ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

1976~1977年に放送された、永井豪石川賢原作円谷プロ製作の特撮番組。プロレステーマにしたヒーロー番組だが、なんとこの番組では戦闘のクライマックスがセル画アニメである。

実写ドラマとアニメーションを融合した新ジャンル「ドラマメーション」を謳った画期的な作品であった。


あらすじ

レスラー軍団を率いてスポーツ界壊滅を目論むプロレス団体「ブラックミスト」の卑劣なプロレスで、を殺されたプロレスラー鷹羽俊

俊は兄を失ったショックで現役を引退するが、古代アステカ格闘術を得て1年後に現役に返り咲く。

ブラックミストを撃ち滅ぼすため、プロレスの星・アステカイザーとなった俊は、ブラックミストの送り込むサイボーグレスラーを次々に倒していくのだった…。


各話リスト

No.サブタイトル登場サイボーグ格闘士など
1かがやけ!アステカの星鮮血のヘルブラディ・ホーネット
2恐怖のサイボーグ格闘士デビル・スパイダー、ブラディ・ホーネット
3アステカイザーは俺だ!!デビル・スパイダー
4出た!必殺技カイザークラッシャーデビル・スパイダー
5誘拐魔ブラック・ミストの恐怖アイアン・バスター
6少年よ見よ!アステカイザーの闘志をアイアン・バスター
7おそるべき敵 怪奇魔人サタン・デモンバズソー・オルテガ
8チャンピオンへの道バズソー・オルテガ
9とどけ!この哀しき祈りブルー・バイソンブラック・コブラ
10危うし!アステカイザーレッド・ファイア、ブルー・バイソン
11栄光へのチャレンジャー!!アラビアン・ウルフ
12魔のリングに挑め!!アラビアン・ウルフ
13二人のアステカイザーバルカン・ナイトにせアステカイザー
14アステカイザーの正体を見た!?バルカン・ナイト
15アステカイザーよ!いつの日か君とリングで!ダーク・グラジエーター
16兄弟仁義だ!アステカイザーダーク・アステカイザー、ダーク・グラジエーター
17謎のレスラー"キル"の秘密キル・ブラッドコース・デグラー
18危機一髪!悪魔の足攻めアイアン・クローコース・デグラー
19ぼくのお父さんはアステカイザーだ!クライム・バリアン
20殺人レスラーの涙クライム・バリアン
21奪われたアステカの星!グロ―サル・ヒル
22アマゾンの猛魚パオラの毒グローサル・ヒル
23切り裂かれたファイティング・スーツジェセル・ハンター
24零下700度の恐怖ジェセル・ハンター
25サタン・デモンの逆襲ギャリソン・スネーク
26鷹よ!栄光のリングへ羽ばたけルアー

余談

永井豪と言えばマジンガーZデビルマンなどの原作者であることは特に有名で東映のアニメ会社に参加し様々なアニメ作品を手掛けてきたが円谷プロに参加するのは初である。

制作こそ円谷プロだが、原作が永井豪石川賢なのでキャラクターそのものの著作権は後者にあるようで、真マジンガーZEROにも本作のキーアイテムである「アステカの星」やアステカイザー本人が出演している。

また『デビルマン対ゲッターロボ』のラストでも「次はアステカイザーと共演だ!」という台詞がラストに登場している。


関連項目

バンパイヤ 恐竜探険隊ボーンフリー 恐竜大戦争アイゼンボーグ


新日本プロレス:全面協力。当時在籍していたアントニオ猪木、ミスター高橋(レフェリー)、倍賞鉄夫(リングアナウンサー)が第1話で本人役で出演。佐山聡と荒川真(のちのドン荒川)が役名を変えて度々出演。他にジョージ高野・木戸修藤原喜明山本小鉄小林邦昭・大城大五郎も出演している。


まんがはじめて物語シリーズ:昭和50年代から平成初期にかけてTBSで放送されていた子供番組で、シリーズが全5作も作られた。此方も「実写とアニメの融合」繋がりで、アニメパートへの移行は呪文やアイテムを使っていた。


アイカツプラネット!:45年後に現れた実写とアニメを融合した作品。「ミラーイン」という用語が「カイザーイン」と似ており、またタイトルにプラネット=惑「星」を含むところまで共通していたりする。


恐竜探険隊ボーンフリー恐竜大戦争アイゼンボーグSSSS.GRIDMAN:同じく実写とアニメを融合させた円谷作品

関連記事

親記事

円谷プロダクション つぶらやぷろだくしょん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12330

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました