ピクシブ百科事典

キューティーハニーF

きゅーてぃーはにーふらっしゅ

「キューティーハニーF」とは、永井豪によるアクション漫画「キューティーハニー」のリメイク版アニメのひとつ。
目次[非表示]

ある時は、可憐女子高生
ある時は、白衣の天使
またある時は、突撃カメラマン
しかし、その実態は・・・愛の光を持つ乙女・キューティーハニー
あなたの人生、変わるわよ!!
(放送前告知より)

概要

永井豪の(お色気)少年漫画作品『キューティーハニー』の少女漫画リメイク作品。ただし『キューティーハニー』の企画構想的には原点回帰ともいえる作品とも言われる。(当初『ハニー』は少女向けとしての構想があったため)

1997年2月15日から1998年1月24日まで、テレビ朝日系列24局にて放送された『美少女戦士セーラームーン セーラースターズ』の後番組として製作された作品であるため、内容もお色気ではありつつ、少女漫画のような恋愛要素など女児向け女性向けに仕上がっている。
如月ハニーの設定も空中元素固定装置の種子から生まれた人工生命体と変更され、中盤ではキューティーハニーのライバル的存在として、ミスティーハニーが登場するのも大きな特徴。また変身アイテムはチョーカーだけではなく、指輪も追加されている。

『セーラームーン』シリーズの流れもあり、作画やアクションなどのクオリティは極めて高く、大半の登場人物が美男美女揃いにリファインされている。また、現代風でエロ格好良いハニーに仕上がっている。

ただ『セーラームーン』シリーズ直後の作品かつリメイク作品という事もあり大きなお友達の間では(永井ファンはともかくとして)「今更感」が漂い、後述する枠移動における各種事情も重なり、結果としては、そうしたファンをこの時間枠から手放す事となり、枠視聴率を一気に落としていく事となった。こうした枠移動や移動後の枠や番組の処遇、後を受けた番組の末路(後述)もあいまって不遇な事にアニメオタク的な話題の中ではネガティブな評価(イメージ)を背負いがちの作品である。
しかし、巧いリファインのおかげで子どもたちには非常に好評で、当時の少女たちのハートを鷲掴みにし、当時の好きなキャラランキング(※バンダイ調べ)で3~5歳と6~8歳の女児部門で一位を獲得している。
こうした事情もあり、本作(枠移動後)の後番組はより女児向けに特化されたアニメコンプレックス枠『アニメ週刊DX!みいファぷー』となった。

もともとの原作者である永井豪は、今作に限り「原著作者」としてクレジットされており、今作の実質の原作者、キャラクターデザイン少女漫画家飯坂友佳子である。さらには飯塚本人によるコミカライズも存在する。詳細は後述。
永井自身は上述した大きなお友達の反応を原因として「この作品に触れないでほしい」という主旨の発言をしたことある一方、それが落ち着いた頃に描かれた半自伝的漫画作品「激マン!」では「少女漫画ハニーを描きたかった」とも発言している。

『セーラームーン』シリーズの後継作と言うこともあり、土曜19:00-19:30に放送されていたが、約半年後に同じ土曜でも18:30-19:00(ABCは17:00-17:30)に枠移動している。なお枠移動後におけるABCでの放送では提供表示がノーBGMのブルーバックという結構な扱いになった。
「ライバル」として、「筋肉番付」(テレビ山口テレビ高知を除くTBS系列)⇒「モグモグGOMBO」(福井放送を含め秋田放送山梨放送を除く日本テレビ系列)があった。また枠移動後(土曜18:30枠エリア)はNHK総合の『あずきちゃん』(再放送)とも熾烈な競合関係となっており、これは後番組の『みいファぷー』の視聴率にまで響くこととなった。

ちなみに前枠(テレ朝系列・土曜19:00-19:30)での後番組は『クイズ!渡る世間は金ばかり!?』であり、以降同枠はバラエティ番組枠となってしまい、アニメ枠としては途絶した。
前述のように後枠(テレ朝系列・土曜18:30-19:00/ABC系列・17:00-17:30)の後番組は『みいファぷー』であったが枠移動から落とした視聴率は回復に至らず、さらにその後番組としてアクションヒロイン路線に再転換した『神風怪盗ジャンヌ』(1999年)に至るも視聴層からは迷走とみられた上にNHK教育で『あずきちゃん』の後を受けた『カードキャプターさくら・クロウカード編』(再放送)が始まったことで、さらに視聴率を落とす結果となり、最終的に2000年に男児向けの『マシュランボー』に転換されるも裏番組に『HUNTER×HUNTER』をぶつけられ半年で打ち切りとなり、結果アニメ枠としても廃枠となった。
これらの事情から「テレ朝土曜枠アニメ凋落の端緒となった番組 」と呼ばれる事がある。(ある意味で誤解やこじつけもあり、それを言うなら当時のテレビ朝日が買収される騒動及び番組バランス均等化の改革にも原因がある。ここに因を得るならば正直前番組からその兆候は見えていた)

なお、『セーラームーン』シリーズの後継作であったせいか、セーラームーンとハニーが共演するという構想があったのだが、実現しなかった。版権の違い(片や小学館、此方講談社)が主な理由のようだが、やはり「セーラームーン」サイド(特に版元)の感情を考えれば、二次創作でもない限り実現不可能な構想ではある。


アニメの登場人物は、原則として永井豪版のハニーに準拠しているので、詳しくはキューティーハニーの項を参照。

主題歌

OP

リメイクにあわせて主題歌もアレンジされたが、アニメの、しかも女子向けのアニメの曲とは思えないアレンジがされた。「かわいい」というより「カッコイイ」って感じで全然アリ。


ED

エンディングは岡本真夜が担当した。


漫画版

飯坂友佳子・ちゃお

葉月聖羅の容姿がアニメとまったく異なる。
秋夏子以外のハニー親衛隊員は最終回のみの登場。
父の如月博士は殺害されるが、聖羅は生存する。

飯坂友佳子・小学4年生

絵柄はちゃお版と同一だが、購読層を考慮してかギャグテイストが強く、ハニーと聖羅は父を「お父様」ではなく「パパ」と呼んでいる。
こちらでは如月博士も聖羅も死亡しない。

佐々木和志別冊コロコロコミック

少年誌に連載されたためかハニー自身の恋愛は描かれず、バトル描写が強調されている。
早見青児は登場せず、プリンス・ゼラも1コマのみの登場。その代わりハニーの近所の小学6年生である「フジ丸」という少年がレギュラーとなっている。
こちらでも如月博士・聖羅共に死亡せず。

余談

漫画版のうち、キャラクターデザインを手がけた飯坂が担当したもののひとつである「ちゃお版」は海外翻訳版の出版が検討されていた。ところが本作終了後、飯坂の行方が分からなくなってしまいダイナミックプロの方でも音信不通になっているため、この企画は宙に浮いてしまっている。むろんダイナミックプロはどうしても海外版を出したい様で「激マン!」の作中でも「連絡ください」と訴えている。また、このような状態に陥っているため、日本国内での漫画の再販もまた、希望する声がありながらも出来ない状況にある。

関連イラスト

奇跡の乙女
センシティブな作品


愛の光を持つ乙女!キューティーハ二ー!あなたの人生、
キューティーハニーさ!



関連動画

番宣TVスポット
※再生開始から30秒あたり。

変身&戦闘シーン


関連タグ

永井豪 キューティーハニー/如月ハニー
ミスティーハニー/葉月聖羅
スーパーヒロイン バトルヒロイン 変身ヒロイン
リョナ ヒロピン

関連記事

親記事

キューティーハニー きゅーてぃーはにー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「キューティーハニーF」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1289928

コメント