ピクシブ百科事典

Xボンバー

えっくすぼんばー

『Xボンバー』とは、日本の漫画、人形劇。及び同作に登場する宇宙戦艦。
目次[非表示]

概要

1980年~1981年フジテレビ系で放送された特撮人形劇。永井豪作で漫画化も行われた。製作は『仮面ライダー(新)』の着ぐるみ造形を担当したコスモプロ
宇宙戦艦「Xボンバー」のクルーたちと宇宙からの侵略者「ゲルマ帝国」との戦いを描く。

知らないと勘違いするが、メイン画像で大きくく描かれている巨大ロボは「ビックダイエックス」と言う名前であり、Xボンバーは右上に描かれている宇宙戦艦の事である。

国内では『電子戦隊デンジマン』と『太陽の使者鉄人28号』と『料理天国』の裏番組だった事から視聴率が伸び悩んだが、『サンダーバード』の地元であるイギリスでは人気を博した。一応国内でもカルト的な人気はある。

あらすじ

第三次星間戦争が終結し、平和を取り戻した太陽系に、「ゲルマ帝国」が出現。冥王星前線基地を壊滅させ、一気に太陽系へと進行してきた。
この危機に対し、人類はドクトル・ベン指揮の元「ボンバー計画」を発動。地球防衛総合指令本部のジェネラル黒田は宇宙戦艦Xボンバーの艦載機「トリプルアタッカー」にして合体ロボット「ビッグダイエックス」のパイロットに宇宙戦士訓練学校の銀河シロー、ボンゴ・ヘラクレス、ビッグマン・リーの三人を指名する。

銀河の平和を守るため、そしてゲルマ帝国が引き渡しを要求している「F-01」の謎を解明するためXボンバーは宇宙へと飛び立った。

登場人物

地球

本編の主人公。Xボンバーの設計者である銀河三郎博士の息子。銀色のヘルメットを被っている。
ブレインダーのパイロット。

アフロヘアーの黒人。直情型でシローとよく対立する。
ジャンボディーのパイロット。
小太りの白人。のんびり屋だが武器のスペシャリストでもある。
レッグスターのパイロット。
Xボンバーの艦長。銀河三郎博士の親友で、死んだ彼の遺志を継ぎXボンバーを完成させる。
ベンの秘書を務める女性。Xボンバー搭乗者の生活管理担当。
口うるさい球形ロボット。
ラミアのボディーガードを務める毛むくじゃらの宇宙怪獣。
地球防衛軍司令官。
シローの父親で、調査中に消息不明になるが…

ゲルマ帝国

  • ゲルマ魔王(CV:銀河万丈)

宇宙支配を目論むゲルマ帝国の魔王。

ゲルマ帝国太陽系方面先遣隊指揮官。顔の半分に男性の顔がついている。
ブラディ・マリーの手下。顔の半分にムカデが付いたようなデザイン。
ゲルマ帝国科学部主任。兵器開発を担当するサイボーグの科学者。
地球防衛軍冥王星前線基地司令官で、シロー達の教官。ゲルマ帝国侵攻時に消息不明となるが、帝国に洗脳され敵として立ちはだかる。
  • エイリアン
ゲルマ帝国戦闘員。蟻のような姿をしている。
  • サイボーグコマンド
ゲルマ帝国特殊戦闘員。カマキリのような見た目をしている。

その他

謎の宇宙船ドクロ号の船長。ラミアの兄。

関連タグ

人形劇

鋼鉄神ジーグ … 永井豪つながりで、主人公たちの乗る宇宙戦艦にXボンバーのデザインが流用されている
フジテレビ系土曜日夕方6時台アニメ・特撮枠 … 6時台前半枠と後半枠を含め唯一の人形劇・特撮番組だった。

関連記事

親記事

永井豪 ながいごう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「Xボンバー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13590

コメント