ピクシブ百科事典

167系

ひゃくろくじゅうななけい

国鉄が製造した修学旅行用電車

構造

165系電車をベースとした修学旅行形電車。
153系ベースの155系159系と同様に乗降の機会が少ないことからドアの幅を1mから0.7mに狭め、大型の脱着式折りたたみテーブルを備える。
しかし多客期の一般臨時列車に投入することも考慮して客室設備については165系との差異は少なく、全面低屋根構造だった155・159系と異なり低屋根構造はパンタグラフ部分のみとなっている。

運用

1965年度に関東地区増発用として、翌年度には山陽地域用として、全52両が汽車製造にて製造された。
在来線の修学旅行列車が廃止されると塗装を湘南色へ塗り替え、主に波動輸送に用いられるようになり、1981年10月からは定期急行列車であるごてんばに用いられたこともある。
1978年初夏から1981年にかけて冷房改造が施されたことで事故で廃車された1両を除いた54両がJRに継承された。JR東日本へ35両、JR西日本へ16両が継承され、JR西日本からは2001年に姿を消し、JR東日本からは2003年に姿を消した。

pixivに投稿された作品 pixivで「167系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 592

コメント