ピクシブ百科事典

神成さん

かみなりさん

神成さんとは、藤子・F・不二雄作品に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

ドラえもんで、のび太達が何時も遊んでる空き地の隣(話によっては道路を挟んだ向かいに家があったり一貫性は無い)に住んでいるおじさん。元々はオバケのQ太郎のキャラだが、知名度はドラえもんの方が上。

登場作品

ドラえもん

出番は比較的多い者の、その大半においてのび太達に窓ガラス盆栽を壊される。その回数は原作漫画で実に14回+大長編で2回大山のぶ代版では最早数えきれないほど(修理代が凄い金額になってそうだ)。ジャイアンリサイタル等でも騒音の被害に直面している。
しかし物を壊した子どもたちを叱ることはあっても、学校や子どもたちの親に苦情を入れる事は滅多に見られない。小さい子や女子を虐める様な輩には竹刀片手に向かっていく等の、人情味厚い頑固親父である。
空き地のことは大事に思っており、土地の所有者でもないのに掃除をするなどのメンテナンスを行っている…が、そのせいで大長編ドラえもんではひみつ道具2ゴミと勘違いしてぶっ壊している(なお、アニメ映画版ではこれらのシーンではいずれも神成さんとは別の外的要因でひみつ道具が破壊されている)。
ミズエさんというとんでもなく可愛い親戚の娘さんがいるが、あまり知られていない。

オバケのQ太郎

オバケのQ太郎では、Qちゃんの居候する大原家の隣人という設定で、ドロンパを孫のように可愛がりドロンパが唯一心を開く人物として描かれていた。なお、オバケのQ太郎の15年後が舞台である劇画・オバQでは亡くなったとのセリフが見られる。

ドラベース

ドラベース』では21世紀に来たエーモンドの炎ノ打撃で丸焼きにされており、エーモンドと江戸川ドラーズ一人でフルボッコにしていた(直接描写こそないものの、エーモンドとクロえもんがズタボロになって22世紀に逃げ帰っていた)。
また、22世紀のエーモンド下宿している先の家も神成さんにそっくりな「稲妻さん」なるご隠居が棲んでいる。

余談

カミナリ親父だから神成さんの当て字のイメージがあるが、神成姓は実際に存在する。
読み方はそのままの「かみなり」に始まり「かんなり」「しんせい」「しんなり」「かむい」と複数あったりする。

関連項目

藤子・F・不二雄 メガネ ヒゲ

pixivに投稿された作品 pixivで「神成さん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1959

コメント