ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

コピーロボット

こぴーろぼっと

フィクションに登場するアイテムの一種。藤子・F・不二雄の漫画『パーマン』に登場するものが有名で、pixivでも『パーマン』や『ドラえもん』の関連アイテムとして登場しているものが多い。
目次 [非表示]

フィクションに登場するアイテムの一種。何らかの人物などを真似(コピーしてそっくりになる、あるいはそっくりに作られたロボットにこの名が付けられることが多い。『パーマン』のものが有名だが、『ロックマン』などにも登場する(→コピーロボット(ロックマン)


『パーマン』のコピーロボット

藤子・F・不二雄の漫画『パーマン』に出てくるアイテム・キャラクター。

パーマン達が活動する間、留守のアリバイとして身代わりに使う。

不機嫌コピー

通常は動かない人形だが、そのを押すことで押した人間や動物そっくりの複製になり、能力や記憶も引き継がれる。またコピーロボットの記憶は、元に戻る前に本人と額をくっつけ本人に引き継がれる。ロボットはそれぞれ基本の記憶と自我を持っており、自身がオリジナル当人だと思い込まず、二次騒動の抑止になる。それも在って時折主人に逆らう。

もう一度鼻を押すと元に戻る。原作漫画では三重晴三が「鼻に墨が付いている」と勘違いしたシーンがある、またコピーと勘違いをさせ意図的に鼻にススを塗りつける描写が複数ある)、2作目のTVシリーズでは褐色で表示。新原作では色の区別を付けず劇場版『Pa Pa Pa ザ・ムービー』シリーズ(大山ドラの最終盤にアニメ映画化)では色の区別が判別不可で変身速度が瞬時になる。

スイッチを切ってもコピーロボットの記憶は残り、落ち目のタレント半寒色男をコピーしてわがまま放題に振舞った時の事をミツ夫にからかわれ赤面していた。


鼻の押し方はなんでもよく、足で蹴っ飛ばしても棒で突いても突いた人の形になる。逆に転んで鼻を打ったりすると元通りになるため、しょっちゅう人形に戻っている(怪盗千面相に2回殴られて、ミツ夫→コピーロボット→千面相と変化した)。こんな杜撰な管理体制でよく正体がばれなかったものだ。

コピーロボットは服はおろか対象の手にした物までコピーする(林檎を持っている人が鼻を押すとコピーロボットの手にも林檎が現れる)が、パーマンセットをコピーした場合の効果のみ異なる二種類のエピソードが描かれている。

・旧作:コピーのセットにパワーが移ってしまい、オリジナルのセットは大幅に弱体化する(歩いたほうがマシなレベルまで遅くなるとはいえ飛行能力自体は使える)。コピーが人形に戻るとオリジナルのセットにパワーが戻る。

・新作:見た目のみのコピーとなりパワーは発揮されない。ミツ夫が捨てたパーマンセットのコピーを拾った少年カス男が悪人に襲われる事件が起こる。


ちなみに新作では対象の手にした物までコピーする能力をミツ夫が悪用して友達の玩具等をコピーしまくった挙句バードマンの宇宙船までコピーした為バードマンの怒りを買い危うく処罰されそうになったが、バードマンが宇宙船をうっかりミツ夫の家の屋根からおとして壊してしまい、コピーした宇宙船の譲渡を条件に許してもらう。


新作において「ダブルノーズスイッチ」なる第5のパーマンセットが登場。これはコピーロボットの鼻先に取り付け一度の接触で相手をコピーするアイテム。原作と異なり鼻にカバーを被せるスタイルで、速度も瞬時である。


また新作にて追加された「パーマン休暇」の設定に合わせ電子ロックを施し偶発的なコピーを防ぐ。


旧作では須羽ミツ夫と同じくらいのサイズだったが、新作では小脇に抱えられるまで小型化された。

ミツ夫のコピーロボット

 上記の通り留守番が主な仕事なのだが、それ以外でもミツ夫の姿で本人と遊んだり宿題を二人がかりでこなしたりと藤子作品おなじみの居候キャラのような一面を持つ。また本人と同一人格と言いながらも代打であることを理解しているせいか妙に冷静なツッコミをすることも。

ミツ夫「(ゴキブリにひどく驚いて)みっちゃんにけいべつされる」

コピー「いいじゃない。もともと尊敬されてたわけでもないし」


ドラえもん』のコピーロボット

ドラえもんが取り出すひみつ道具として登場している。作中でのび太が「パーマンが使ってるやつだね」と発言しているが、これは「漫画作品としてのパーマン」なのか「実在する人物としてのパーマン」なのか不明。

前者の場合パーマンという漫画に登場するアイテムを模して作られたと解釈でき、同じ能力を持ったクローンとして存在するが、パーマンのとは違い記憶のコピーはできない。


『ドラえもん』には星野スミレが登場しており、須羽ミツ夫の存在も示唆されて後者と解釈するのも可能だが、そうなった場合、ドラえもんやのび太がパーマンの秘密の一端を握る事実にも直結する。


上記の記憶の点を除きパーマンの物と見た目、機能は同じ。ただ、2005年版では話によっては「ネジがゆるむと性格がおかしくなる場合がある」「コピーロボットは頑丈にできている」といった原作に無いオリジナル設定が追加されている。

ひみつ道具博物館にはイケメンコピーロボット(名前通り美形になる)なるバリエーションが登場する。


なお、セルフパロディとして登場したひみつ道具としては他に忍者ハットリくんに因み、てんとう虫コミックスでも収録された『ニンニン修行セット』や、もはや原作、アニメでは封印作品とされた『怪物くんぼうし』などがある。


同様の効果を持つ道具

ヒトマネロボット:マネキンのような姿。「○○になれ」と言えばその通りに変身する。

変身ロボット:こちらは同名の道具が2種類存在する。何も描かれていない人形のような外観のタイプとキツネそっくりのタイプがあり、後者は尻尾を引っ張ると元に戻る。


スーパーサラリーマン左江内氏』に登場するコピーロボット

第4話にて左江内氏がスーパーマンおじさんから「原作者が同じだから」という理由で一時的に借用。見た目はフェルト製ぬいぐるみだが、効果はパーマンの物と同様。ただし3時間しか持たない。


関連項目

偽者 分身 メカバレ ロボット

藤子・F・不二雄ミュージアム―複製原画を展示している場合はコピーロボットのマークが付いている。

他作品に登場するコピーロボットや似た物

カラクリ丸 コピーロボット(ロックマン) 偽4

ケロロ軍曹…アニメ版で同名の道具がよく登場する。モチーフ元は上記のパーマンと思われる。

サーフィス:似たような能力のスタンド

バケルくん:極めて似た人形が幾つかある

魔進戦隊キラメイジャー:同様のアイテム「代役ン」が登場。

関連記事

親記事

パーマン ぱーまん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 365846

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました