ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

 藤子・F・不二雄の児童向け漫画。1974年から1年間小学館の学年誌(2~4年生)に掲載されていた。現在単行本は2巻。FFランドは3巻、「F大全集」では1巻。1984年には新作4話を執筆。
 1987年にはなぜか実写ドラマ化され、主人公の名前はが同じだが、女子高生になっている。

あらすじ

 さえない小学生・カワルは、ある日ラジコン飛行機を「お化け屋敷」と呼ばれている謎の洋館に飛び込ませてしまう。仕方なしに屋敷に入ったカワルはそこで実体を持たないだけの宇宙人と出会い、ビックリ仰天。宇宙人は脅かしてしまったお詫びと称し、惑星で活動するための人形をカワルにプレゼントする。
 人形を押すことによってさまざまな姿に変身できるようになったカワルは、スポーツ万能ないたずらっ子「バケル」や天才少女「ユメ代」などに変身して様々な困難を乗り越えていく。

登場人物

姿カワル
化田バケル
化田ユメ代
化田バケ左衛門
トロン

ユミ
ゴン太
ホー助

形の無い宇宙人

変身人形

 魂だけの形の無い宇宙人が、地球を研究する為に生み出した探査用プローブ。コピーロボットと同じく鼻に触れるだけで頭身サイズになって押した知的生命体の魂が入り込み、声も別人になって行動でき、触れた対象(変身人形)は魂が抜けて掌に乗れるフィギュアサイズへと縮小する。逆に人形になった対象の鼻に触れれば、成り代わる。性別の違い無く、動物でも出来る(生身同士の魂魄交換では発声器官の違いで疎通は出来なくなるが…)。鼻と耳の形状が生身の人間と異なり区別は判りやすい。

 1度の変身は(劇中)指5本で5人まで変われるも、練習と努力次第によっては2人行動では別々の要件があっても自由に動けるが、3人以上では同一行動になってしまう。種別は老若男女だけでなく、動物、妖怪、UFO等乗り物も含まれ、希に透明人間や、魂だけを交換する、他人の記憶ごと受け継げる特殊なモノも存在する。1体1体は別々に特技や特殊能力が与えられ、粉々に破壊されない限り多少の痛みを感じるだけで接着剤を使い身体を補修すれば殆ど不死身に近い。お医者人形に付属している診察機は瞬時に病の原因を突き止め治せられ、高度な異星文面の医療技術も持つ。また、手先が器用ならば基の人形の髪型や、服装を簡単にカスタマイズさせられる。
 化田屋敷の戸棚には無数の人形がギッシリ収まっており、専用カタログで用途がわかり易く解説されている。複数の人形を持ち込むにはベルトに挟める小型バックに入れる。

 但し、痛覚や味覚が一緒な為に同一行動を起こしやすく(魂の基本が子供なら酒を飲めば全員酔っ払う)、常に清潔に保たさせないと時間が経てば体臭が酷くなるデメリットが有り、定期的にお風呂で体の汚れを洗い落とす必要がある。

 屋敷の維持費に付いては、宇宙人が調査費用に星から大量のダイヤモンドを持ち込んで換金しており、全ての財産資金はバケ左衛門が所持しているバットも挿入可能な底なし財布に札束ごと入れられている。ちゃんと日本銀行が発行した正真正銘の紙幣であると明言されている。

 

ドラとバケルともうひとつ

 連載時、F先生は『ドラえもん』も同雑誌に並行連載していたため、この時の『小学四年生』では「ドラとバケルともうひとつ」というコーナーが組まれていた。現在『ドラえもん』11巻に収録されている『ドラえもん大百科』は4月号の企画の一つである。
 『ドラえもん』9巻に掲載された『ぼく、桃太郎のなんなのさ』にもバケルくんは出演しているが、これは「四年生」9月号の企画であり、本作がてんとう虫コミックスに収録される際にわざわざバケルくんに関する説明が描き下ろされている。
 なお、9巻収録の『ジーンと感動する話』は単行本収録時に内容が書き換えられており、本誌掲載時には『ドラえもん』と『バケルくん』がコラボする作品「スターたん生」(小四6月号の企画)のプロローグに当たる内容だった。ちなみにそのコラボは漫画ではなく小説であり、超猫目で鼻が尖っているドラえもんなどが拝める挿絵なんかも掲載されていた。
 無論、「ぼく桃」でバケルくんが何の違和感も無くドラえもんと接しているのも、本エピソードが「スター」の後日談だからである。

 なお、ドラえもんの世界はパーマン」の10年後であり、「オバケのQ太郎」「エスパー魔美」と世界観を共有しており、「21エモン」の前日譚に当たる。

関連項目

藤子・F・不二雄
ウルトラマンギンガ海賊戦隊ゴーカイジャー:イメージしにくければこの辺を念頭に置いてくれればよい

関連記事

親記事

藤子・F・不二雄 ふじこえふふじお

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「バケルくん」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「バケルくん」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 57973

コメント