ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

CV - 森功至(アニメ第1作)
東日新聞のうだつの上がらない記者だが、実は武芸百般に通じ今に継承する大家・早見家の長男で、当主・早見団兵衛の息子。
父・団兵衛に似ず、長身でイケメンの部類に入るが、格闘はあまり強いとは言えず、間抜け面を晒したりと三枚目的なリアクションが多い。

バイク走行中にすくたーで自宅へ向かっていたハニーの変身シーンに出くわしたのが如月ハニーとの出会い。
当初はスクープ狙いでハニーに接近し、空気を読まずに父の死を悲しむ彼女から豹の爪について聞き出そうとしたため激高したハニーに平手打ちをかまされてしまう。最愛の父の死の悲しみと怒りに泣きじゃくるその姿を見たことで、スクープ狙いをあきらめ協力して戦うことを誓う。
その後、ハニーが父の遺言を聞く現場に立ち会い、彼女の素性と過酷な定めを知って彼女をサポートしていくようになる。

戦闘面では上述の通り弱い方で、ブレーン的な役割を担っているが、正義感が強く精神面でハニーを支える場面も多い。
原作並びアニメ第1作で親友の秋夏子を失い自分も後追いしようとしたハニーに平手打ちし、生きる気力と戦意を取り戻させるシーンはあまりにも有名。
なお、ハニーからは「青児さん」、団兵衛からは「青児」、順平からは「おにいさま」と呼ばれている。

続編・リメイク

後続のリメイク作品でもハニーの相手役もしくは仲間として登場するが、作品ごとに設定は異なる。

『キューティーハニーF』

CV-千葉進歩
この作品での彼は私立探偵と設定されている。容姿がオリジナル版から大きく変更され、少女漫画らしい茶髪の超美形キャラになっている。

父親は団兵衛ではなく、私立探偵の「早見勇人」であり、本編より過去に青児の目の前でシスタージルに殺害されている。

最終決戦の直前にハニーとの間に娘・聖羅を授かり、3年後にハニーと結婚。ハニーと正式に結ばれたのはこの作品のみである。

実写映画版、『Re:キューティーハニー

演 - 村上順、CV - 石川英郎
実写映画版では私立探偵の設定だが、『Re:』では原作と同じく新聞記者を名乗っている。ハニーとの恋愛要素は無い。

実写テレビドラマ『キューティーハニー THE LIVE

演 - 山本匠馬
この作品でも私立探偵だが、本職は現役大学生である。また、早見家の設定は無い。

ハニーの相棒として活躍するが、原作以上に頼りない面が強調され、ハニーに助けられる展開が多い。

CUTEY HONEY -TEARS-

演 - 三浦貴大
久々に新聞記者の設定になった。ハニーとの交流も濃厚に描かれている。

この作品では少数の富裕層の住む上層階と貧困層の住む下層階に分かれたディストピア的な近未来の世界が舞台である。青児は上層階に所属しているのだが、上層階から下層階に落とされたハニーとの出会いから物語が始まる。

『Cutie Honey Universe』

CV-浅沼晋太郎
この作品では記者でも私立探偵でもなく、対パンサークロー組織・PCISの捜査官となっている。

関連記事

親記事

キューティーハニー きゅーてぃーはにー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「早見青児」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26850

コメント