ピクシブ百科事典

小林玉美

こばやしたまみ

漫画『ジョジョの奇妙な冒険 第四部 ダイヤモンドは砕けない』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

「玉美のタマはキモッ玉のタマだッ!名前に負けねーよーに根性みせてやるぜッ!」

概要

年齢20歳。乙女座。身長153㎝だが後に設定以上に小さく描かれている。
口の左に小さな十字型の傷がある。ぶどうヶ丘高校の卒業生であり、現ゆすり屋。
虹村形兆のスタンドの弓と矢によって射抜かれスタンド使いとなった。

発現したスタンド能力を利用して荒稼ぎしようと考え、罠を仕掛けてこれに引っ掛かった広瀬康一から金を巻き上げようと企むものの、東方仗助に邪魔される。その後、康一の自宅を訪れ、家族から50万円を巻き上げようとするがスタンドを覚醒させた康一に逆襲され、康一を殺人犯に仕立て上げて彼の母親と姉の罪の意識を自殺未遂になるほど重くして身体についた文字をはがさせようとするが、はがすどころか「信じて」と康一の母親に張り付けられたことで罪の意識を解放され、あっという間に降伏。

その後は改心したのか、一方的に康一の舎弟を自認している。しかし戦闘には参加せず、仗助達にはほとんど協力していない。
協力したのは間田敏和に関する情報を報告した時のみで、この回では主人公たちに協力したにも関わらず、運悪く間田と鉢合わせしてしまったために、サーフィスが変身した偽の仗助にレンガで殴り倒され病院送りにされてしまっている。ちなみに玉美が康一たちに見舞われた様子は無い

仗助と岸辺露伴のチンチロリン対決では自身のスタンドを買われ、立会人兼取立人を務めている。逆恨みではあるが、仗助のことを嫌っている描写が散見される。性格は小悪党な小物といった感じ。玉美のタマはキモッ玉のタマらしいが、こう言ってやった行動はとても卑劣なものである。
(とは言え標的を罠にハメるために自分から歯を折ったり、刃物を自分に刺したりすることをためらわないので、臆病者でないことは確か)

康一との戦闘後は金融関係の取立人になったとのこと。
いちおう仲間ということなのか、最終話の杉本鈴美の成仏を見送っている。
「岸辺露伴は動かない-六壁坂-」にも登場している。

スタンド ザ・ロック(錠前)


【破壊力 - E / スピード - E / 射程距離 - A / 持続力 - A / 精密動作性 - E / 成長性 - E】

錠前の形をしたスタンド。相手の心に錠前を取り付ける。多人数同時に取り付けることも可能。
錠前は心臓の辺りに取り付けられ、まるで胸から錠前が生えているように見える。

錠前は相手が感じた罪悪感に応じて肥大化し、心と身体の重圧として圧し掛かる。スタンド能力がない(錠前の存在に気付いていない)相手に対しても同様の効果を発揮する。罪悪感が大きくなると相手は重圧に耐え切れずに自殺することさえある。

罪悪感を持たない相手には効果がなく、直接戦う力もない。しかしながら、玉美本人の意思以外に錠前を外す方法は罪悪感を消すほかはなく、使い様によってはかなり強力なスタンドになると思われる。

その他

間田敏和と同様に身長や外見が戦闘中に変化していったキャラ。康一のスタンド「エコーズ」の音攻撃を受けた次の話では既に康一と同じくらいの大きさまで縮んでいる。初登場時は凶悪な外見だったが、それなりに愛嬌のある(?)外見になった。だが元のキャラ造形に難がありすぎるせか、人に愛されるキャラには至らなかったようだ。似たような立場の間田敏和と比べると色々と悲惨である。

なお、唐突に身長が縮んでしまうのはさすがに不自然だと思われたのか、アニメ化された際には最初から背の低い姿で描写されている。
・・・しかし、何故か間田敏和は原作と同様にアニメでも豹変していったが。

担当声優

田中一成(オールスターバトル)
鶴岡聡(アニメ版第4部 ※第2部で鋼線のベックも担当していた)

関連タグ

ジョジョの奇妙な冒険 ジョジョ JOJO 4部 ダイヤモンドは砕けない スタンド スタンド使い ジョジョの奇妙な冒険・スタンド一覧

pixivに投稿された作品 pixivで「小林玉美」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 39187

コメント