ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

藤子・F・不二雄漫画ドラえもん』のエピソードの1つ『ぼく、桃太郎のなんなのさ』が原作。
『小学四年生』1975年9月号の「ドラとバケルともうひとつ」(同じく藤子・F・不二雄の漫画バケルくんとの合体企画。1975年4月号から1976年3月号まで掲載)にて、全3部作として掲載された。

劇場用作品では、バケルは登場しない為、ドラえもんとのび太は、しずかとジャイアンとスネ夫と行動を共にし、ドラえもん以外の4人が桃太郎一行に扮する。

21エモンとの同時上映作品でもあり、ドラえもん一行が21エモンの時代に間違ってきてしまった際にニアミスするシーンも見られる。

ストーリー

夏休み。のび太は宿題で自分の住む町の歴史を調べることになり、ドラえもんのタイムカメラを使い、昔の情報を集めていくが、そこで桃太郎の姿を見る。

一方、町に1人のオランダ人が現れ、家に代々伝わる写真をのび太たちに見せるが、そこにも桃太郎の姿が写っていた。

ドラえもんたちは真相を知るべく、当時の時代に向かう。

ゲストキャラクター

オランダ人

声優 - 桑原たけし
のび太のママが出会ったオランダ人。

オニ

声優 - 大宮悌二

村人

声優 - 野本礼三、西尾徳、沢りつお、井上和彦
鬼が島のそばの村に住む村人。

おじいさん、おばあさん

声優 - 加藤正之、千々松幸子

主題歌

オープニングテーマ「ぼくドラえもん」

作詞 - 藤子・F・不二雄 / 作曲 - 菊池俊輔 / 歌 - 大山のぶ代、こおろぎ'73(コロムビア・レコード)

エンディングテーマ「青い空はポケットさ」

作詞 - 高田ひろお / 作曲 - 菊池俊輔 / 歌 - 大杉久美子(コロムビア・レコード)

挿入歌「ドラえもんのうた」

作詞 - 楠部工 / 作曲 - 菊池俊輔 / 歌 - 大杉久美子

リメイク版

2008年3月7日放送。

関連記事

親記事

映画ドラえもん えいがどらえもん

兄弟記事

コメント