ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

実写版「美少女戦士セーラームーン」オリジナルキャラクターで、クンツァイトの洗脳により、悪の心に染まったセーラーマーキュリーの姿。


物語中盤、水野亜美がクンツァイトの誘導によりクイン・メタリア黒い闇の力を浴びたことで闇の力に囚われた状態。


普段の亜美とはまるで別人のような好戦的な性格と化し、亜美が普段他のメンバーに対して遠慮していた部分やコンプレックスを感じていた部分など、彼女の負の感情を体現した存在でもある。

他の四人の戦士よりも格上の戦闘力を持ち、セーラーヴィーナスを圧倒し戦闘不能に追い込んだほか、セーラームーンも彼女の前に全く対抗できずに武器を折られて失神した。


その後は洗脳が解けて仲間に復帰しているが、この件で多少吹っ切れたのか以降は比較的積極性を持つようになり、変身前も勉強時以外はメガネを外している。

私服もそれまでの地味なものからバリエーションが増えている。


変身後の姿編集

ダークマーキュリーダークマーキュリー★ダークパワー!メイクアップ!逃げても無駄よ!

もともとのセーラーマーキュリーをベースにしているが、最も大きな特徴はのような形をした青いリボンであり、その周囲に黒いレースがあしらわれている。

腰リボンも胸リボンと同様の黒レースで作られたものに変化し、額のティアラも通常時の金色から黒で縁取りされたデザインに変化。

実写版の変身アイテムでもあるジュエリースターブレスレットも黒く染まっている。


変身呪文もセーラーマーキュリー時のものとは違い、「ダークパワー・メイクアップ」で、を生成して戦う。(ちなみに通常の変身時の掛け声がアニメと同じく「メーイク・アップ!」とメを伸ばす発音なのに対し、こちらは「メイクアップ!」とメイクの部分は短く、アップを強調するような発音となっている)


雑誌などではハープと弓のような武器の存在が確認されているが、本編では未使用。

イメージカラーは青と黒。


このようなブルーに黒をあしらったコスチュームがファンの間では根強い人気で、イベントにてアニメ調のダークマーキュリーガレージキットフィギュアが作られたりもした(スタッフの間では「ダークマーキュリー」をダーキュリー「悪のマーキュリー」とも呼んでいた)。

また、中身に要素が追加された状態ということで「氷野悪美」と呼ばれることも。


余談編集

テレビアニメ版第一シリーズではルナが亜美を『妖魔ではないか』と警戒したことがあり、この形態はそれのオマージュ、もしくは『もしも亜美が本当に妖魔だったら』のIfだと思われる。


関連イラスト編集

Dark Mercury美少女戦士PGSM新登場

ダークマーキュリーダークマーキュリー


関連タグ編集

泉里香浜千咲

ヘビツカイメタル宇宙戦隊キュウレンジャーで、ヘビツカイシルバーが闇落ち(こちらは後に、正義の力で制御できるようになった)した姿。コンプレックスを敵に付け込まれた点が共通。

関連記事

親記事

セーラーマーキュリー せーらーまーきゅりー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 411270

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました