ピクシブ百科事典

新快速

しんかいそく

快速列車の一種で国鉄→JR西日本・JR東海で運行される列車種別の一つ。
目次[非表示]

JR西日本の新快速

概要

1970年10月1日に当時の国鉄東海道本線山陽本線京都駅~西明石駅間で運転を開始した。
その後次第に運転区間を拡大し、現在は最大で敦賀駅(福井県敦賀市・北陸本線)〜播州赤穂駅(兵庫県赤穂市・赤穂線)/上郡駅(兵庫県上郡町・山陽本線)までの区間になっている。
敦賀駅〜京都駅までは、北陸本線・東海道本線(琵琶湖線)経由と湖西線経由がある。
途中駅通過を行うのは、彦根駅(滋賀県彦根市)/近江舞子駅〜姫路駅(兵庫県姫路市)まで。
最高速度は130km/h。国鉄時代は複々線の電車線(内側の線路)を走行、その速さ故の数々の伝説を作った。

  • 列車線(外側の線路)を走る急行、特急列車を追い抜くダイヤを作り、実際に追い抜いていたため、国鉄本社がそのことを咎め、大鉄(大阪鉄道管理局)に時間をずらすよう指示したが、パターンダイヤを守るためという建前上の理由で拒否され(本音は国鉄本社への対抗心であった)、逆に国鉄本社が追い抜かれていた雷鳥の時間をずらした。
  • 新幹線ができてからも、長い間新大阪を通過するダイヤであった。
  • 西明石でこだまを追い抜く運用が存在する(2017年3月現在のダイヤの場合、例:こだま 姫路発15:22→西明石に15:32に到着した後18分間停車し15:50に発車する。その間に、姫路駅を15:26に発車する新快速が15:46に西明石駅に到着し、同時刻に発車する。)
現在では原則的に草津駅〜京都駅間のみ電車線走行で、その他の区間では列車線を走行している。

JR西日本の在来線のイメージリーダー的存在であり、3代目117系以降常に最新型車両が回される。
  • 2017年末時点で、48年間で使用車種は6代目である。初代は横須賀線からの転用、2代目は急行用からの型落ち転用であったため除外するものとしても、完全新車の117系から225系登場年までで数えると新車の投入ペースは平均10年少々であり、JR西日本としては異例の世代交代の速さである。
これは元来私鉄王国と言われた関西での私鉄との競争のためで、赤字で経営再建急務だった旧国鉄時代でも例外的に新型専用車両(117系)が配備されるなど、かなり優遇されている。民営化以降、JR西日本が特に新快速に力を入れたため、阪急などの私鉄は軒並み旅客数を減らすことになる。

問題点として、余裕のないダイヤが組まれているとされ、ただでさえ終日満員の乗客のため遅延がちで、正常なダイヤ通りで運行していないということが挙げられ、それが2005年の尼崎脱線事故にもつながったとされ、翌年のダイヤ改正では所要時間が伸びている(京阪間がそれまでの27分から29分に)。現在でもダイヤの遅れは日常茶飯事である。快速が大阪〜京都間で新快速から逃げ切れないのもその一因である。また2017年には姫路~野洲・近江今津・米原間を通し運転する全ての新快速が12両化され、終日満員だった8両編成の新快速は終日ほぼ満席程度にまで混雑が緩和している。
停車駅も年々増加し、本来は快速に乗る筈の乗客が新快速に集中してしまい、積み残しが起こるのもザラ。特に尼崎駅が酷い。

旧国鉄時代には阪和線でも運行されていた(阪和電鉄時代の超特急と同じ所要時間45分であった)が、停車駅が鳳だけだったため乗客数が伸びず、後に熊取と和泉砂川を追加し48分運転となった後、数年で廃止されている。その後1995年に関空方面へ運転される類似種別の「関空特快ウイング」が設定されたが、これも4年後に廃止された。

使用車両

  • 113系 関西では珍しく横須賀色(スカ色)で運行されていた。実は大阪万博の輸送力増強で千葉からやってきた車両である。大鉄局いわく新快速と普通の快速を区別できるようにとのこと。阪和線の新快速で使われたが、こちらは153系と同色をまとい、スカ色とは逆に関東にそのまま転出した車両があり、民営化を前後して関東でも新快速色の113系がみられた。
正面画 国鉄113系1000番台


  • 153系 急行型車両。いわゆる新快速色をまとい、153系最後の晴れ舞台ともなった。

国鉄153系


  • 117系 かつての名車流電モハ52系の再来と言われる車両で、初めて新快速用に新製投入された車両でもある。2扉転換クロス車両で、デザインは鼻筋の通った非貫通型で、化粧板は木目調であるなど高級感を演出しているが、これは阪急や京阪が同等の車両を走らせていたことからの対抗である。

国鉄117系


  • 221系 民営化すぐに投入された3扉転換クロス車両。この車両の投入以降周辺私鉄の大きな脅威となる。新快速の定期運用は2000年3月に撤退し、以降は専ら快速(高槻または京都以東と明石以西は各駅停車)として運用されている。

ドット絵プロフ画像【221系】


  • 223系 現在の新快速の主力車両で初めて130km/h走行を可能にした。新快速用だけでなく、ローカル用やディーゼル車までこのコピーと言える車両が普及した。

ドット絵プロフ画像【223系・1000/2000番代】


  • 225系 2010年末より運用開始した最新型車両。しかし、これは実質的な223系の増備であるため223系以前のように、新快速の全列車を短期間で同一形式に置き換えて車種を統一することはしていない。223系同様、各駅停車用やローカル用にこのコピーと言える車両が普及した。

鉄面画 JR西日本225系100番台



このほか、207系321系521系がルミナリエやワールドカップ輸送のため臨時新快速として運用された事がある。

JR東海の新快速

概要

民営化後の1989年3月11日に東海道本線の蒲郡駅〜大垣駅間で運転を開始した。
現在は「特別快速」の次に停車駅の少ない列車として位置づけられており、東海道線名古屋地区の主力優等列車として、最大で浜松駅(静岡県)〜米原駅までの区間で運転されている。途中駅通過を行うのは、豊橋駅(愛知県)〜岐阜駅(岐阜県)まで。西日本の英語表記が「Special Rapid Service」なのに対し、こちらは「New Rapid Train」(特別快速の場合は「Special Rapid Train」)である。米原駅では新快速・特別快速どちらも「Special〜」と案内されるが、日中に乗り入れるのは朝と夕方の時間帯の一部のみで、それ以外の時間帯では英語表記が同じである事によりまぎわらしい為、乗り入れはしていない。
最高速度は120km/h。車両は基本的に313系で、一部列車は311系が使用される。かつては117系も使用されていた(2014年全廃)。終日6・8両編成で運転。
余談だが、1999年ダイヤ改正で新設された先述の特別快速は新快速が停車する大府駅を通過し、西日本で言うところの高槻駅と芦屋駅を通過する新快速(2003年消滅)に相当する。221系と同世代の311系を必ず使うスジも現存し、走行区間こそ違えど、221系時代の高槻・芦屋通過の新快速の疑似再現(?)となっている。

関連タグ

電車 快速 JR東海 JR西日本 特に急がない
JR京都線 JR神戸線
117系 221系 223系 225系 311系 313系

pixivに投稿された作品 pixivで「新快速」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 141618

コメント