ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ルパン三世 (TV第2シリーズ)第145話。

  • ルパンのテレビシリーズに不満を感じた宮崎駿が脚本・演出した作品。シリーズへの批判からか、作中でほとんど赤いジャケットをルパンが着ないなどの事から、最終回の「さらば愛しきルパンよ」と同様、イメージが違うとして日本テレビから、没にされかけたそうだ。
また、この作品は、当時のアニメで使用されていた手描きのセル画の枚数を、通常4000枚~5000枚のところ、なんとその2倍の9000枚も使用して製作された。

あらすじ

すき焼き鍋パーティー中のルパン達のところへ不二子が何かに追われながら逃げ去り、去った後に奇妙な部品を置いていった。それは小型原爆用の発火プラグだった。作ったのは航空博物館の館長・ロンバッハ博士で、闇ルートで売ろうとした小型爆弾を不二子が狙ったためにルパンは騒動に巻き込まれてしまう。かくして、小型原爆を阻止し不二子を取り戻すため、ルパンたちは巨大飛行艇・アルバトロス号を相手に戦いを挑む。

関連タグ

宮崎駿 ルパン三世 カリオストロの城 さらば愛しきルパンよ セル画
逆作画崩壊
ルパンの娘(宮崎駿が映像化を企画していた)

関連記事

親記事

ルパン三世PART2 るぱんさんせいぱーとつー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「死の翼アルバトロス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 94848

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました