ピクシブ百科事典

美少女戦士セーラームーン(ドラマ)

びしょうじょせんしせーらーむーん

『美少女戦士セーラームーン』を原作とした実写ドラマのこと。ここでは、漫画版の原作との違いについて解説する。
目次[非表示]

概要

2003年10月4日から2004年9月25日までCBCホストTBS系列局で全49話が放映された、東映(東京撮影所)制作の特撮ドラマ。ただしテレビ高知では放送日時を差し替えており、テレビ山口では最初の半年は放送していない。

TBS系で東映特撮ドラマが放送されるのは『仮面ライダーBLACKRX』(毎日放送制作ホスト)以来15年ぶりだった。
製作スタッフにはプロデューサーに白倉伸一郎、脚本に小林靖子と、平成仮面ライダーシリーズを手がけた面々が多く参加している。特に小林はTVシリーズ全話の脚本を担当しており、彼女が東映特撮で初めて単独で執筆した作品となっている。

セーラー戦士役のオーディションの審査には原作者の武内直子も参加し、全国1100人以上の希望者から5名が選ばれた。女優・北川景子のデビュー作にして、「演技の基本を学んだ大切な作品」と語っている程大切にしている作品。
セーラー戦士を演じた5名は今でも交流が深く、定期的に「戦士の会」と呼ばれる女子会を開いていたり、北川とDAIGOとの結婚式に4人が参加したことは有名。

原作漫画第1部(テレビアニメ『ダークキングダム』編)をベースに随所にオリジナルも織り交ぜたストーリーや設定を展開した。どちらかというと雰囲気は学園ドラマ寄り。そんなこともあってファンの間では賛否両論となっている。
玩具の購入層である低年齢女児の人気はよかったようで、クリスマスプレゼントに欲しい玩具のベストテンにランクインしたほどであった(しかも『明日のナージャ』よりも上位にランクインしている)。
ただしシリアスなストーリーから高学年女児に人気が出て、放送開始から半年以内に『ふたりはプリキュア』(こちらは関連会社の東映アニメーションが手掛けた)が始まると、こちらに女児(と大きなお友達)人気がシフトしていき、予定通りの一年間で放送終了。奇しくも、『戦闘美少女戦士もの』というジャンルの世代交代を象徴する結果となった。

放映終了後にはオリジナルビデオとして、本編のその後を描いた「Special Act」と本編の前日譚となるセーラーVの誕生を描いた「Act.ZERO」(原作でいう『コードネームはセーラーV』に当たる)が発売された。
それまで、タイトルの英語表記は『Pretty Soldier Sailor Moon』だったが、本作では『Pretty Guardian Sailor Moon』に変更されており、以降に展開された新装版・完全版・文庫版はこちらに統一された。

原作との相違点

  • 髪の色は変身前は黒髪茶髪
  • 変身アイテムがペンではなくブレスレット。
  • セーラー戦士のコスチュームが原作寄りのデザインになっている。
  • 決め台詞が「○○に代わっておしおきよ!」に統一。
  • クラウンがゲームセンターからカラオケボックスに変更。


登場人物

主要人物

月野うさぎ/セーラームーン(演:沢井美優)

あんにゅい
実写を普及させ隊


原作やアニメと同じように元気で活発だが、それよりは普通の中学生らしい性格。
変身前は黒髪のお団子ツインテールで、変身後は茶色交じりの金髪になる。

水野亜美/セーラーマーキュリー(演:浜千咲

いよいよ完成した 水野亜美 です..^^
実写マーキュリー


原作初期の内向的な性格だが、初めての友達であるうさぎにかなり依存している。ダーク・キングダムに心の闇を付け込まれてダークマーキュリー闇落ち
変身前は黒髪のセミロングであり、中盤までは常時眼鏡を着用。

火野レイ/セーラーマーズ(演:北川景子

火野レイさんです.
センシティブな作品


性格は原作寄りのクールビューティーとなっている。幼少期に母親を病で亡くし、見舞いにも来なかった父を嫌っている。マーズレイ子の名前で芸能界に潜入。

木野まこと/セーラージュピター(演:安座間美優)

木野まことさん です.
セーラージュピター実写版


原作やアニメ寄りの優しい姉御肌で、セーラーチームの潤滑剤的な存在。両親を飛行機事故で亡くしているため、飛行機がトラウマになっている。
番外編で元基と結婚した。

愛野美奈子/セーラーヴィーナス(演:小松彩夏

実写版セーラーヴィーナス


「10代に大人気のカリスマスーパーアイドル」に変更。セーラーVとして誰よりも早く活動していた。
唯一前世の記憶を持っている為、前世の悲劇を繰り返さないという強い使命感を持っており、不治の病で余命幾ばくないのもあって単独行動を取る。レイを次のリーダーに選び、最終決戦前に病死する。

地場衛/タキシード仮面(演:渋江譲二

まもるー!
実写まもる


原作やアニメ同様、幼い頃に両親を事故で亡くしており、前世の恋人だったうさぎと惹かれ合っていく。日下陽菜という幼馴染婚約者がいる。

ダーク・キングダム

クイン・ベリル(演:杉本彩
世界征服を企んでいるダーク・キングダムの女王。衛の前世であるエンディミオンに想いを寄せていた。

ジェダイト(演:増尾遵)
ダークキングダム四天王のひとり。四天王で一番若く、真面目な堅物。未熟さからの甘さがあるが、ベリルに可愛がられている。

ネフライト(演:松本博之)

実写ネフライト


四天王のひとり。外見や性格は原作第二期の敵である紅のルベウス寄り。
記憶喪失になったところを元基に拾われ、ネフ吉と名付けられてクラウンの店員に雇われる。亜美のことが気になっている。

ゾイサイト(演:遠藤嘉人)

実写版ゾイ【過去絵リメイク】


四天王のひとり。外見は原作第二部の敵であるプリンス・デマンド寄り。原作番外編の『カサンブランカメモリー』でピアノを弾いているからか、よくピアノを弾いている。
前世の記憶を持っており、前世の悲劇の再現を恐れてうさぎと衛の接近を阻止しようとする。

クンツァイト(演:窪寺昭)

実写版クンツァイト


四天王のひとり。原作やアニメとは異なり、長い黒髪をオールバックにしている。前世の記憶を持っており、前世で悲劇を引き起こした衛に対して強い復讐心を持つ。
亜美をダークマーキュリーに変えてセーラームーンたちと戦わせる。

黒木ミオ(演:有紗)
ドラマオリジナルキャラクターでクイン・ベリルの「影」とされる少女。ベリルとは反対に明るく愛想がいい性格だが、本性は陰湿。
表向きはアイドルをしており、美奈子のライバルだった。

その他

ルナ/セーラールナ(CV:潘恵子 / 演:小池里奈
アルテミス(CV:山口勝平
ルナ、アルテミス共に本物の猫ではなくぬいぐるみになっている。またルナに関しては銀水晶の力によって、くしゃみをすると人間の少女に変身してセーラー戦士にもなれるように。
しかし、それは「マウ星出身」「マウ星のセーラー戦士はセーラーマウのみ」という原作と矛盾しているため、それらの設定はオミットされている模様。

ルーナ・プリズムパワー!



古幡元基(演:黄川田将也)
カラオケ店のクラウンの店長。衛とは友人。性格は天然ボケで、ペットの亀を溺愛している。まことに好意を持っている。

風評被害

前番組はあらゆる意味でヒットしてしまったアニメ版「星のカービィ」(通称アニカビ)であり、それの終了直後に予告されたことで有名である。今で言うアニカビロスに陥った直後である当時の視聴者達は本作を嫌っていたことがあったとかなかったとか。
もっとも前番組ロスの事例は枚挙に暇がない。しかもこうした評価は、酷い場合になると作品の本質とは離れたものになりやすい。そのため、こうした批判に基づく作品評価は参考にしてはならず、声を上げることも褒められた事ではない

挿話

  • 後番組は本作同様特撮・CBCホストの「ウルトラマンネクサス」。ついでに言えば本作は、「有言実行三姉妹シュシュトリアン」以来の、東映が手掛けた女児向け特撮作品であったが、結局本作限りで東映は女児向けの特撮作品から撤退した。そのため2021年5月時点で岐阜放送びわ湖放送及びテレビ東京系列局に加えて一部の他系列局で放送されているガールズ×戦士シリーズには一切関わっていない
  • TBS系列局でもアニメ版『セーラームーン』の放送を請け負ったテレビ局が約3局存在する。特にテレビ山梨は、アニメ版5シリーズコンプリートした上で本作を放送している(あとの2局は1シリーズの放送にとどまった。ちなみにいずれも後にテレビ朝日系列局が別途開局したと言う事情がある)。ただし、テレビドラマ版の放送こそなかったものの、アニメ版5シリーズを何らかの形でコンプリートしたテレビ朝日系列局(例えば日本テレビ系列局の北日本放送)も存在するので、何も原作者出身地のテレビ局故にこのようなことが行われた、と言う訳ではない
  • 本作の特撮監督を務めた佛田洋は、「特撮仕事人 特撮監督 佛田洋の世界」と言う本の中で、「僕の友達の那須博之が、モーニング娘。主演の実写映画による『セーラームーン』を作ろうと語ったことがあった」(要約)と語ったことがある。また、本作のプロデューサーを務めた白倉伸一郎も、同じ主旨の発言をしているとされている上、諸事情でその案は棄却されたものの関係者の印象に残ったことからこの実写テレビドラマの制作に繋がった、と語ったそうである。蛇足ながら、企画を横取りする形になったお詫びとして代わりに那須監督に与えられた企画があの実写版デビルマンだったと言われている。
  • 原作作品は講談社の雑誌に連載されていたが、講談社のライバルである小学館から、テレビ絵本が刊行されたほか、幼児向け雑誌の「めばえ」や「幼稚園」でも連載がなされ、放送終了後にはオフィシャルファンブックの刊行も請け負っている。


外部リンク

CBC版公式サイト
wikipedia

関連動画

【実写テレビ漫画版『美少女戦士セーラームーン』】(セーラー戦士変身シーン)
【実写テレビ漫画版『美少女戦士セーラームーン』】(セーラー戦士必殺技シーン)

関連イラスト

ムーン・トワイライト・フラッシュ
実写版セラムン


プリンセスセーラームーン
princess sailor moon



関連タグ

美少女戦士セーラームーン 実写版/ドラマ版

関連・類似作品

関連記事

親記事

美少女戦士セーラームーン びしょうじょせんしせーらーむーん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「美少女戦士セーラームーン(ドラマ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 993

コメント