ピクシブ百科事典

みいファぷー

みいふぁぷー

『アニメ週刊DX!みいファぷー』とは、アニメコンプレックス枠の名称にして番組タイトル。
目次[非表示]

概要

1998年2月14日から1999年2月6日まで、テレビ朝日系列(ただし誰かさん除く)にて放送された。基本的には18:30-19:00だが、朝日放送に関しては17:00-17:30にて放送された。

漫画雑誌『ちゃお』に連載されていたドタバタギャグ漫画『ヘリタコぷーちゃん』と、1980年代半ばから1990年代初頭にかけて刊行していた幼女向け雑誌『ぴょんぴょん』に掲載されていた、小学生の日常を描いたコメディ『みい子で〜す!』をアニメ化した『こっちむいてみい子』、そして文芸誌『おひさま』に掲載されていたファンタジー小説『ファンファンファーマシィー』を元にした『ふしぎ魔法ファンファンファーマシィー』の3作のアニメを1本の枠でまとめたものである。アニメーション制作は全て東映アニメーション。作品の版元は全て小学館

女児向けアニメ3本立てに+1の紹介キャラクターが入ったまさに夢の共演&挑戦的な志向で3つの作品を繋げるという荒業も披露したことがある。

また、作品間を繋ぐ進行役として、赤塚不二夫キャラのニャロメケムンパスベシも登場させていた。なお、これらが“活躍”した『もーれつア太郎』もまた、東映アニメーションが手掛けた作品だったりする。

ただ、(関西地方以外では)料理番組の「モグモグGOMBO」(秋田放送山梨放送を除く日本テレビ系列局およびよりによってあいつ)と、本コンプレックス同様アニメである『あずきちゃん』(NHK教育)とターゲットが被る上、この2番組の壁に阻まれてしまった。
ゆえに、前述した全くもって世界観の違う作品を(半ば強引に)一つの世界につなげてきた物を放送してみたり、(メインスポンサーの意向もあったであろうが)『ファンファンファーマシィー』だけで30分使ってみる、といったこともしてみたが、後者に関しては、かえって番組の存在に疑問が持たれてしまった。
商業成績も思わしくなかったが、なんとか1年間やりきった。(当時のテレビ朝日は、アニメはとりあえず1年やってみる、というのが基本線だった)。そして『キューティーハニーF』の後で外してしまった『ちゃお』は、この枠での作品アニメ化権を剥奪されてしまった。なお、後番組は『ちゃお』の商売敵に掲載されていた作品だったりする。そもそも『ちゃお』が別の商売敵から奪った枠なのだが…。当時の女児向け漫画誌が三すくみの拮抗状態であったことを象徴している。

余談ながら『ふしぎ魔法ファンファンファーマシィー』に関しては2回DVD-BOX化されている、上記の他2作品を(半ば強引に)つなげた回も収録されている。

関連動画

OP:ウキウキパラダイス


関連タグ

ふしぎ魔法ファンファンファーマシィー こっちむいて!みい子 ヘリタコぷーちゃん 小学館

アニメサタデー630…初期ではすべての版元が小学館ということで共通している。

pixivに投稿された作品 pixivで「みいファぷー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1609

コメント