ピクシブ百科事典

キューティーハニーF

きゅーてぃーはにーふらっしゅ

「キューティーハニーF」は、1997年2月15日から1998年1月24日までテレビ朝日系列にて放送された「キューティーハニー」のリメイク版アニメ。
目次[非表示]

ある時は、可憐な女子高生。ある時は、白衣の天使。またある時は、突撃カメラマン。しかし、その実態は・・・愛の光を持つ乙女・キューティーハニー!あなたの人生、変わるわよ!!
(放送前告知より)

概要

美少女戦士セーラームーン セーラースターズ』の後番組として製作された作品であり、内容もお色気ではありつつ、女児向けに仕上がっている。原作には無かった恋愛や結婚などの女性向けの要素が取り入れられている。如月ハニーの設定も空中元素固定装置の種子から生まれた人工生命体と変更され、中盤ではキューティーハニーのライバル的存在として、ミスティーハニーが登場するのも大きな特徴。また変身アイテムはチョーカーだけではなく、指輪も追加される。

セーラームーンシリーズの流れもあり、作画やアクションなどのクオリティは極めて高く、大半の登場人物が美男美女揃いにリファインされている。
巧いリファインのおかげか当時の好きなキャラランキングで3~5歳と6~8歳の女児部門で一位を獲得したため、当時のお子様のハートを鷲掴みにした。

もともとの原作者である永井豪は、今作に限り「原著作者」としてクレジットされており、
今作の実質の原作者、キャラクターデザインは少女漫画家の飯坂友佳子である。
現代風でエロ格好良いハニーに仕上がっている。

また飯塚本人により少女漫画雑誌にも連載された。詳細は後述。

セーラームーンシリーズの後継作と言うこともあり、土曜夜7:00-7:30に放送されていたが、約半年後に同じ土曜でも夕方6:30-7:00(関西地方は夕方5:00-5:30)に移動した。こんな事になってしまったのは、厳しい事情があったりする・・・・・・・・・。
そしてこの放送時間移動は、後々影響を与えてしまうことになるがまた別の話・・・・・。

アニメの登場人物は、原則として永井豪版のハニーに準拠しているので、
詳しくはキューティーハニーの項を参照。

主題歌

OP

リメイクにあわせて主題歌もアレンジされたが、アニメの、しかも女子向けのアニメの曲とは思えないアレンジがされた。「かわいい」というより「カッコイイ」って感じでコレはこれで全然アリ。





ED

エンディングはあの岡本真夜が担当した。




漫画版

飯坂友佳子・ちゃお

葉月聖羅の容姿がアニメとまったく異なる。
秋夏子以外のハニー親衛隊員は最終回のみの登場。
父の如月博士は殺害されるが、聖羅は生存する。

飯坂友佳子・小学4年生

絵柄はちゃお版と同一だが、購読層を考慮してかギャグテイストが強く、ハニーと聖羅は父を「お父様」ではなく「パパ」と呼んでいる。
こちらでは如月博士も聖羅も死亡しない。

佐々木和志別冊コロコロコミック

少年誌に連載されたためかハニー自身の恋愛は描かれず、バトル描写が強調されている。
早見青児は登場せず、プリンス・ゼラも1コマのみの登場。その代わりハニーの近所の小学6年生である「フジ丸」という少年がレギュラーとなっている。
こちらでも如月博士・聖羅共に死亡せず。

新番組予告



余談

実はセーラームーンの後番組ということでセーラームーンとハニーが共演するという、
実現できれば伝説物の企画を考えたのだが版権が違うため実現できなかった。残念。

原作者自身はこの作品に触れないでほしいをいう発言をしたことあるが、
激マンでは少女漫画ハニーを描きたかったとも言っている。

飯坂友佳子氏が担当した漫画版は再販が欲しいところだが、
肝心のキャラクターデザイン兼漫画の作者の飯坂友佳子氏が行方が分からず
ダイナミックプロの方でも音信不通になっている(激マンでも連絡くださいと書かれている)
そのため海外版出版が停止もおろか漫画の再販も本当に難しい事になった。
でも名前を変えて活躍している可能性があり、特定できれば再開できる例があるため
絶望視するのは早い。

関連イラスト

奇跡の乙女
ミスティーハニー


愛の光を持つ乙女!キューティーハ二ー!あなたの人生、


なんじゃらクロー
vs ジル



関連タグ

永井豪 キューティーハニー/如月ハニー
ミスティーハニー/葉月聖羅
スーパーヒロイン 変身ヒロイン
リョナ ヒロピン

pixivに投稿された作品 pixivで「キューティーハニーF」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 693352

コメント