ピクシブ百科事典

てれびくん

てれびくん

小学館の子供向け雑誌。キャッチコピーは【日本一のヒーロー雑誌!】男児(幼稚園児~小学生低学年)が対象となっている。
目次[非表示]

★NHK・Eテレで放送中のTV番組に関しては、『天才てれびくん』をご覧下さい。

概要

1976年5月に創刊。創刊当初は『週刊少年サンデー』、小学館の学習雑誌で掲載されていた作品や講談社が掲載権を獲得していなかった作品を主に連載。漫画関連はコロコロコミックで連載される作者陣が連なっていた。
かつては、徳間書店の『テレビランド』や秋田書店の『冒険王→TVアニメマガジン』も存在しており、ライバルとしてしのぎを削っていた。2014年現在、児童向けテレビ情報誌は、『テレビマガジン』と本誌のみである。

スーパー戦隊シリーズタイムボカンシリーズ、東映本社制作のロボットアニメ、藤子不二雄アニメが初期のメインで、1978年ごろからリバイバルブームの影響を受けてウルトラシリーズの特集記事やコミカライズ作品を活発的に掲載。
1980年代前半は『超時空要塞マクロス』などの超時空シリーズのアニメ、ホビー、後半はファミコンなどのホビーをメインに取り上げていた。『仮面ライダーシリーズ』の掲載は、1987年に『仮面ライダーBLACK』の原作漫画となる「仮面ライダーBlack」が『週刊少年サンデー』で連載されることになったと同時に開始され、以降の作品は2014年現在全て掲載している。

90年代から現在までは、ホビー関連の記事を積極的に掲載しており、『ポケットモンスター』などのアニメ、ゲームや『メタルファイトベイブレード』、『データカードダス』『トミカ・プラレールハイパーシリーズ』などの玩具を幅広く取り上げている。2011年9月号から『機動戦士ガンダムAGE』とアーケードゲーム『ガンダムトライエイジ』が掲載され、『ガンダムAGE』掲載終了後も『トライエイジ』は2013年3月号まで掲載された。

バンダイビジュアルの『ウルトラシリーズ』のDVD商品の解説書の製作やバンダイボーイズトイパークと魂ウェブのホームページ製作協力やバンダイの玩具の商品開発や21世紀以降の『ウルトラシリーズ』劇場版の制作や東映特撮作品、ウルトラマン関連の映画公式パンフレット製作にも関わっている。

付録は、ペーパークラフトものが多いが、特撮作品のDXなりきり玩具対応の玩具付録を付けることがある。また、DVDやデータカードダスのプロモカードも付録に付けることもある。(例としてハイパーバトルビデオなど)
なお、玩具付録を付けているのは2014年現在、てれびくんをはじめとする小学館の児童誌のみである。競合誌のテレマガはかつては玩具付録を出していたが、現在は未彩色PVCフィギュアなどのチープトイになっている。

だが、2017年度版の厚みが2000年度版よりも更に薄くなってしまっている。


現在の掲載作品(2017年現在)

※太字:メイン掲載


ほか。

余談

pixivに投稿された作品 pixivで「てれびくん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27009

コメント