ピクシブ百科事典

がんばれ元気

がんばれげんき

小山ゆうによるボクシング漫画で、初めてテレビアニメ化された小山作品でもある。
目次[非表示]

概要

作者・小山ゆう。『週刊少年サンデー』(小学館)にて1976年24号から1981年14号にかけて連載された。なお、同誌1976年19号に読み切り版が掲載されている。

プロボクサーだった父親が試合後に亡くなってしまう、という悲運に見舞われた少年・堀口元気が、父親が果たせなかった世界チャンピオンを目指し、奮闘していく様子を描いた。

登場人物

CVはテレビアニメ/ラジオドラマ

元気の父。
シャーク堀口の名前でリングに上がっていたプロボクサー。妻・美奈子(CV:小山茉美)の死をきっかけに一度はリングを去るが、階級を2つ下げてリングに戻ってきた。しかし、それが結果的には文字通り命取りとなってしまう。
元気の小学校時代の恩師で、元気の人生に大きな影響を与えていく。
元気の母・美奈子に似ているが、血縁関係はない。
ちなみに名前はアニメ化の際に設定されたもので、元々は名字しか設定されていなかった。
物語のキーマンとも言えるプロボクサー。
元気の父・秀樹の最後の対戦相手。秀樹と対戦するまでは人間的に酷かったが、秀樹によって精神的にたたきのめされたことで改心(ただし試合には勝っていた、いわば「試合には勝ったが勝負では負けた」)、元気に世界チャンピオンになる約束をし、それを果たす。

テレビアニメ

東映動画の手によってテレビアニメが制作された。1980年7月から1981年4月初旬にかけ、フジテレビ系列局(ただし系列局によっては放送日時差し替えならまだしも、本放送終了後に放送を始めた局や、放送そのものがなかった局も存在)ほかにて放送された。

ロングラン化を睨み、なおかつ元気の小学生時代をじっくり描き込むべくオリジナルストーリーも所々で据えたものの、スポンサーの意向により想定よりも早めに中学生時代を描かざるをえなくなった。そんな不安定さに視聴者が興ざめしたのか、裏番組の「霊感ヤマカン第六感」(朝日放送テレビ朝日系列局、ただし一部系列局は放送日時差し替え)には歯が立たず、放送期間中に始まった「鉄腕アトム」リメイク版(日本テレビ系列局ほか)との厳しい競争にもさらされ、結果、元気が中学を卒業した所で打ち切られた。

その他メディア展開

1977年5月24日、ニッポン放送にて『オールナイトニッポン』の特別企画の一環としてラジオドラマ版が製作されている。
また、同年8月には、太川陽介ほか出演による舞台演劇版が東京・平河町の砂防会館にて上演されている。

外部リンク


関連タグ

ボクシング
あしたのジョー:何かと比較されるボクシング漫画。

関連記事

親記事

小山ゆう こやまゆう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「がんばれ元気」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10085

コメント