ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

モジャ公

もじゃこう

『モジャ公』とは、藤子・F・不二雄の漫画作品。及びそれを原作とするアニメ作品。
目次 [非表示]

概要

藤子・F・不二雄が強い思い入れを持ちつつも打ち切りで終わった『21エモン』の続きを描きたいとして、同じジャンルとテーマでキャラクターを変更する形で作り出した作品。いわばセルフリメイクである。


ただし、その内容は21エモンよりもはるかにブラックユーモアと風刺が入り混じった特異な作風になっており、どちらかと言うとSF短編シリーズの方に雰囲気が近いかもしれない。


漫画版

ある日、家出を考える空夫のもとに、同じくそれぞれの星で家出をしてきた宇宙人のモジャ公、ロボットのドンモが宇宙船でやってきて、3人で宇宙に家出をする。

スペースオペラのヒーローのような活躍を夢見ていた空夫だが、宇宙文明の中で地球人がいかに野蛮で知的レベルの低い被差別人種とされているかを痛感し、ヒーローどころか原始人扱いされて出鼻をくじかれる。

それでも気にせずに愉快で自由気ままな旅を続けるが、食人病に侵された二重人格の住人が住まう星での脱出劇、成り行きで参加した命がけのアステロイドラリー、伝染病が蔓延する無人の惑星での決闘詐欺師オットーとの丁々発止、不死の星での自殺フェスティバル精神仮想現実を送信することで架空の現実を体感させて支配する死人の星…行く先々はほとんどが命がけの冒険になってしまう。

そして最後に地球に帰ってきた空夫達を待ち受けていたのは、隕石衝突による地球終了のお知らせ。地球は大混乱に陥るが、宇宙文明に適応した空夫が別の星に避難すればいいだけと気楽なもの。そして空夫たちが地球最後の日に見たものは……!?


アニメ

1995年10月から1997年3月まで1年半にわたり、テレビ東京系列で全73話が放送された。

先に『21エモン』がアニメ化された際にモジャ公からエピソードが借用された為、本編のアニメ化において漫画原作に代わる筋書きを用意することを余儀なくされる。その為、アニメは漫画原作と異なり、モジャラとドンモが地球に定住して、宇宙船を直す材料のコスモストーンを探すために、空夫達と旅をすることになる。


原作漫画にあったブラックユーモアや風刺はなりを潜めており、キャラクターの性格も大幅に変更されている(特に空夫の「破滅的なまでのスリルシーカー」という壊れた精神性は全くなくなっている)。


のちにコスモストーンを全部見つけて、スペースシャトルを直す事が出来るようになった後はギャグ漫画的な話になるが、モモンジャが登場の51話からは、本当の宝を見つける旅に出かけることとなる。


今の所、テレビ東京系列制作アニメ作品で唯一の藤子・F・不二雄原作作品かつ、藤子・F・不二雄原作のテレビアニメとしては最後の完全新作である。


アニメーション制作はOLM。現在ではアニポケ等で知られるが、そのアニポケが本作の後継作品になった。



主題歌

オープニングテーマ

「CHU-CHU-CHU」CRIPTON


「ドリーム・エキスプレス(DREAM EXPRESS)」香取沙季


「Shine」Dear


エンディングテーマ

「恋人が宇宙人なら」岩男潤子


「じゃあね」小林清美


「どうなっちゃうンだろ」ZAZA


「Too Late」斉藤佑紀



登場キャラクター


関連項目

キノの旅:同じく主人公が様々な世界を巡る旅がテーマだが、スケールの大きさこそ違えど渡る世間が鬼ばっかりな点は共通である。

ダークゼロ:ダークエンペラー同様、宝箱に封印されていた邪悪なる意志をモチーフとする。

関連記事

親記事

藤子・F・不二雄 ふじこえふふじお

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 173377

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました