2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

グロイザーX

ぐろいざーえっくす

ナック制作のロボットアニメ。または同作の主人公ロボットの名称。
目次[非表示]

概要

放映期間は1976年7月1日~1977年3月31日。全39話。
ナックでは『アストロガンガー』に次ぐ2作目のロボットアニメで、東京12チャンネル(現:テレビ東京)では初のロボットアニメである。また、放送時期は多少前後することはあるが、札幌テレビ福岡放送などの日本テレビ系列局約3局、東北放送山陰放送などのTBS系列局約7局、関西テレビ東海テレビをはじめとするフジテレビ系列局約4局(そのうち約1局は放送当時。件の局は後にフジテレビ系列からの離脱を余儀なくされた)でも放送されている。

監修はかの永井豪、原作は漫画版『マジンガーZ』『グレートマジンガー』等で過酷なストーリーを描いたことで知られる桜多吾作

主人公機グロイザーXの基本は飛行形態であり、敵側の「空爆ロボ」も同様に飛行形態が基本。
一応グロイザーXは変形してグロイザーロボになるのだが(言い換えれば、タイトルに使われているのは飛行形態の名前である)、飛行形態のまま胸から発射した「フライング・トーペドー」で敵を撃ち抜いて(「飛行魚雷」を名乗っているが弾自体は爆発しない)倒すことが多く、出番は数えるほどしかない(最終話はグロイザーロボによる飛び蹴りで決着をつけている)。

BGMはかの『チャージマン研!』のものが使いまわされていることでも知られている(あのキチレコも何度か使われた)。
まあ、ナックではいつものことであるが。

主人公・海阪護役の古谷徹氏は本作の『スーパーロボット大戦』シリーズへの参戦を望んでいるようだが、あまりにもマイナーなためか実現していない。
また、『真マジンガー衝撃!Z編』では、グロイザーXがモデルの「爆撃獣グロイザーX9~X12」が登場しているが、名前の通り敵役である(こっちは『第2次スーパーロボット大戦Z』に参戦している)。

一部媒体では第1話のサブタイトルから「大空の王者 グロイザーX」や「空爆ロボ グロイザーX」とも呼ばれることがある。

ストーリー

事故によって、地球に不時着したガイラー星の探検隊の副長ゲルドンは隊長を暗殺して自らを皇帝と名乗り、「ガイラー帝国」として地球侵略に乗り出す。
平和主義の科学者ヤン博士は地球侵略用と偽り建造した空爆ロボ(超爆ロボとも)「グロイザーX」で日本へ亡命しようとするが失敗、娘のリタのみが亡命に成功した。
リタは飛島パイロットチームの海阪譲と知り合い、彼とともにグロイザーXを駆り、ガイラー帝国から裏切り者と罵られながらも戦う。
(Wikipediaより引用)

登場人物

飛島パイロットチーム
海阪護(声:古谷徹)
リタ(声:野崎貴美子)
飛島秀樹(声:勝田久)
バク(声:龍田直樹)
サブ(声:沢田和子)
一平(声:沢木郁也)

協力者
吉田局長(声:岡田道郎)
四村大吉(声:岡田道郎)
四村みどり(声:高木早苗)
ゲン(声:山下望)

ガイラー帝国
ゲルドン帝王(声:藪内英喜)
ダガー元帥(声:岡田道郎)
ドゴス元帥(声:河西清)

主題歌

オープニングテーマ「飛(と)べ!グロイザーX」
エンディングテーマ「ゴーゴー・グロイザーX」
いずれも作詞:永井豪と高円寺博、作曲・編曲:クニ河内、歌:池田鴻

関連タグ

ナック ダイナミックプロ 桜多吾作 
無敵超人ザンボット3 民間人による防衛チーム繋がりで、此方は親族一同で地球を守る。
氷河戦士ガイスラッガー 敵が主人公達の基地を見つけるのが遅かった共通点だが、ガイスラッガーの方は遂に基地を見つけられなかった。

関連記事

親記事

ナック なっく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 59242

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました