ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

姉:室山眞弓、妹:室山眞里子の姉妹漫画家。
熊本県玉名市生まれ、熊本女子商業高等学校(現国府高等学校)卒業。
眞里子の高校卒業後、2人で上京し眞弓が会社員として就職、妹の眞里子は姉の居候状態で漫画を描きつつデビューを目指した。
1976年に姉妹共同名義の「室山まゆみ」として『別冊少女コミック』「がんばれ姉子」でデビュー。
デビュー当時は、室山姉妹は「ゆみまりこ」というペンネームであったが編集部の担当者がペンネームが嫌いな人間であった為に、勝手に姉の本名である「室山まゆみ」名義で作品が発表されてしまった。

原則としてアシスタントを使わず、極力2人だけで仕上げるスタイルをとる(スケジュールが逼迫しきったときにアシを使ったことはある)。
話は2人で考え、作画は妹の眞里子が下描き、眞弓がペン入れと分担し作画の仕上げも2人で適時分担する。
一度眞弓の負傷のため眞里子がペン入れまでやったことはある。
現在は高齢となった母親の世話もあるため東京と実家のある熊本県を往復する生活を送っており、「あさりちゃん」完結後はエッセイ漫画等の作品が中心。

2組の「2人で1人」

奇しくも同じ小学館で活躍する藤子不二雄とは、『ドラえもん』と『あさりちゃん』で人気を二分する存在になった。後に『あさりちゃん』が『ぴょんぴょん』に移動したことで、男児向け『ドラえもん』・女児向け『あさりちゃん』と、学年誌でもバランスをとる2大作品として扱われた。さらに両者とも2人組の共同名義作品であった。

しかし、奇しくもその『ぴょんぴょん』移動の1988年にもう片方の「2人で1人」、藤子不二雄は正式に解散し、藤子・F・不二雄藤子不二雄Aとして別々の活動をしていくことになる。

もっとも藤子不二雄の方は実際にはだいぶ前から執筆作品が別れており、正式解散はお互いに帰属する著作権の問題の解決のためだったと言われる。
それに対して室山姉妹は、実際に姉妹であるため版権問題などで揉める心配もあまりなく、さらに活動自体前述のように完全に「2人で1人」である。

アニメ『あさりちゃん』と熊本弁の話

『あさりちゃん』がアニメ化された(製作:東映動画)際、2人は上京したばかりで熊本弁がぬけきっておらず、それをアニメスタッフにからかわれ、自分たちの意向が充分に反映されなかったと言う。

現在ならパワハラ、地方蔑視と叩かれているところである。現状を“東京一極集中”とする向きもあるが、この30年で如何に地方にも視線が向けられるようになったかを表すエピソードだろう。

もっともアニメに悪印象だったというわけではない。アニメから漫画原作に逆輸入された設定もあり、その中でも最大のものが浜野あさりの担任教師・神田八郎先生である。当然、アニメ化以前にはいなかったキャラクターだが、味のあるキャラとして以降連載終了までレギュラーとして使われることになった。(ただしアニメ版では「カンパチ先生」と呼ばれているが、原作では「カバちゃん」と呼ばれるなど、アニメ側キャラを原作に導入するにあたっては、そのまま用いることをせず原作側の独自解釈によるキャラの再構築をあえて行っている)

一方、『どろろんぱっ!』のアニメ化(製作:シンエイ動画)の企画が持ち込まれた当初は、『あさりちゃん』制作の際の経緯から当初渋っていたとも言われている。

代表作

あさりちゃん
どろろんぱっ!
すうぱあかぐや姫
等。

外部リンク

関連記事

親記事

漫画家 まんがか

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「室山まゆみ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26925

コメント