ピクシブ百科事典

457系

よんひゃくごじゅうななけい

日本国有鉄道(国鉄)の交直流両用急行形電車。

日本国有鉄道国鉄)が1969年より新製・運用した急行形電車

概説

国鉄の交直流両用急行形電車は1962年登場の153系をベースとした451系(50Hzエリア向け)・471系(60Hzエリア向け)に始まる。
その後出力増強を図った453系473系、抑速ブレーキを装備(=165系に準ずる)した455系475系を経て、本系列で特急形電車485系583系、近郊形電車の415系と並び50・60Hzの両区間で運用できる3電源対応車両となった。
なお、制御車・付随車は451・453・471・473系は451形、455・475・457系は455形である(周波数の違いが影響しないため)。

新幹線延伸や特急への格上げ等により1985年までに定期の急行運用はすべて消滅。その後は東北北陸九州各線において快速・普通列車に運用された。短編成化に伴い付随車の先頭車化改造が進められ、グリーン車からの格下げ改造車(クハ455形600番台)も登場した。国鉄分割民営化に際してはJR東日本JR西日本JR九州に承継。

21世紀に入り老朽化やアスベスト問題により急速に廃車が進められ、2014年現在、現役で運用中なのはJR西日本北陸地区のみになっていたが2015年3月14日のダイヤ改正で運用を終了した。

関連タグ

急行 快速
東北本線 常磐線 北陸本線 湖西線 鹿児島本線 日豊本線
413系717系:車体更新車。

pixivに投稿された作品 pixivで「457系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2418

コメント