ピクシブ百科事典

グロイザーX

ぐろいざーえっくす

ナック制作のロボットアニメ。または同作の主人公ロボットの名称。
目次[非表示]

概要

放映期間は1976年7月~1977年3月
ナックでは『アストロガンガー』に次ぐ2作目のロボットアニメで、東京12チャンネル(現:テレビ東京)では初のロボットアニメである。
監修はかの永井豪、原作は漫画版『マジンガーZ』『グレートマジンガー』等で過酷なストーリーを描いたことで知られる桜多吾作

主人公機グロイザーXは基本は飛行形態であり、敵側の「空爆ロボ」も同様に飛行形態が基本。
一応グロイザーXは変形してグロイザーロボになるのだが、飛行形態のまま必殺武器のフライング・トーペドーで敵を倒すことが多く、殆ど登場していない(最終話ではグロイザーロボで決着を決めてはいる)。

BGMはかの『チャージマン研!』のものが使いまわされていることでも知られている(あのキチレコも何度か使われた)。
まあ、ナックではいつものことであるが。

主人公・海阪護役の古谷徹氏は本作の『スーパーロボット大戦』シリーズへの参戦を望んでいるようだが、あまりにもマイナーなためか実現していない。
また、『真マジンガー衝撃!Z編』では、グロイザーXがモデルの「爆撃獣グロイザーX10」が登場していたりする(こっちは『第2次スーパーロボット大戦Z』に参戦している。敵として)。

ストーリー

事故によって、地球に不時着したガイラー星の探検隊はゲルドン帝王の支配の下に「ガイラー帝国」を名乗り、地球侵略に乗り出す。
ゲルドン帝王に対抗する平和主義の科学者ヤン博士はロボットに変形できる爆撃機「グロイザーX」を娘のリタに託して、日本へ脱出させた。
リタは飛島パイロットチームの海阪譲と知り合い、彼とともにグロイザーXを駆って、ガイラー帝国の空爆ロボと戦う。
(Wikipediaより引用)

登場人物

飛島パイロットチーム
海阪護(声:古谷徹)
リタ(声:野崎貴美子)
飛島秀樹(声:勝田久)
バク(声:龍田直樹)
サブ(声:沢田和子)
一平(声:沢木郁也)

協力者
吉田局長(声:岡田道郎)
四村大吉(声:岡田道郎)
四村みどり(声:高木早苗)
ゲン(声:山下望)

ガイラー帝国
ゲルドン帝王(声:藪内英喜)
ダガー元帥(声:岡田道郎)
ドゴス元帥(声:河西清)

関連タグ

ナック ダイナミック企画

pixivに投稿された作品 pixivで「グロイザーX」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5081

コメント