ピクシブ百科事典

ぴょんぴょん

ぴょんぴょん

様々な意味があるが、ここではかつて存在した少女漫画雑誌に関して述べる。
目次[非表示]
  1. オノマトペの一種。繰り返し飛び跳ねる様子。⇒跳躍
  2. 小学館が発行していた少女漫画雑誌。本稿で記述。
  3. もしかして⇒心ぴょんぴょん


ぴょんぴょん(雑誌)

1988年創刊。英字表記は「PYON PYON 」。
企画を立ち上げたのは、かの『コロコロコミック』二代目編集長・福島征英。
雑誌名に跳躍のオノマトペを用いたのは当時の少女たちの間で流行っていたゴム跳び縄跳びのイメージからに拠る。

女子小学生をターゲットとしていた低年齢層向け少女漫画誌。
コンセプトは「元気な女の子の為の新まんが誌」。言うなれば女の子向けコロコロコミックを目指した雑誌である。
さらに言えば編集部は「コロコロコミック」および「小学館の学年別学習雑誌」と同じ課(幼年雑誌部門)に所属しており、のちに併合となる『ちゃお』とは別のセクションで編集されていた。

1992年に担当課の整理が行われて編集部が幼年誌部門より分離されるとともに少女部門へと配属変更され、そのまま『ちゃお』に吸収されるかたちで休刊した。その意味において『ぴょんぴょん』は90年代以降の『ちゃお』メディアマーケティングの源流として位置づけられる雑誌として扱われている。(『ぴょんぴょん』のノウハウが無かったら現在の『ちゃお』は無かった、とされている)

現在の小学館においては『ぴょんぴょん』と似たコンセプト(カラー漫画タイアップ漫画が中心)の雑誌の『ぷっちぐみ』が出ている。ただし『ぴょんぴょん』が仮想購読対象の中心を小学校低中学年に据えていたのに対して『ぷっちぐみ』の仮想購読対象の中心はより低年齢で年長組(幼稚園)および小学校低学年であり、その部分を論拠として紙面構成やマーケティングに関しては『ぷっちぐみ』と『ぴょんぴょん』では大きく異なっている部分がある。
現在の小学館雑誌における『ぴょんぴょん』のノウハウに関しては、紙面構成の在り方や企画・マーケティングが『ちゃお』側に、方針や低年齢対象表現が『ぷっちぐみ』側に引き継がれた、とするのが最も実情に合っているかもしれない。

pixivではぴょんぴょんに連載されていた作品にこのタグが付けられる。
ぴょんぴょんで連載されていた作品ではない、ぴょんぴょんの誌風を意識した作品やぴょんぴょんの要素を持つ作品が「ぴょんぴょん系」と呼ばれることもある。

マイナー誌ではあったものの…

少女漫画の屋台骨と言われている恋愛要素が薄く、ギャグ冒険マスコットなどを主題とした作品が多かった。スポ根恋愛漫画(意図して描いてるもの)も掲載されており、初心者でも読みやすい作品が多かった。後述するようにテレビ番組とのタイアップ作品も連載されていた。

連載陣は、そもそも『ぴょんぴょん』を立ち上げた初代(コロコロ二代目)編集長の福島が「コロコロコミック」出身者(小学館学年誌部門の所属)であったがゆえに「小学館の学年別学習雑誌」にて幼女向け漫画を描いていた層や「コロコロコミック」デビューでありながら同誌で枠を与えられていなかった男児向け作品を志望していた層で構成されていた。
そのため恋愛漫画を描いていたうえだ未知は「スーパー戦隊シリーズが好きなので、漫画を描く時に気持ちを切り替えて乙女な気持ちになるのが大変」と暴露するはっちゃけぶりであり(「いっそのことそのままの気持ちで恋愛漫画を描いてくれ」と思った女性読者もいたはず)、また『ぱいぱい』『いぱねま』を描いていた谷沢直あたりも後年(小学館を離れた後)に「女の子向けなんて読んだ事も無かったし目指したことも無かったのに、気がつけば(ぴょんぴょん→ちゃおで)少女漫画を描くことになっていた」とぶっちゃけていたりする。
もっともこれは、編集長の福島が無類の少女漫画雑誌好きでありながらも、それを編集者の目で見た場合において、当時の少女漫画雑誌が「良い作品は沢山あるのに同傾向の作品が多く掲載され、同じ雑誌なのに作家同士(あるいは担当編集者たち)が相互影響で雑誌を盛り立てるどころか読者を喰い合っているも同然の状況」「女の子向け雑誌なのに、とにかく恋愛頼みで肝心のオシャレやカラフルな企画、流行を意識したメディアミックスが少ない」という状態にあったことに大きな不満を感じていた事にもよる。
(従来の少女漫画雑誌ではなく「恋愛偏重の従来の少女漫画雑誌」からの脱却を求めたがゆえ「恋愛要素の無い(?)少女漫画」の創造のために「少女漫画の手垢のついていない作家」を欲していた事情があった)

こうした事情もあり『愛の戦士ヘッドロココ』『はずんでキャッチ』なども少年漫画のオマージュに少女漫画の繊細な恋愛要素を加えた作風で、結果として『ぴょんぴょん』の誌面は意図してダサピンク現象を避けたような仕様であった。

ちなみに小学館の上学年向け少女漫画には、それこそ「ものすごいエロオーラ」だの「頭がフットーしそうだよおっっ」だのと、妙にエロティックなものが多い。(そして、そのムーブメントはのちに他社にも波及するようになっていった)
なんせ『少女コミック(現・Sho-Comi)』と『ちゃお』は2006年度のPTA調査による「親が子どもに読ませたくない雑誌」のワンツートップである。
一方で『ぴょんぴょん』にも、そうしたネタは存在してないこともなかったが、それらは『とんで!小鳥ちゃん』の入浴シーン、『まゆちゃんははずかしガール』の巨乳ネタ、『あかりCHUがえり』の半ケツネタなど、前述した「お姉さんの雑誌」たちから比すればそれこそ笑えるほどささやかな程度のもので、いわば黄金期の週刊少年ジャ○プ(しかも、その手のギャグとしては亀に乗るグラサンや時々地球を割ってるP村にも届いていない)レベルであった。正直、この当時の少女漫画雑誌ならその程度のネタの先達などいくらでもいたワケで今更ともいえる。

当時、「少女漫画は(絵柄、恋愛などが理由で)苦手だがぴょんぴょんだけは好き」という女の子が結構いたとか。読者の分母が少ない分、コアな読者が多かったと言われる。
有名人でも中川翔子など、元ぴょんぴょんファンを名乗っている人もいる。(honto・中川翔子のポップカルチャー・ラボ(第2回後編)該当ツイート
なおhontoの対談記事(上述の該当記事)で中川らが語っている「アザラシのキャラクター」とは読者のお便りコーナーのマスコットキャラクターのことである。オスの「ラッツ」とメスの「ナッツ」というアザラシのコンビ。今に言うところのブサカワ系のキャラクターであった。
また時期によっては次号予告が漫画で行われ、もえみ&ゆずこという二人組の女の子のキャラクターによって物語が展開されながらの次号予告が行われていた。
夏のホラー特集では、富所和子が描く花子さん&闇子さんが記事を担当していた。豪華過ぎる…。

連載陣の内容

メディア等タイアップ


オリジナル

  • どろろんぱっ! ※本作のアニメ一話に「ぴょんぴょん運送」など、ぴょんぴょんの名称が散りばめられていた。
    • あさりちゃん ※『どろろんぱっ!』とのダブル連載。時に学年誌版再録。
    • あさりvs.どろろんぱっ! ※作者ちゃんの陰謀であさりチームとどろろんチームが雑誌連載の生き残りをかけて争う企画作品。だいたい痛み分けでうやむやの勝負水入り状態になる。嫁分身ネタも出るよっ!『Mr.ペンペン』『ひよこだあ~!』共々単行本化された。
  • みい子で~す!
  • はずんでキャッチ
  • 光のパンジー
  • ないしょね!プリン
  • パンク・ポンク
  • おじゃマクラ
  • とんで!小鳥ちゃん
  • デュエットで走ろう
  • Sweetらぶらぶ
  • 快盗シスターズ いただき!パンサー
  • あかりCHUがえり
  • ゆう&YOU
  • ビビビのかおりちゃん
  • まゆちゃんははずかしガール
  • 真珠色マーメイド
  • なんでもアリス


連載作家

pixiv百科事典に項目がある漫画家


さまざまな余談と話題

ぴょんぴょんと魔法少女&バトルヒロイン(&ゆるキャラ)

ぴょんぴょんの魔法少女ものは『とんで!小鳥ちゃん』や東映不思議コメディーシリーズコラボぐらいであった。
一方でアニメ化された『どろろんぱっ!』は、幽霊と寺の孫娘(あと天使や悪魔)によるオカルトギャグではあるものの基本は『あさりちゃん』『ドラえもん』とジャンルを同じくする日常ギャグである。主役の一人である「寺の孫娘」である大福寺あんこも「寺の孫娘ではあるが現状においては両親は家を継いでおらず、自身および家族は元々オカルトとは無縁だった一般人」という身上の設定であるため、退魔師としてのキャラ付けではない。(むしろ、そういった「退魔のプロフェッショナル」としてのキャラ付けはあんこの祖父である藻奈寛じーさんや、アンジーの上司であるミカエルさまやガブリエルさまなど、大人・保護者側のキャラに付与されており、あんこが護身として持つ退魔アイテムの「お数珠」も「祖父に守られている」事を明らかとする「家族の絆」の証としての側面が強いものである)
その一方、他誌でうえだ未知は『チョコっとちょこちゃん』、藤井みどりは『女神戦記アテナ』、中森衣都は『宝石の騎士スタージュエル』(『ママは小学4年生』の単行本に収録)という魔法少女もの・バトルヒロインものをそれぞれ描いている。のみならず東映不思議コメディーを手掛けた谷沢直も、のちに富田祐弘原作の『愛天使伝説ウェディングピーチ』を描いている。
むしろそれらを『ぴょんぴょん』で連載して欲しかった人は多かったであろうかと思われるが、一方で彼女らがそれらを描けたのは『ぴょんぴょん』での経験があればこそではなかったか、と言われる場合もある。
ゆえにこそ『ぴょんぴょん』発の魔法少女もののアニメが出なかった事を惜しむ声は、現在でもファンからはよく聞かれる。

ぴょんぴょん、その挑戦と顛末、そして受け継がれる魂

このようにバラエティに富んだ紙面によって少女漫画の世界に対し大きな挑戦を叩きつけた『ぴょんぴょん』だったが、実はその当時に福島と似たような事(雑誌における恋愛作品一辺倒への危惧)を感じていた(いわば「同じ電波を受信」した)編集者は他社にも存在していた。
その代表格こそ、90年代講談社なかよし』を支え同誌の黄金期を構築した入江祥雄なかよし編集長であった。実は元々、講談社にも『キャロル』という『ぴょんぴょん』と同傾向の雑誌があったのだが、これは「背伸びしたい低年齢層の読者」を『なかよし』と喰い合う形になり1984年に頓挫し、以降、講談社は「しょせん女の子は恋愛以外の漫画なんて解らない」と読者層を諦め(見捨て)ていた。だが、入江は児童文学畑の編集者であった経験から「女の子でもファンタジーやアクションやギャグはイケる!」「いやむしろ女の子だからこそファンタジーやアクションやギャグはイケる!」という結論に至り、それらを踏まえたバラエティ性を恋愛要素をミキシングさせて『なかよし』に導入させ、奇しくもソコに先鞭をつけていた『ぴょんぴょん』と類似した編集方針を構築させる。結果、当時の『なかよし』はそれまで長年にわたって培ってきた世代を超えた信頼と実績およびブランディングもあいまって多くの名作を叩き出し黄金期を迎え、結果『キャロル』廃刊の9年後、同誌による「背伸びをしてない女の子の雑誌」というコンセプトを持つ雑誌を『るんるん』として復活させるに至る。(が『るんるん』は『なかよし』のファーム的な位置付けから脱する事ができず1998年で廃刊した)
しかし逆に同じ出発点に立ち先鞭をつけていた『ぴょんぴょん』は『なかよし』とは異なり実績・信頼とブランディングを手探りでゼロから積み上げねばならず、また『なかよし』とは異なり恋愛ベースに拠らずあくまで純粋なバラエティ性にこだわりすぎたため、それゆえの足踏みが災いしてメディア化にも恵まれず、結局は『なかよし』に押し切られて『ちゃお』との併合に至った。しかし2000年代以降『ぴょんぴょん』の方針と『ちゃお』のブランディングが合致した結果は余人の知る通りである。(『ちゃお』の項目を参照)

pixivで恋愛関係のタグが人気な理由は「検索しやすい」という理由であり(『七夕』の下側の記事参照)、「カップリングは好きでよく描いているが、R-18以外でイチャラブは描かない」方針の作者さんや「恋愛関係(主に、好きな男キャラ×自分に似ている女キャラ)を描いているつもりなのに、甘々ではないor関係性がステレオタイプではない為、読者にはそう見られない」とのことで悩む作者さんも多いと言われる。


関連イラスト

どろろんぱっ!
はずんでキャッチ



関連タグ

ピョンピョン:表記ゆれ
コロコロ創刊伝説:第27話で3代目編集長就任のバックグラウンドとして本誌の創刊伝説を披露した。
るんるん:ぴょんぴょんとターゲットが同じだった講談社の季刊→隔月刊誌。
CHUCHU:小学館の廃刊した雑誌繋がり。コンセプトは良かったものの、廃刊しても仕方がない状況にあった。
コミックエール!:作風が類似している芳文社の雑誌。ただし対象が異なるうえこれまた結局は廃刊に追い込まれた。

pixivに投稿された作品 pixivで「ぴょんぴょん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 289859

コメント