ピクシブ百科事典

星野スミレ

ほしのすみれ

藤子・F・不二雄の漫画『パーマン』および『ドラえもん』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

パーマン

テレビや映画などで大人気の美少女アイドルとして登場。パーマン1号こと須羽ミツ夫も大ファンである。芸能生活のかたわら、小学生として勉強も真面目に取り組み、毎日夜遅くまで忙しいスケジュールをこなしている。家族は母親のみ登場した。
成績は優秀で、運動神経もミツ夫よりは優れている一方、料理ジャイアンレベルの下手糞さでご飯を炊いても石炭に変える酷さである(第2作ではミツ夫のママに素顔で料理の手解きを教わっている。

彼女こそがパーマン3号パー子)の正体であるが、仲間には明かしていないので、パー子が星野スミレとはバードマン以外は誰も知らない。
普段アイドルとして特別扱いされるのを少なからず辛く感じているので、パー子になって仲間と一緒にいる時には心からのびのびできる。
ミツ夫のことを密かに好いているが、本人はちっとも気づいていない(アニメではラブコメ要素が強くなっているので、若干互いに意識している様子が見られる)。沢田みち子にチヤホヤするのを見て女の子らしくない自分にコンプレックスを感じることもありつつも、優秀な成績は互いに認めあっている。ミツ夫の気を惹こうとする描写も見られるが、積極的とは言い難く、辛抱強く「待つ」性格にもとれる。この事に関しては最終回と後述する『ドラえもん』の関連の中でも窺える。
(新編集版)最終回では、ミツ夫が地球(旧版では日本)代表パーマンとしてバード星への留学に旅立つ際、パー子はミツ夫にだけ素顔を見せ、笑顔で送り出した。

1960年代版の原作では、スミレは他のキャラクターとは異なり少女漫画風の絵柄で描かれていた。本名「鈴木伸子」という設定もあったが、これは本編では一切明かされない。また星野スミレとして直接物語に関わることはなく登場回数も少ない。更にいうなら正体が(読者に)明かされたシーンも、パー子がスミレのブロマイドを持ってきて「素顔の私はこの子くらい可愛いわ」と1号に告げるシーンであった。
1980年代版では、絵柄は他のキャラクターと同様の児童漫画風の絵柄になっている(髪もトーンが貼られている)。国民的アイドルとしての星野スミレが作中にクローズアップされるようになった。
リメイク映画では彼女をヒロインにしたギャルゲーまで発売される程の人気っぷり。

関連イラスト

練習中
パーマン





ドラえもん

きてよパーマン、嫁のところへ


大人になった星野スミレの姿が見られる。勿論すごい美人である。
本作では美少女アイドルとしての座は伊藤つばさに譲っているが、映画で主演を務めグラビア撮影歌手としての活動も行うなどスター女優として成長しているようだ。ドラえもんのび太、さらにはスネ夫ジャイアンともスミレの大ファンである。

19巻では、ドラえもんとのび太に「遠い遠い国」に好きな人がいることをほのめかすに1コマがある。
24巻では、のび太と再会し海辺へ誘うが、そこで落としたロケットペンダントにはミツ夫の写真が収められており、スミレはのび太に「今は遠い世界に行っている、大切な人。いつかきっと帰ってくる」と説明する。これらの描写が書かれたのは1980年であり、『パーマン』で星野スミレが大きく扱われるようになるのはその3年後の1983年からの連載である。『ドラえもん』で描かれたスミレのミツ夫への想いが、新作の『パーマン』へと還元される形になっている。

後に2011年に発売された『小説版ドラえもん のび太と鉄人兵団』にまさかの登場
消息を絶ったのび太たちの身を案じながら、女優として活躍している様子が描かれている。
ファンサービス程度のリンクだった上記とは違いこちらは星野スミレ=パーマン3号であった事が確実となっている。
また、同じく藤子・F・不二雄の別作品のキャラである任紀高志と共演している。

担当声優

パーマン

栗葉子(第1作:1967年-1968年)
増山江威子(第2作・劇場版:1983年-1985年、2003年-2005年)

ドラえもん

栗葉子(1980年)
よこざわけい子(1980年)
かないみか(1993年、2002年)
松井菜桜子(2005年、2007年)

関連項目

藤子・F・不二雄 芸能人

pixivに投稿された作品 pixivで「星野スミレ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 462890

コメント