ピクシブ百科事典

忍者戦士飛影

にんじゃせんしとびかげ

「忍者戦士飛影」とは、スタジオぴえろ制作のオリジナルロボットアニメである。
目次[非表示]

概要

忍者戦士飛影』は、1985年10月6日から1986年7月13日まで日本テレビ系で全43話が放送された。
タイトルの「飛影」は「とびかげ」と読む。決してひえいではない。


番組打ち切りのため関連グッズは多数売れ残ったため、決定されていた零影のサポートメカ「獣鬼」「翔魔ムササビ」「烈火牛」の3機と、最強最後の非変形合体忍者戦士「魔影(まえい)」は使われることは無かった。

ストーリー

3万光年離れたシェーマ星系にあるラドリオ星のロミナ姫とエルシャンク陣営の人々は、ザ・ブーム軍に対抗する伝説の戦士「忍者」を探すため、この太陽系にやって来た。火星で出会ったジョウ、レニー、マイクは果たしてその「忍者」なのだろうか?

登場人物

エルシャンク陣営

ジョウ・マヤ / 真野錠(CV:井上和彦
レニー・アイ(CV:日高のり子
マイク・コイル(CV:菊池正美
ロミナ・ラドリオ(CV:島本須美
ダミアン(CV:佐藤政道
シャフ(CV:深見梨加
ガメラン(CV:菅原正志
イルボラ・サロ(CV:堀内賢雄
ローニン・サナダ(CV:広中雅志
ケガレ・サナダ(CV:納谷六朗

ザ・ブーム軍

アネックス・ザ・ブーム(CV:岡部政明
シャルム・ベーカー(CV:山田栄子
グラサン・グリン(CV:大塚芳忠
ハザード・パシャ(CV:青野武
ドッグ・タック(CV:谷口節

主題歌

オープニングテーマ

「LOVEサバイバー」
作詞:青木久美子、作・編曲:小田裕一郎、歌:HIT BOY

エンディングテーマ

「一世紀めのエンジェル」
作詞:青木久美子、作・編曲:小田裕一郎、歌:HIT BOY

ロボットとしての飛影

忍者戦士飛影


詳しくは、飛影(忍者戦士飛影)を参照。

余談

急遽打ち切りが決まった為、視察に来たアネックス皇帝は戦闘に巻き込まれ戦死し、ラスボスはハザード・パシャとなり、最終2話の総集編はハザードが死の直前に過去を振り返ると言う一風変わった構成となり、故・青野武の怪演が光った。

韓国では1997年にスーパーKの題名で輸出され、あちらの事情に合わせ、主人公達は忍者から花郎(ファラン)の子孫に変更されている。

関連タグ

星銃士ビスマルク - 前番組
蒼き流星SPTレイズナー - 同時期に開始したアニメ。妙に共通点が多い

スーパーロボット大戦 - 出るたびに伝説を作っている

外部リンク

TVアニメ公式サイト

関連記事

親記事

スタジオぴえろ すたじおぴえろ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「忍者戦士飛影」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 510882

コメント