかにがっせん

日本の昔話の一つ。定番である「因果応報」のストーリー。
目次[非表示]

あらすじ

昔々、ある所にが住んでいました。ある日蟹はおにぎりを拾いました。蟹はおにぎりをに持って帰ろうとしましたが、家時の途中偶然猿と出会いました。猿はその辺で拾ったを蟹に見せ、「お前の握り飯は今ここで食えば終わりだが、この柿の種を植えればが出てになってになればたくさんが食べられるぞ」と言いました。その口車に乗った蟹はおにぎりと柿の種を交換してしまいました。

に柿の種を持ち帰った蟹はそれを地面に植え、脅迫して無理矢理生長させました。それからしばらくして猿が蟹の巣を訪れると、そこには立派な柿のが育っていました。
「これなら柿の種やるんじゃなかった」と悔しがった猿は蟹を呼び寄せ、「今から柿を取ってきてあげよう」と言いました。蟹は木の根元で待機し、猿はスルスルとを登っていきます。猿は手ごろな未熟な柿を見つけると、思いっきり蟹に叩きつけ、蟹はその衝撃で死んでしまいました。猿はザマーミロと言わんばかりに熟れた柿を全て持って行ってしまいました。

さて、残された蟹の子供たちは不慮のを遂げた母蟹の下で大いに泣きわめきました。するとそこにが現れ、蟹たちから話を聞きました。義憤に駆られた蜂は猿への復讐のために仲間を募りました。かくて蟹、蜂、は結集し、猿の留守を見計らって猿のに侵入しました。

そんなことも知らずに家に帰った猿は、寒かったので囲炉裏をくべました。すると囲炉裏から栗が飛び出し、猿の顔面に命中しました。激痛に驚いた猿は水瓶に駆け寄りますが、ふたを開けた途端に水瓶から子蟹たちが出てきて猿のを挟みまくりました。びっくりして猿はに駆け寄りますが、その中からは蜂が飛び出して猿のを刺しました。蜂に驚いた猿はに出ようとしてを開けますが、牛の糞を踏んで転倒。直後に屋根から臼が落下し、猿を圧殺しました。かくて蟹たちは母親の敵を取ったのでした。

余談

  • ずいぶん残酷な話に思えるが、これでも大分マイルドにした方である。原典ではこのあと、臼に押し潰されて息も絶え絶えの猿を蟹たちが頸動脈を切って殺すという凄まじい終わり方だったりする(子蟹による仇討ちの話なのに、とどめを臼に譲るという不自然な形になっているのは、おそらくこれが原因)。
  • 原典では猿が子蟹たちに挟まれた後、味噌に駆け寄って蜂に刺されるという展開であったが、実際火傷味噌を塗っても効果はないため最近では薬箱にされていることがある。
  • 最近では母蟹も猿も死なずに済むバージョンなども出ている。また、タイトルが「さるかに話」「かにむかし」などに改編されている場合もある。
  • 猿に復讐するメンバーは地域や時代によって異なり、芥川龍之介小説では栗の代わりにが入っている。また、牛の糞は登場しなかったり昆布にされていることも多い。
  • 古来日本では、血を分けた父母や兄弟姉妹、仕えた主君が害されれば、仇討ちをしないことは不名誉とされ、有名な忠臣蔵の物語もその意味合いである。


登場する作品


表記ゆれ

猿蟹合戦

関連項目

昔話 童話

スズメどんの鬼征伐(類話)

pixivに投稿された作品 pixivで「さるかに合戦」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 88142

コメント