ピクシブ百科事典

魔女っ子チックル

まじょっこちっくる

1978年3月6日から1979年1月29日までテレビ朝日系列にて全45話が放送された、永井豪とダイナミックプロ原作の魔法少女アニメ。
目次[非表示]

概要

本作は「東映テレビ事業部(当時)」の制作。(親記事のタグが東映アニメーションになっているが、当時の東映動画は制作に関わっていないので注意)
実際のアニメ制作はネオメディアと日本サンライズ、風プロの3社。当時子供向け化粧品でも知られるダリヤより意向を受け、在阪中堅広告代理店の大広が本作を企画。アニメ制作を東映テレビ事業部に依頼した。
東映テレビ事業部は当時、仮面ライダー等の実写作品からコン・バトラーV等のアニメーションにも注力していた時期で、魔法少女物は初めての試みであった。そこで、原作者としてキューティーハニーで少女物作品を手掛けていた永井豪とダイナミックプロを抜擢。幾多の企画案を経て、魔法界から来た魔女っ子と、魔法に初めて触れた普通の少女の二人が共演するという、魔法少女アニメとしては新機軸である「ダブル主人公制」が導入された作品として知られることとなった。本作の主役である小森チックル&チーコは、本放送当時に国民的アイドルであったピンク・レディーを意識したキャラクターとされている。

東映動画が制作に関わった一連の「東映魔女っ子シリーズ」に本作が含まれるかどうかの解釈は人によって分かれる。

ストーリー

小森チーコは今度の新学期に小学5年生に進級する女の子。ある日、ただ一人の親友であるミヨちゃんが北海道に引っ越すことになった。チーコは自分の誕生日にお別れのパーティーを開くことをミヨちゃんと約束した。しかし、誕生日の前日に断りもなくミヨちゃんは北海道に行ってしまった。
このことにショックを受けたチーコは、ふと通りがかった本屋に立ち寄ったところ、綺麗な絵本が店頭に置いてあった。チーコはこの本を欲しいと感じたが、本屋の店員によれば、その本は既に売れてしまい、今朝男の人が代金を払ったとのことだった。チーコが帰宅し、父の冬吉、母の春子、妹のヒナとの家族四人で誕生パーティーを祝っている時に、冬吉から誕生日プレゼントとして手渡されたものこそが、チーコがさきほど本屋で見つけた絵本だった。店員が言った「男の人」とは父の冬吉だったのである。
チーコが自分の部屋でその絵本をそっと開いてみると、なんと、絵本の中から女の子の助けを求める悲鳴が聞こえてきた。絵本の世界の中で怪獣に追いかけられているのだ。チーコが助ける方法を尋ねると、その女の子は「クルンカクルンカテコポコテン!」という呪文を唱えるようチーコに促した。チーコがその呪文を唱えると、なんと絵本から女の子が飛び出し、チーコの前に姿を現した。彼女こそが魔法の国の「魔女っ子チックル」だったのである。いたずらが過ぎたために絵本の世界に封印されていたのだった。

魔法の国

本作では、魔法の国の具体的な姿は全く描写されておらず、魔法の国の住人だとはっきりわかっているキャラクターも最終回に1人登場するのみ。
チックルの証言によれば、人間の世界よりも住み難く、勉強は1人の生徒に10人の教師が朝から晩まで教えるとの事。
親子と言う概念があるのかも怪しい。

登場人物

ラッキーペア

小森家

  • 小森ヒナ(声:駒沢トヨ子) … チーコの妹、幼女。チックルの秘密を探る。
  • 小森春子(声:北浜晴子) … チーコの母
  • 小森冬吉(声:大竹宏) … チーコの父

5年1組(チックルのクラスメイト)

その他

pixivに投稿された作品 pixivで「魔女っ子チックル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19636

コメント