ピクシブ百科事典

ルパン三世PART2

るぱんさんせいぱーとつー

アニメ版ルパン三世の第2シリーズ。新ルパン三世、ルパン三世2ndなどの呼び名もある。
目次[非表示]

概要

1977年10月3日~1980年10月6日まで放送。現時点では最長放送記録を誇り、本作の存在が現在のアニメ版ルパン三世を形作った。

PART2に向けて

再放送によって放映当時よりも爆発的な人気を博したルパン三世PART1。それを受けてファンの要望に答える形で5年後より製作・放送開始。
放送にあたり、前作がやはり放映当時は失敗としかいいようのない成績を叩き出したことは見過ごされなかった。そこで読売テレビから交代した日本テレビ側から多く注文が出され、レギュラー声優の一部変更もこの中に入っている。
前作では回によっては登場しないキャラが居たが、本作では現在においてルパンファミリー+銭形として知られる5人を主軸とすることを打ち出しており、声優出演がなくとも必ず1シーン入ることとなった(ただし実際はごく僅かながら不二子や五エ門が一切登場しない回があるが)。本作の影響でルパンのレギュラーメンバーは完全に定着したと言っていい。
「前作の続編と思って作るな」という命令もあったが、本作の第1話は前作第1話と関係のあるエピソードであり、厳密にはPART1と一応世界観的には続いていることを匂わせている。

作風

こうした施策の多くは子供向けとしての意向が強く、作風も前作後半のコミカルな内容になっていった。ルパンは前作よりもヒロイックかつ義賊的になり、ルパン役の山田康雄はこの変化を快く思わなかったようである。
しかしこれらはエピソードによりけりで、PART1を思わせるハードボイルドな回や、コメディ要素薄めのエピソードもある。
とはいえ概ね子供向けということはそれだけ万人受けするマイルドな作品ということであり、快活に見ることが出来る活劇として非常に高い人気を得た。「ハードボイルドっぽさを持ったテレビ向けアニメ」という意味では、本作が金字塔と言ってもいいくらい。

その他

総話数はダントツの155話に登った。次点はPARTIIIの全50話、それ以外は1クールか2クール(全12話~24話)と考えると異例の長寿番組である。
これは前作とのブランクの間に人々の意識が時代によって変化したからと言える。
前作のアニメルパンは「大人向け」を目指したが、「アニメは子供が見るものという一般認識の壁は崩せなかった」……ということが失敗の原因の一つとなった。アニメとはせいぜい小学生で卒業するもの(「小学生ですら恥ずかしい」という声があったくらいである)であり、宣伝もまるっきりしなかったのも仇となっている。

しかし本作の前後で意識にやや変化が起きた、その中でも大きかったのは宇宙戦艦ヤマトのヒットで、このアニメブームが起きた流れで、大人にも(おおっぴらではないが)アニメを見るという選択肢や文化が自然と生まれた。
皮肉にも大人向けを狙って失敗したルパンは、子供向けを狙ったことで幅広い視聴層を得ることになったのである。

人気を受けて『ルパンVS複製人間』と『カリオストロの城』が劇場製作されている。今ではあまり意識されていないが、この二作はPART2放送中に公開された作品であるため、言わばPART2の劇場版である。
『ルパン三世のテーマ』が初めて使われたのも本シリーズで、このシリーズだけで4バージョンが誕生している。

先の通り本作品の成功はルパン三世のアニメに大きな影響を残しており、特にTVスペシャルの多くは本作のノリの影響下にある物と言っていい部分が多い。つまり良く言えば明朗快気で見やすい作品だが、裏を返せばあくまで子供向け・ファミリー向けの作品特有の毒気の薄さは否めない。

このためPART1における古来からのファンからは本作を邪道とする声もある。しかし現在でもルパンが親しまれる作品となったのは、このシリーズの功績が非常に大きいことは間違いない。

関連項目

ルパン三世 ルパン三世PARTIII ルパン三世PART4 ルパン三世PART5

関連記事

親記事

ルパン三世(アニメ) あにめばんるぱんさんせい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ルパン三世PART2」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 545

コメント