ピクシブ百科事典

レッド・ホット・チリ・ペッパー

れっどほっとちりぺっぱー

「レッド・ホット・チリ・ペッパー」とは、『ジョジョの奇妙な冒険 Part4 ダイヤモンドは砕けない』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

【破壊力:A / スピード:A / 射程距離:A / 持続力:A / 精密動作性:C / 成長性:A】

音石明のもつスタンド能力。
人型のパキケファロサウルスような容姿が特徴である。

能力は、電気を操り、電気と同化する。と言うよりは電気を媒介に出現できるスタンドである。
電気化によって通電物質があるところならどこにでも移動可能であり、コンセントや電線の中を移動する。バッテリーなどの電源に潜むことも可能で、触れた他の物体を電気と同化させて電線の中に引っ張り込むことによって移動させたり感電死させることもできる。

またそのスタンドパワーも使用する電気量に依存しており、電気さえあれば際限ないパワーアップが可能である。そのため非力なはずの遠距離型でも、十分な電気量さえあれば近接パワー型を圧倒するほどのパワーを発揮できる。
通常、スタンドは本体から離れるほどパワーか精密性が落ちる。そのため、パワーを保ったまま本体から離れられるのは、精密性を犠牲にした自動操縦型だけであり、精密性を保ったまま本体から離れられるのは、パワーを最初から捨てた遠隔操作型だけである。
しかしながら、レッド・ホット・チリ・ペッパーは、近距離型並みのパワーを保ったまま遠隔操作が可能という反則じみた能力を持っている。

ただしそのスタンドの維持には常に電気を必要とし、電気のない所ではスタンドが出現できず、またスタンドの使用には常に電気を消費する。そのため使用には常に電力が供給できる環境を必要とし、電力のない所では出現時にチャージした電気だけでスタンドを維持する必要がある。
そのため電気のない空間での長期戦では次第にチャージした電気を消耗し、スタンドも弱体化してしまう。極限まで電気を失うとスタンド自体が維持できなくなり、崩壊する。その際に本体にもある程度ダメージが行くようだが、スタンドが破壊されたわけではないので死には至らない。
街中では無類の強さを発揮するが、人里離れた場所ではろくに戦えない、強さが環境に依存するスタンドといえる。

名前の元ネタはアメリカのミクスチャー・ロックバンド「レッド・ホット・チリ・ペッパーズ」から。

関連イラスト

ジョジョレーシング



関連タグ

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない スタンド ジョジョの奇妙な冒険・スタンド一覧 音石明

pixivに投稿された作品 pixivで「レッド・ホット・チリ・ペッパー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7717

コメント