ピクシブ百科事典

てれびくん

てれびくん

小学館の子供向け雑誌。キャッチコピーは【日本一のヒーロー雑誌!】男児(幼稚園児~小学生低学年)が対象となっている。
目次[非表示]

★NHK・Eテレで放送中のTV番組に関しては、『天才てれびくん』をご覧下さい。

概要

1976年5月に創刊。創刊当初は『週刊少年サンデー』、小学館の学習雑誌で掲載されていた作品や講談社が掲載権を獲得していなかった作品を主に連載。漫画関連はコロコロコミックで連載される作者陣が連なっていた。
かつては、徳間書店の『テレビランド』や秋田書店の『冒険王→TVアニメマガジン』も存在しており、ライバルとしてしのぎを削っていた。現在、児童向けテレビ情報誌は、『テレビマガジン』(テレマガ、講談社)と本誌のみである。

スーパー戦隊シリーズタイムボカンシリーズ、東映本社制作のロボットアニメ、藤子不二雄アニメが初期のメインで、1978年ごろからリバイバルブームの影響を受けてウルトラシリーズの特集記事やコミカライズ作品を活発的に掲載。
1980年代前半は『超時空要塞マクロス』などの超時空シリーズのアニメ、ホビー、後半はファミコンなどのホビーをメインに取り上げていた。『仮面ライダーシリーズ』の掲載は、1987年に『仮面ライダーBLACK』の原作漫画となる「仮面ライダーBlack」が『週刊少年サンデー』で連載されることになったと同時に開始され、以降の作品は全て掲載している。

90年代から現在までは、ホビー関連の記事を積極的に掲載しており、『ポケットモンスター』などのアニメ、ゲームや『メタルファイトベイブレード』、『データカードダス』『トミカ・プラレールハイパーシリーズ』などの玩具を幅広く取り上げている。2011年9月号から『機動戦士ガンダムAGE』とアーケードゲーム『ガンダムトライエイジ』が、『ガンダムAGE』掲載終了後も『トライエイジ』は2013年3月号まで掲載された。

バンダイビジュアルの『ウルトラシリーズ』のDVD商品の解説書の製作やバンダイボーイズトイパークと魂ウェブのホームページ製作協力やバンダイの玩具の商品開発や21世紀以降の『ウルトラシリーズ』劇場版の制作や東映特撮作品、ウルトラマン関連の映画公式パンフレット製作にも関わっている。

付録は、ペーパークラフトものが多いが、特撮作品のDXなりきり玩具対応の玩具付録を付けることがある。また、DVDやデータカードダスのプロモカードも付録に付けることもある。(例としてハイパーバトルビデオなど)
なお、玩具付録を付けているのは、てれびくんをはじめとする小学館の児童誌のみである。競合誌のテレマガはかつては玩具付録を出していたが、現在は未彩色PVCフィギュアなどのチープトイになっている。

だが、2017年度版の厚みが2000年度版よりも更に薄くなってしまっている。

超全集

てれびくんの別冊ムック本。正式名称は『てれびくんデラックス愛蔵版d超全集』と言う。特撮作品などを一冊に網羅した書籍で、出演者へのインタビューや超全集で初めて明かされる情報の多さから本来は児童向け書籍にあるにも関わらず、児童向け書籍の枠に取らわれない幅広い層に向けたディープな内容に定評がある。今でこそ、大抵番組の終了後に発売される事が多いが、平成1期の仮面ライダーシリーズとデカレンジャーからボウケンジャーまでの超全集は上下巻に分かれて販売された。
(なお、鎧武外伝ドライブサーガ仮面ライダーマッハ・仮面ライダーハートなど超全集発売時点で発表されていない作品は基本的にカバーされていない。ゲーム作品に登場するフォームが取り上げられているかどうかについても超全集によってまちまちである。)
また、侍戦隊シンケンジャー以降のスーパー戦隊シリーズ超全集はVシネマに同梱される形でしか入手できない為、入手難易度が非常に高い。(ゴーカイジャーのみテレビシリーズ最終巻に同梱されている。)

超全集初の試みとして、2017年放送の仮面ライダーエグゼイドの超全集が発売した際には通常版とノックアウトファイター2ガシャットとその他豪華付録が同梱されたハイパームテキBOX版の二種類が販売された。
もちろんシンさんを始めとしたネオライダーの超全集も存在しているものの、以外にも超全集が出版されずに終わった作品が結構あり、ライダーシリーズやウルトラシリーズが特に顕著で、スーパー戦隊シリーズはジェットマン以降1シリーズも途切れずに超全集が世に送り出されている。

なんとレガシーてれびくんさん公式サイト完成記念として、平成仮面ライダーの超全集を集約した『平成仮面ライダー超全集BOXⅠ』が発売決定しており、ここでしか手に入らない仮面ライダーオーズ超全集も収録される事がわかっており、この事から響鬼も超全集になるのでは?という声も挙がっている。


現在の掲載作品(2018年現在)

※太字:メイン掲載


ほか。

余談

  • 一時期はドラゴンボール改デジモンセイバーズといった集英社関連作品が掲載されていた(集英社関連作品は競合誌のテレビマガジンで掲載される事が多い。ただし集英社は小学館の、いわば「分家」ではある)。
  • ちょっと変わったところでは、ドリフのセミオフィシャルコミックス(出演番組とのタイアップ)や、本来は読売新聞の連載である「コボちゃん」が掲載されたことがある。無論後者はテレビアニメ化されたからではあるが。
  • てれびくんのギャグ漫画 - タイトル不詳、主に90年代。「現在の水準には及ばないものの、あれは一体…。今はプレミア価格だが、そんなに高くはない。通販で買おう!」(公式が病気より転載)


以下はデザインコンテストで採用され劇中に登場したもの。

過去の連載作品について

関連タグ

小学館
トクサツガガガ - 特撮オタクを主役とした小学館の漫画。原作中本誌が実名で登場するも、ドラマ版では「テレビきっず」に差し替えられた。放送しているテレビ局がテレビ局だから仕方ないか。

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「てれびくん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 72849

コメント