ピクシブ百科事典

413系

よんひゃくじゅうさんけいまたはよんいちさんけい

交直流急行形電車の機器類を流用して車体を新造した、国鉄近郊形電車。 現在はJR西日本とあいの風とやま鉄道が保有。
目次[非表示]

事の発端

1980年代に差し掛かり、崩壊へのカウントダウンが始まっていた末期の国鉄は、多額の債務を抱える赤字経営に加えてサービス水準の低さから社会的な批判が大きく、利用者の視点に立った輸送サービスの改善が強く望まれていた。その中で富山、石川の北陸本線でも客車列車から電車列車への改善が急がれていた。

当初は急行廃止で余剰になった急行形電車419系を投入していたが、デッキ付き2ドア構造の車両では乗降時間が伸び、遅延が発生する状況にあった。そこで、急行型の電装品や走行機器を使用して車体を新造するという方法がとられ、1986年に413系が誕生した。

車両概要

新造された車体は417系に準じたステップ付き・デッキなしの2扉構造である。冷房装置と走行機器類は種車のものを流用しているため、同系列とはその部分で判別できる。
クロスシートやクーラーは種車から流用されており、またロングシートは大都市圏で廃車になった101系などの通勤電車から転用されたが、ごく一部には同時期に富山港線で廃車になった72系から転用した個体も存在した。(もっとも発生元は最終型の全金属車もしくは全金属改造車であり、101系あたりと比べてもさほどそん色はない。)
改造元の急行型や415系800番台とも連結可能とされている。

希少な473系から改造された100番台や、サハ455形からの改造車クハ455形700番台も2両ずつ存在しており、1986年から1989年にかけて3両編成11本の合計33両(うちクハ455形700番台が2両)が登場した。計画上は残存の471系や475系457系からも追加で改造の予定もあったが、中途で中止となっている。

2015年春の北陸新幹線開業に伴う並行在来線の三セク化に伴い、11編成のうち第1,2,3,7,10編成の5本が新造台車への交換、床板張り替え、吊革交換、転落防止幌設置などの延命工事が行われ、あいの風とやま鉄道に譲渡された。譲渡後、第1編成は観光列車「一万三千尺物語」、第3編成はラッピング列車「とやま絵巻」への改装が行われた。
譲渡対象外となる6本も七尾線用普通列車として残存した。

観光列車に改造された編成以外の譲渡車は、2018年以降の521系投入によって代替される予定である。西日本に残った6本も521系のICカード精算&ワンマン対応車(100番台)により2020年秋から置き換えが始まる。

関連タグ

JR西日本 国鉄 近郊形電車 電車 北陸本線 七尾線
415系 419系 455系 475系

521系あいの風とやま鉄道保有の521系1000番台は413系の置き換え用として製造。また、七尾線の521系100番台も413系の置き換え用として製造。

関連記事

親記事

近郊形電車 きんこうがたでんしゃ

兄弟記事

  • 419系 よんひゃくじゅうきゅうけい
  • 227系 にひゃくにじゅうななけい
  • 223系 にひゃくにじゅうさんけい
  • もっと見る

pixivに投稿された作品 pixivで「413系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15575

コメント