ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

あらすじ

1981年。白昼の東京に突如怪ロボットが現れて宝石店を襲った。ルパン三世が犯行声明を発表し、政府は東京に非常事態宣言を発令する。

銭形警部はルパンを偽者と睨んで捜査を始めるが、またしても出現したロボットに自衛隊の戦車が発砲し、街はパニックに陥る。


ロボットを追跡し、ルパンのアジトに乗り込むも逆に捕らわれた銭形は、そこでロボット兵「ラムダ」を操る少女・小山田真希と出会う。真希の目的を聞いた銭形だったが、銭形は彼女の知らない隠された真相を見抜いた。


偽ルパン一味の目的とは・・・。


概要

ルパンのテレビシリーズに不満を感じた照樹務こと宮崎駿が脚本・演出した作品。


この前年に公開された『カリオストロの城』や、テレビ第145話『死の翼アルバトロス』同様に宮崎カラーが強く、後年の『風の谷のナウシカ』『天空の城ラピュタ』などの冒険作品の原点の一つとなっている。


偽ルパンは『ルパンVS複製人間』に近い顔で描かれ、本物は『カリオストロの城』に近い顔で描かれていることが大きな特徴で、対立煽り気味なために脚本面での賛否は分かれる。日本テレビサイドは「ここまでのテレビシリーズとはイメージが違い過ぎる」として難色を示し、危うくお蔵入りするところだったとの事。


スーパーマンシリーズには悪党が飛行できるロボットを使って宝石店や銀行を襲う話があり、作中でも銭形(に変装したルパン)がロボットを「まるでスーパーマンみたいですなぁ」と発言しており、スーパーマンのオマージュ作品でもある。


2012年11月2日に放映されたテレビスペシャル第23作『東方見聞録アナザーページ』では、本作での出来事をルパンが回想するシーンがある。


終盤では挿入歌である「スーパーヒーロー」をバックにルパン一味がフィアット500で走るシーンがあるが、元々は本編の割り方で余った時間の尺埋めとして用意された物だった。

なお、後年のTVSP『プリズン・オブ・ザ・パスト』でも、この「エンディングにスーパーヒーロー」の演出が再現されている。


関連タグ

ルパン三世 小山田マキ


宮崎駿

どうぶつ宝島 風の谷のナウシカ ヒロインがよく似ている。

天空の城ラピュタ ラムダとロボット兵が似ている。

偽ルパン三世 逆作画崩壊

ルパンの娘(宮崎駿が映像化を企画していた)

関連記事

親記事

ルパン三世PART2 るぱんさんせいぱーとつー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 111268

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました