ピクシブ百科事典

155系

ひゃくごじゅうごけい

かつて国鉄に在籍した修学旅行専用電車。

国鉄により1959年に修学旅行専用電車として製造された。製造当初は82系と名乗っていたが1959年6月の車両称号規程改正により155系に改称された。愛称は使用された列車の愛称より「ひので形電車」

概要

153系電車の基本システムを踏襲して、コストダウンを図りながら修学旅行に必要な設備を盛り込んだのが特徴。主要機器は153系と同一で、153系との連結も可能。車体も基本的には153系と同一ながら、屋根が浅い(低屋根)。これは、修学旅行シーズン以外に中央東線での臨時列車に投入できるようにしたためである。そして153系に比べドアの幅が狭い(153系が1000mmに対し155系は700mm)。車体塗装は朱色3号に黄1号のツートンカラーを採用。以後の修学旅行専用電車の基本カラーとなる。車内は座席を3人掛けと2人掛けの5列座席として収容力をアップした。またすべての座席に着脱式のテーブルも備えた。荷物棚は通常のレールに平行でなく枕木に平行に設けた。そして先頭車車内にはスピードメーターと時計も設置した。他にも飲料水タンクも備えた。

運用

車両は1959年に24両製造され、12両ずつ田町電車区(東京)と宮原電車区(大阪)に配属された。田町所属車は品川~京都間に「ひので」号を運行、宮原所属車は品川~明石間に「きぼう」号を運行してそれぞれ片道は夜行運行とした。修学旅行シーズン以外は臨時準急「すばる」(東京~大阪)や上越線のスキー臨時列車などで運用した。
1961年に2編成8両増備、1964年から1965年にかけて4編成16両増備された。しかし、1971年に国鉄が修学旅行利用の新幹線特急料金の割引を開始したことにより新幹線での修学旅行が一般化されたため、「ひので」と「きぼう」は1971年10月に廃止された。

終焉
その後修学旅行専用車両特有だった設備を廃し、座席も通常の4列に改造し塗装も湘南色に変更した。
1974年に宮原電車区所属車が大垣電車区に転属となり、153系159系と混用で急行「東海」や大垣夜行や中京地区の快速運用に就いた。他にも臨時列車運用などに就いたが、1980年から1982年にかけて廃車された。

なお、155系以降修学旅行専用電車は159系(主に中京地区で運用)や167系(修学旅行専用電車で初の冷房搭載車両)が登場したが、先に述べたとおり新幹線での修学旅行が一般化されたため、以後は急行列車や臨時列車として運用された。

pixivに投稿された作品 pixivで「155系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 245

コメント