ピクシブ百科事典

氷河戦士ガイスラッガー

ひょうがせんしがいすらっがー

氷河戦士ガイスラッガーは石ノ森章太郎原作で1977年に東映本社企画・東京ムービーとオカスタジオの委託で作られたSFアニメ
目次[非表示]

3万年ぶりに蘇った戦士達を待つ過酷な運命とは?

概要

石ノ森章太郎原作、東映本社企画部担当、東京ムービーとオカスタジオの合作、石黒昇監督で、1977年4月12日から8月30日までテレビ朝日系列局(ただし一部系列局除く)で放送されたSFアニメである。また、新潟放送静岡放送(いずれもTBS系列局)などでも放送された事がある。

超神ビビューン』の後番組は本来なら『快傑ズバット』が放送される予定だったのが東京12チャンネル(現・テレビ東京)で放送されていた『忍者キャプター』が第43話で打ち切られた影響でズバットが同局に持っていかれ、急遽企画された。当初は1977年4月5日から放送開始予定であったが、1週遅れて4月12日からの放送開始となった。

漫画作品の無い完全アニメオリジナル作品で、一見「サイボーグ009」の亜流に見えるが(実際サイボーグ009のリメイクの要素も少なからずあった)、「サイボーグ009」と異なり、主人公達の故郷は既に滅亡しており、亡国の戦士となった主人公達の過酷な運命を綴ったハードなストーリーと、世界の七不思議を掛け合わせた特徴がある。

裏番組が「まんが名作劇場サザエさん」(フジテレビ他)と「シャープ・スターアクション!」(日本テレビ系列局ほか)だった為、裏番組の「ろぼっ子ビートン」(TBS系列局ほか)と共に視聴率は3%台に低迷、第20話を以て打ち切りとなり、ガイスラッガー達がインベム本星へ向けへ旅立ちワープに入る所で完結している。
なお、次番組は「冒険ファミリーここは惑星0番地」と再び特撮番組に戻ったが、それが同枠最後の特撮番組となった。

あらすじ

古代南極大陸に繁栄していたソロン王国はインベム軍団の侵略に晒されていた。そこで5人の少年少女をサイバノイド戦士(所謂サイボーグ)・ガイスラッガーへ改造し、インベム本星へ送る事にする。ソロン号を用いた人工冬眠実験の日、天変地異が起きソロン王国は滅亡してしまい、インベム軍団も撤退する。
それから3万年後の現代(20世紀末)、インベム軍団は侵略を再開。南極大陸の調査団員・志岐博士は愛犬ジローと共に調査に向かった所インベム軍団の襲撃を受け、ジローは瀕死の重傷を負う。それに反応し、ソロン号は覚醒。3万年ぶりに蘇ったガイスラッガーは故郷が既に滅亡している事を知り、サイバノイド手術でジローも蘇るも遣り切れないまま、ガイスラッガー達はインベム軍団との戦いに身を投じる。

登場人物

ガイスラッガー


協力者

国立地質研究所所長で、ガイスラッガーの現代での身元引受人となる。時には厳しく怒ることもあるが、知識豊富なナイスガイである。ケンのおじ(シキ博士)に似ているが、志岐家とケンとの血縁関係は特に言及されない。

志岐博士の娘。高校生。
玲子の弟で7歳(最終回で8歳に)。ケンの弟・コウに似ている。
国防庁長官。ガイスラッガーに理解を示し、協力する。時にはガイスラッガーと対立する立場になったり、ギャグメーカーの面を見せることもある。

インベム星人

インベム軍地球征服計画司令官。ガイスラッガーに作戦をことごとく妨害される。かなり悪知恵が働くが無茶はせず、退くべき時には退くことができ、闇雲に攻めずに侵攻に必要なエネルギーや物資の調達にも力を入れる慎重派の知将。ババルにも性急に事を運ばず慎重に行うよう進言していた。 

インベム星の皇帝。細身で髭顔の神経質そうな人物で、少々短気な性格の持ち主。完結していればラスボスになる筈だった。

各話リスト

放映話サブタイトル初回放映日
1戦士 三万年より還る1977年4月12日
2消えたスペースシャトル4月19日
3イースター島から来た少年4月26日
4悪魔の海の決闘5月3日
5トンカラリンは地獄の門5月17日
6明日香の巨大な謎5月24日
7ストーンサークルの贈り物5月31日
8日本のピラミッド6月7日
9冬眠カプセルの少女6月14日
10ジロ暁に吠える6月21日
11亡霊潜水艦Uボート6月28日
12悲しみと怒りは胸に7月5日
13狙われたソロン号7月12日
14あゝ!祖国よ7月19日
15人間爆弾作戦7月26日
16夕子の羽衣8月2日
17月は戦場だ8月9日
18熱砂の激闘8月16日
19インベムへの亡命者8月23日
2021光年への特攻8月30日


ネタ

  • 本作では、インベムの行動と圧倒的物量にも関わらず、ガイスラッガーの基地を発見する事は出来なかったと言う珍しい展開だったが、これについてグロイザーXを連想した、と言う声がある。


  • 打ち切りで終わった本作だが、完全放送されたとしてもガイスラッガー全滅のバッドエンドは不可避だったに違いない。何故ならソロン号には大した武器が搭載されておらず、ガイスラッガー自体惑星一つを吹き飛ばず超高速増殖炉が搭載されており、ED歌詞で「太陽燃える~」の言葉と、終盤彼等の寿命が近い事を暗示する描写があり、即ち彼等自体が特攻兵器だったのであった。正直、結末まで描かれていたら当時の視聴者のトラウマになったかも知れず、描かれなくて良かったかも知れない。

  • アニメーション製作を東京ムービーとオカスタジオに委託したのは、東映動画が当時多数の作品を抱えており、依頼することがままならなかった為。

関連イラスト

Guyslagger
Guyslugger - "Iko" ver -



表記ゆれ

ガイスラッガー

関連タグ

石ノ森章太郎 東映 テレビ朝日 サイボーグ
超神ビビューン:前番組
冒険ファミリーここは惑星0番地:次番組だが、同枠特撮番組の最終作となった。
タカトクトイス:本番組枠のメインスポンサー。
サイボーグ009:ガイスラッガーの下敷きとなった作品で石ノ森章太郎のライフワーク。
UFO戦士ダイアポロン:ガイスラッガーの前年に放送された宇宙からやって来た亡国の戦士繋がり
無敵超人ザンボット3:ガイスラッガー終了後にスタートした先祖が亡国繋がりで、本作のスタッフも製作に参加
ジェッターマルス:同じ年に放送された、過去の名作を下敷きにしたリメイクにして不運な失敗作繋がり。此方は手塚治虫鉄腕アトムがモチーフ。

関連記事

親記事

石ノ森章太郎 いしのもりしょうたろう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「氷河戦士ガイスラッガー」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「氷河戦士ガイスラッガー」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 106118

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました