ピクシブ百科事典

モチロン

もちろん

『ウルトラマンタロウ』に登場した怪獣。目的が侵略ではないために故郷へ帰されたが、その前にウルトラの父に説教されて一仕事することとなった怪獣。
目次[非表示]

データ

別名身長体重出身地CV
うす怪獣58m4万t渡部猛


第39話「ウルトラ父子餅つき大作戦!」に登場。

概要

その名のとおり、餅が好物で餅つき用のの形をした怪獣
ラストの餅つきの臼として一仕事させられるシーンは他のウルトラ作品にない『ウルトラマンタロウ』ならではのコミカルシーンのひとつ。

また怪獣でありながらウルトラの父ウルトラマンAに登場した南夕子に面識があり、二人には頭が上がらない(特にウルトラの父)ようである。

攻撃らしいことは口から「モチロンボイラー」を吹く(餅を焼くためだろうか)のみで、あとは怪力に任せた相撲戦法か、手足を引っ込めて転がる程度(VHS『ウルトラ怪獣攻撃百科』では「うすぐるま」という技名が付けられていた)。
5万㎞先の餅を目視できるそうだが、この視力では38万㎞離れた月面から地球の餅は見られない。何のための能力なんだか…。

事の経緯

ウサギの餅つきを信じる地球人の心が実体化し表れた怪獣。半分はで半分は地球で生まれた怪獣の為にZATの怪獣レーダーに映らない(!?)性質を持つ。本来は「月の海(黒い所)」の化身であり、モチロンが完全に死滅すると月は真っ白になってしまうらしい(命乞いの時にモチロン自身が言っていたことなので口先三寸の出任せの可能性はある)。

日本の、特に新潟が美味しいと知って(←どうやって知ったというのだ…。)新潟へ向かおうとする。月の民である南夕子(どういう訳かモチロンと面識がある)が月へ帰る様に諭すが「新潟の餅を腹いっぱい食べるまで帰らない」とゴネて拒否。その後タロウ相手に力比べを挑むものの負けてしまう。

負けた後は餅を盗み食いした事と新潟の餅を食べに行こうとしている事でウルトラの父に一喝され説教された後、モチロンが食べてしまった分の餅をつく事になった。その後、ウルトラの父と夕子によって月へと帰された。

余談

次作の『ウルトラマンレオ』にはモチロンと同じ月の怪獣であるキララ(中の人も同じ)や夕子と同じ月星人の弥生が登場しているが、その関連は不明である。

ウルトラマンギンガ劇場スペシャルウルトラ怪獣☆ヒーロー大乱戦!』にて再登場。区別のためモチロン(SDI)と呼ばれる場合もある。
千草「ゆるキャラ?」
友也「違います」
人工のスパークドールズとして登場し、美鈴が「和菓子職人魂をくすぐられる」という理由でウルトライブ。美鈴からは「モチロンじゃなくてウスロン」と呼ばれた。
これに先駆け、『ウルトラマン列伝』のスパークドールズ劇場回にも登場。その肩書きと名前から、ブラックキングにウスノロ怪獣と間違われ、キングパンドンからは「モッちゃん」と呼ばれた。

ちなみに月で兎がついているのは餅ではなく、薬草であるという伝承がある。

feat.POPComiccode

ウルトラ怪獣擬人化計画の漫画ながら珍しく、擬人化されていないキャラにも関わらず出番が多くキャラ付けされている。常に影絵の状態(レッドキング曰く「あの姿だと味が分からなくなる」らしい)で、女性のような言葉づかいで話す。

怪獣墓場学園の職員らしく、給食担当給食の内容はいつも餅
生徒には親しみを持っており、ダークネスブラック一行が地球に向かった際に学園側の情報を伝える役割も引き受けている。
怪獣デュエル編では、バルタン星人スノーゴンサラマンドラの3人の帰還を喜んでいたが、バルタン星人が40億6千万人の仲間の移住を宣言した際は、流石に給食を作り切れないと倒れてしまった。

関連タグ

ウルトラマンタロウ ウルトラ怪獣 
ルナチクス:天敵?

pixivに投稿された作品 pixivで「モチロン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 40687

コメント