ピクシブ百科事典

間田敏和

はざまだとしかず

漫画『ジョジョの奇妙な冒険 第四部 ダイヤモンドは砕けない』の登場人物。
目次[非表示]

CV:松野太紀(ASB・EOH) / 下和田ヒロキ(第4部アニメ)

概説

杜王町に住むスタンド使い。ぶどうヶ丘高校3年C組の生徒。
身長は165cm(一応)。獅子座。テニス部所属。

広瀬康一にシメられたあとの小林玉美によって、存在が明らかになったスタンド使い
玉美が調達してきた時の写真及び初出エピソードでは顔に掛かるような長髪に
鋭い目つき(アイシャドウ・アイランのように描かれている)で無数のベルトが付いた
改造制服を来ており、端的に言うと所謂ゴスっぽい見た目をしている。

マンガが大好きで、学校のロッカーにすら何冊もマンガを詰め込んでいる。
本人のスタンドは『パーマン』の名前を仗助との初登場時に出しており、
「パーマンを知らない奴とは会話したくない」などと
言っているあたり、好きな作品は『パーマン』であると思われる。
スタンド使いになった時期は仗助たちが入学するより以前で、
虹村形兆スタンドの矢で射抜かれた事により身につけたもの。

性格は執念深く陰湿そのもの。非常に自己中心的かつ攻撃的な性格でもあり、
オタク仲間だった友人に対しても「好きなアニメだかアイドルだかをけなされた」というだけの
理由で自身のスタンド能力を悪用し、目玉をえぐり取るという過剰な報復を行っている。
一方で、小心者でもあるために絶対に安全な状況でしかこうした暴力性を見せることはなく、
間違っても1対1のケンカを相手に挑むような事はない。
こんな性格のため、(初登場時にはそこそこ顔立ちは整っているように見えるが)当然
女子には全くモテず、それどころか挨拶された事すら無かったらしい。
後に後に間田の半生を岸辺露伴ヘブンズ・ドアーで読んだ時には、「弱い者をイジめると胸がスッとして気分がいい」「クラスの女子にエッチなことをしたい」「授業中にチ〇ポジを直す」などと書いてある始末で、
露伴には「最低な奴」「読者に好かれるはずがない」とボロクソに言われた。それを聞いた間田は、「ヒドすぎる! 救いようがない!」と涙していた。

なお、露伴にはボロクソに貶されたものの、康一と(やや一方的な面もあるが)
マンガ好きという共通点から仲良くなった後は明るい表情を見せたり、
そもそも露伴の家に突撃する事を提案したのは彼だったりとコミュ力・行動力の面では大きく成長している面が見受けられる。
面倒事に関わり合いたくないというスタンスから、杜王町における殺人鬼探しには
参加しなかったが、事情を知る人物の一人として集合シーンには登場している。

劇中の活躍

親友と好きなマンガ(もしくはアニメ)をけなされ喧嘩した後、後述のスタンド能力を使って親友の左目を抉り取る

以後はスタンド能力でやりたい放題しようと考え、能力者を探っている空条承太郎を町から追い出すべく行動を開始。承太郎に一番近い東方仗助をスタンド能力でコピーし、その偽物で不意を突いて病院送りにする計画を実行する。

そのために自分のロッカーにサーフィスを忍ばせ、仗助に触らせてコピーに成功。その場はサーフィスの能力で仗助を手玉に取って負傷させ、康一も殴り倒した。その後、計画完遂のためにサーフィスに承太郎を駅前に呼び出させた。
道中、玉美に重傷を負わせ、さらにチンピラ風のライダー二人組を痛めつけている。
だがライダーたちにヤキを入れているところで仗助と康一に追い付かれ、さらにエコーズの能力で「開かずの踏切」が閉まると誤認させられ、駅ビルの中を通ってしまい承太郎との接触に失敗する。
それでもサーフィスの“操る”能力を利用し、仗助本人に承太郎を始末させようとするが、寸でのところで仗助に救出されたライダーたちに見つかり、袋叩きにされて病院送りとなった(ライダーたちを痛めつけたのはコピーされた仗助だが、幸運にも彼らは背後から襲われたので姿は見ていなかった。そのため傷を治してくれた仗助に感謝していた)。更に仗助によりスタンドの依代となる人形も木っ端微塵にされてしまったので、これ以降はサーフィスを使用していない。
退院後は改心し、康一の友達を自称し一緒に行動しようとしている。これによって康一は岸辺露伴と出会うこととなる。

スタンド

サーフィス(うわっ面)

【イラリク12】間田


木偶人形に触った相手を完全にコピーするスタンド。詳細はリンク先を参照。

間田の身長の変化

すごいよ!!ハザマダさん



最初こそ高身長で描かれていたが、いつのまにか物凄く身長が低くなっており(ちなみに、同様の現象は小林玉美にも起こっている)、最終的に全長が露伴の腰あたりまで縮んでいる。どう見てもこれで山岸由花子と3㎝しか違わないのは無理がある。巷では康一に背を吸い取られたとの噂。
なお上記のイラストのように、玉美が持ってきた写真では翳りがあるもそこそこ端正な顔立ちだったのに、実際に登場した時には見るからに根暗顔になっており、再登場時はコメディタッチと、すっかり別人と言ってもいいほど顔も変わってしまっている。どうしてこうなった。

テレビアニメ版

  • 第1話の終盤で、コンビニ強盗事件を見物する野次馬たちの中に間田と思われる人影がさりげなく映りこんでいるが、この時は中盤以降の背の低い姿で描写されている。さらに写真でも今のと変わらない姿で写っていた。
  • 冒頭で、喧嘩した間田の親友が登場している。EDによると「堺」という名前である。また、彼の部屋にはアイドルのポスターが無数に貼ってあり、間田とは好きなアイドルグループの推しを巡って揉めたという風に受け取れるようになっている(前述の玉美のセリフは同じままである)。
  • OPでは仗助、億泰、康一に続いてノリノリで踊っている。この姿や、再登場後の表情やサラサラヘアーっぷりなどからもしかしてかわいいのではないかという声もある。



関連タグ

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない ジョジョ JOJO 4部 スタンド スタンド使い ジョジョの奇妙な冒険・スタンド一覧 コピーロボット 小物 キモオタ

関連記事

親記事

ダイヤモンドは砕けない だいやもんどはくだけない

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「間田敏和」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 922284

コメント