ピクシブ百科事典

ポールのミラクル大作戦

ぽーるのみらくるだいさくせん

「ポールのミラクル大作戦」は、タツノコプロ・フジテレビ制作の日本のテレビアニメ。
目次[非表示]

概要

タツノコプロフジテレビが制作したテレビアニメ。1976~1977年にかけて全50話が放映された。
現実世界と「不思議な世界」を股に掛け、少年ポールの冒険を描くファンタジー作品。

あらすじ

小さな港町に住む少年ポールは、10歳の誕生日に両親から手作りのぬいぐるみをプレゼントされた。
その夜、ぬいぐるみに妖精パックンが宿って動き出し、さらにガールフレンドのニーナの愛犬ドッペも2本足で立って言葉を話すようになる。驚きながらも、ニーナやドッペと一緒に、パックンが導く「不思議な世界」の旅を楽しむポールだったが、突如現れた異世界の魔王・ベルトサタンによってニーナが攫われてしまう。
ポールはニーナを取り返し、「不思議な世界」を支配しようとするベルトサタンの野望を阻止すべく、パックンやドッペと共に今日も「不思議な世界」へと旅立つ。

登場人物

本作の主人公。仕立屋の息子。その空想好きな心に引きつけられる形で、パックンがぬいぐるみに宿った。ニーナがベルトサタンに攫われた事は誰にも信じてもらえず、度々辛い目に遭うが、挫ける事無くニーナ奪回の為、勇敢に冒険に挑んでゆく。

ポールの幼なじみでガールフレンド。ベルトサタンに攫われてしまう。
「不思議な世界」の妖精。眠りから覚めると現実世界の時間が止まり、その間だけ「不思議な世界」と行き来するミラクルゲートを開く事ができる。
ニーナの愛犬。時間が止まっている間だけは2本足で歩行し、しゃべる事ができるようになる。大きな耳を羽ばたかせる事によって飛行が可能。
「不思議な世界」の魔王。ポール達が「不思議な世界」を訪れた事によって2000年の眠りから目覚めた。10数メートルの巨体の持ち主で、「ベルター!」と叫びながら数々の魔力を発揮する。
ベルトサタンの部下の、キノコの妖精。小さな丸太型の乗り物にまたがって空を飛びながら、ベルトサタンの命令に従って悪事を働く。

関連タグ

タツノコプロ

pixivに投稿された作品 pixivで「ポールのミラクル大作戦」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1848

コメント