ピクシブ百科事典

目次[非表示]

2003年3月8日に『のび太とふしぎ風使い』と同時上映された『パーマン』の新規劇場公開版。上映時間は32分。
声優及びOPはカラー版アニメと同じであるが、街並みや設定は時代に合わせたものに変更されている。魔土災炎とドン石川が登場する『ブル・ミサイル』と『巨大ロボットの襲撃』を原作とする。

あらすじ

偶然バードマンとであった小学生・須羽ミツ夫はパーマンに任命され、この世の平和のために奮闘するするのだった。そんな中、星野スミレ主演の映画に登場するパパンダーロボが悪者連盟と魔土博士に盗まれ、町で大暴れする事件が発生。
しかし、ミツ夫はゲームに夢中になるあまり、パーマンの任務をすっぽかし、そのことをバードマンに咎められ、ミツ夫はパーマンを辞めると言い出してしまう。

登場キャラクター

CV:三輪勝恵
服を汚してしまい、それを妹のガン子から言いつけられそうになり、ママに怒られるのを恐れ、逃げた先で偶然バードマンと出会い、パーマンに任命されてしまう。

CV:大竹宏
パードマンに任命されたチンパンジーのこども。OPでは川で溺れた子犬を助ける活躍を見せた。

CV:増山江威子
パードマンに任命された美少女アイドル。ハニーという役名で映画に主演を務めることとなっている。

CV:肝付兼太
パードマンに任命された大阪出身の坊主頭の男子。魔土博士のミサイルに追われる1号を助けた後、大阪見あげに星野スミレのゲームを上げた。

CV:安原義人
優れた頭脳と体力で宇宙の平和を守ってきた宇宙人の一人。ミツ夫らにパーマンセットを渡し、パーマンに任命した。

CV:池田秀一
マッドサイエンティスト。1号のパーマンセットを手に入れるため、全日本悪者連盟と結託し、彼らの金で作り上げた巨大ロボの下半身とパパンダーの上半身を合体させ、パパンダーロボを完成させた。

余談

同時上映の『のび太とふしぎ風使い』のラストのワンシーンがスミレのいる放送局スクリーンに映っていたり、ドラえもん着ぐるみを着たのび太が一瞬登場する小ネタもあった。

関連タグ

パーマン のび太とふしぎ風使い

関連記事

親記事

パーマン ぱーまん

子記事

兄弟記事

コメント