ピクシブ百科事典

153系

ひゃくごじゅうさんけい

国鉄が設計・新製した準急形(→急行形)電車。
目次[非表示]

日本国有鉄道国鉄)が設計・新製し1958年より営業運転を開始した準急形(→急行形)電車

概要

主に東海道本線等の平坦路線用。
接客設備は80系を、足回りは101系をベースとしてそれぞれ改良が施されている。
準急東海」(東京駅名古屋駅間)が最初の投入列車となったため、「東海形」の別称がある。
前面は黄かん色(オレンジ)一色とされた。増備途中で運転台位置の変更が行われ、より高い位置に変更されたことにより前面窓が小さくなった後期車(500番台)の前面構造はそれ以降の急行形・近郊形電車にも踏襲されている。
老朽化や準急・急行運用の減少に伴い徐々に勢力を縮小し、1983年3月に営業運転を終了。1984年に全廃された。

エピソード

特急代走

国鉄 153系 「こだま」


東海道新幹線開業前には151系(後の181系特急形電車の車両数に余裕がなかったため、アクシデントがあった場合には本系列が代走したことがあった。車内設備はともかく性能的には近似していた(営業最高速度、主電動機形式・出力は同等)ためこうした運用もこなすことができたものである。
新幹線開業半年前の1964年4月24日に発生した衝突事故で151系電車1編成が運用離脱した際には、翌25日から5月6日までのゴールデンウィークを中心とした約半月間にわたり本系列が「こだま」1往復を担当した。利用者からは「替えだま」とも呼ばれたという。

新快速

サントリーカーブ


山陽新幹線岡山開業(1972年3月15日)に伴い山陽本線系統の優等列車が整理されたことから発生した余剰車両が塗装変更と冷房改造を受けて関西地区における新快速運用に投入された。現在に至る新快速ダイヤの基礎は153系時代に作られたものである。1980年に初めての新快速用新製車両となった117系に置換えられるまで約8年間の活躍であった。

関連タグ

急行形電車 急行 準急 湘南色
165系:勾配路線への対応を強化。近郊形電車における113系115系の関係と同じである。
木霊文花:初代妖怪ウォッチの女主人公。名字の読みが「こだま」且つ「かえだま」ポジション繋がり。 フミちゃんは不憫

pixivに投稿された作品 pixivで「153系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10885

コメント