ピクシブ百科事典

キチガイレコード

きちがいれこーど

ジュラル星人がレコードを媒体に使用した兵器。どういうわけか衝撃(叩きつける)によって発火・炎上するので取り扱いに注意が必要。
目次[非表示]

キチガイレコードとは、チャージマン研!で出てきたジュラル星人の兵器のようなものである。正式名称は『殺人レコード』である。

第16話の概要


百年後の未来ではLPレコードブームが再来したようで、新しくできたレコード屋に大勢の客がところせましと並んでいる。
しかし、そのレコードを聞いた人たちは苦しみだし、顔が老化したかのように衰弱、果ては発狂してしまった。そうこの店の店員たちはジュラル星人であり、そのメロディで地球人を苦しめるつもりだった。
そして、そのレコード屋にキャロンが来店、ジョニーのレコードを買ったのだが、例のメロディに苦しみだしてしまう。
このままジュラル星人の思うツボかと思われたが、誤算があった。

それは『バリカン』の存在である。

彼はロボットであったために、殺人レコードのメロディが効かなかったのである。
そして、バリカンによってレコードは床に叩き付けられた。(その際にレコードは何故か発火し跡形もなく燃えた)何とか助かった研の一家。研は「ジュラル星人の仕業に違いない!」と確信した。
そして・・・

「お前たち、よくもあんなキチガイレコードを!」

のセリフとともに例のレコード屋に入ってきた。研たちが無事だったと愕然する店員たち(もといジュラル星人)は逃亡する。そして、研も追いかけるが、ジュラル星人たちが研を挟み撃ちする。しかし、チャージマン研に変装するや否やいつものようにジュラル星人はあっさり倒された。

キチガイレコード概要

キチガイレコードが使われていたBGMはこの話以外にも使われている
要はキチガイレコード用の専用曲はなく、レコード再生時に緊迫シーン用BGMを流用したものである(このBGMは『グロイザーX』等他のナック作品でも頻繁に使われていた)。
レコード店にいた客のセリフであった「素敵な宇宙人」と「バカッチョ金魚」という曲はのちに、公式サウンドトラックとして収録されている。
2011年7月からキッズステーションでチャージマン研が再放送されているが、残念ながらこのエピソードは放送されていない。流石に発狂のシーンや「キチガイレコード」の台詞はCS局でも放送NGだったのだろう。DVDにはちゃんと収録されているのでご安心を。
また、「マツコ&有吉の怒り新党」の「新・3大チャージマン研の突飛なエピソード」で紹介されたが、その際は「聴くと老化するレコード」と解説された。むろん、「キチガイレコード」のセリフは使われず。しかし、地上波でこれを流したのはある意味すごい。

余談だが、『Minecraft』というゲームには複数のレコードがアイテムとして存在しており、ジュークボックスにそのレコードを入れるとそのレコードに収録されたBGMやSEがゲーム内で再生されるようになっているのだが、そのレコードのうち"C418-13"というタイトルのレコードをジュークボックスに入れると、非常に不気味でオドロオドロしいSE(洞窟内の空洞音の詰め合わせ)が流れることから一部のマイクラファンの間ではこのC418-13のことをキチガイレコードと呼んでいる。

関連項目

回りくどさに定評のあるジュラル星人

・派生タグ
よくもこんなキチガイイラストを!

pixivに投稿された作品 pixivで「キチガイレコード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19263

コメント