ピクシブ百科事典

沈香

じんこう

「沈香」とはお線香などの原料となる香木の一種である。
目次[非表示]

概要

ジンチョウゲ科の樹高の高い常緑樹の樹皮が菌に感染したり、傷がついたとき、それを治すためにでる樹液が固まって樹脂となり、長い時間をかけバクテリアなどによって成分が変質し、特有の芳香を放つようになったもの。香りや産地によって分類され、その中でも特に質の良いものは伽羅と呼ばれる。

シャム沈香とタニ沈香

沈香は産地によって「シャム沈香」、「タニ沈香」と分類されることもある。シャム沈香は、インドシナ半島(タイ、カンボジア、ベトナムなど)で産出される沈香で香りの特徴は「甘」。タニ沈香はインドネシアの島々で産出される沈香のことで香りの特徴は「苦」。

六国五味

沈香は香りと産地で6種に分類されることが多い。産地は木所と呼ばれる。また、香りを表現するのに「五味」(甘・酸・辛・苦・鹹(しおからい))が使われる。

  • 伽羅(きゃら):ベトナム産。五味に通ずる。
  • 羅国(らこく):タイ産。甘味。
  • 真那賀(まなか):マラッカ産。無味。
  • 真南蛮(まなばん):インド東海岸のマラバル産。酸味、苦味。
  • 寸聞多羅(すもたら):インドネシアのスマトラ産。苦味、鹹味。
  • 佐曾羅(さそら):インドのサッソール産。鹹味。

ただ、同じ香木でも位置によって樹脂などの配合が異なるために香りも異なる。これらは大まかな基準であることに注意しなければならない。沈香の中で上等のものが羅国、真那賀、真南蛮、寸聞多羅、佐曾羅に分類され、その中で特に上等のものを伽羅にする、という香り本位な分類をすることもある。また、香道で消費されるなどで上等なものが少なくなり、以前は羅国だったものが伽羅に格上げされるなども起きている。

関連タグ

香木 伽羅 お香

関連記事

親記事

お香 おこう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「沈香」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4

コメント