2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

パーマン

ぱーまん

藤子・F・不二雄による日本の漫画、及びそれを原作としたテレビアニメ・劇場アニメ。
目次[非表示]

スーパーマン
「何の得にもならず、人に褒められもしないのに、なぜ行くんだい?」
パーマン
「分からない・・・・・・。でも行かずにはいられないんです。

スーパーマン
「誰が褒めなくてもわたしだけは知ってるよ。君が偉い奴だってことを。」
                             (「パーマンはつらいよ」より)

概要

 藤子・F・不二雄小学館の学年誌と『週刊少年サンデー』に掲載していたギャグマンガスーパーマンパロディだからパーマン。
 1966年から2年間掲載され、67年には『オバケのQ太郎』の枠を引き継ぐ形で白黒アニメ化された(『オバQ』の最終回で先行登場している)。

【白黒テレビ漫画版『パーマン』オープニング・エンディング】(1967年4月2日から1968年4月14日:TBS系列にて全108話放送)


その後再アニメ化が決定され、それに合わせて小学舘学年誌及び『コロコロコミック』『てれびくん』でリブート版が1983年から3年間掲載。リブート版は途中から原作者が撤退し藤子プロ系列の作家陣が、8ページ~2ページ漫画でオリジナル展開を執筆。

 なお、1980年代のリブート版ではタイムボカンシリーズ笹川ひろしを総監督に迎え、設定を簡単にする理由からパーマン5号は全く登場しない。アニメ(80年代の方)では逆手に取って誰が該当者に成るかをパーマン達が苦慮する挿話が複数作られた(大体の主犯はカバ夫で、成立する基準に外れているのも知らず無駄な努力を続ける)、後述のクルクルパーの設定も80年代版では無かったことにされ、悪人の名称も全国ギャングドロボー連盟から全日本悪者連盟に、パーマンの頭脳を翻弄させる輩も増え、その対処法も模索され、以前の挿話から応用した逆転劇も幾つか登場。ネタ切れ対策にオリジナルキャラや敵対犯罪者が創られた。
 
 大山ドラえもん末期には『Pa Pa Pa THE MOVIE パーマン』のタイトルで二回アニメ映画化されている。こちらは続きを期待させるような終わり方だったが残念ながら二作品で打ち止めとなっている。
他のF作品にも言えることだが藤子・F・不二雄大全集刊行などによるアニメドラえもんへのゲスト出演があり、中でもパーマンは何かと共演する機会が多い。ドラえもんの誕生日スペシャルにてゲスト出演するという破格の扱いを受けたこともあり、今後の展開に期待がもたれる。
2016年12月31日に放送された、『大みそかだよ!ドラえもん1時間スペシャル』内にて、藤子・F・不二雄ミュージアムで限定上映されていた「ドラえもん&パーマン危機一髪!?」が放映された。この作品ではドラえもんの道具、「超巨大スクリーン立体テレビ」の中でパーマンがアフリカの密猟団と戦っており、その映像を見ていたドラえもんのび太が画面に身を乗り出したはずみで映像の世界に入り込んでしまう、というストーリーになっている。

1980年にはドラえもんやオバケのQ太郎との共演を描いた特番「ドラQパーマン」が放送され、
1984年にはドラえもんや忍者ハットリくんと共に「ドラ・ハッ・パー」と銘打って宣伝され、大晦日の特番では話のつなぎの中で共演を果たしている。

あらすじ(1960年代版を基本として)

 とある年の元日、ぶらぶらと町を歩いていた平凡な小学生男子須羽ミツ夫の前にスーパーマン(新作では超人「バードマン」)が現れ、マスクとマント、バッジを渡す。このセットを身に付けることによって、通常の6600倍の筋力と時速91㎞(後に119㎞)の反重力による飛行能力ほかを手に入れ、スーパーヒーローとしての力が発揮出来るのである。名前は「スーパーマン」には遠く及ばない事から「スー」を取って「パーマン」である。

 ミツオは同様にスーパーマンからマスクやマントを受け取った者たちとパーマンチームを組み、超人的な力を発揮して悪者を懲らしめ、あるいは事故や災害に立ち向かう。出動中は自分そっくりに変身出来るコピーロボットに身代わりを任せておけるが、正体は絶対に知られてはならず、知られたことが発覚した場合は脳細胞破壊銃でクルクルパーにされてしまう(第2部では細胞変換銃で動物にされる)。かくして4人(旧作では5人)のパーマンによる活躍が始まった。

設定の変遷

1960年代版では、パーマンたちを任命した司令はスーパーマンその人であったが、1980年代版fでは著作権・商標権上の問題からバードマンと改名された。この為、作中におけるパーマンのネーミングの由来が曖昧になっている。
なお、1980年代アニメの主題歌では「実は欠陥スーパーマン」「スーがスーっと消えて、パーマンさ」とダジャレを含めた符丁で語源を説明している。

正体を知られたペナルティも、ごく初期の設定では「ばれたら死ぬ」という非常に即物的な設定になる予定であったが、シリアスすぎるということで脳細胞破壊銃でクルクルパーにされてしまうことに変更された。
1980年代版ではこのクルクルパー設定が表現規制に引っかかり、細胞変換銃で動物にされる設定に変更された。

ところで『パーマン』を知ってるか?

「…おまえ『パーマン』知らねーのか? グレート!
 『パーマン』知らねーやつがよぉー この日本にいたのかよォー
 本当かよ信じられねーやつだぜ… こんなやつと会話したくねーって感じだな!
 ガキのころ何TV見て育ったんだ? 育った文化がちがうっつつーかよ」

(『ジョジョの奇妙な冒険』31巻より、間田敏和

ゲーム作品

1990年12月14日にファミリーコンピュータで『パーマン』、1991年12月20日に同じくファミリーコンピュータで『パーマンPART2 秘密結社マドー団をたおせ!』が発売された(両作品ともアイレムから発売)。

関連イラスト

パーマン出動!
パーマン



関連動画

【HD】 二宮慶多(パーマン) 安藤美優(パー子) リクルートカード「チェックイン」篇 CM(15秒)

※カテゴリ:リクルートカード CM動画
【HD】 二宮慶多(パーマン) 安藤美優(パー子) リクルートカード「お買い物」篇 CM(15秒)

※カテゴリ:リクルートカード CM動画

関連タグ

藤子・F・不二雄
忍者ハットリくん:映画でコラボ
パーマン25users入りパーマン50users入りパーマン100users入り:評価タグ

登場人物





  • 怪人ネタボール
  • ドンガラガッチャ共和国の科学者
  • くるわせ屋
  • ボム博士



劇場版


その他

キン肉マン:同じく素顔を見られたら死ななければならない掟を課せられたヒーロー。
新快速:特別料金無しで乗れる130km/hで有名な列車。最高速度で比較対象にされやすい。
TGV:同じく速度比較で挙がりやすい。こっちは500km/h以上を2度叩き出し、パータッチ3人分(476km/h)を軽く超える。

関連記事

親記事

藤子・F・不二雄 ふじこえふふじお

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3406550

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました