ピクシブ百科事典

163系

ひゃくろくじゅうさんけい

165系をベースに平坦・温暖線区で使用される予定だった幻の車両

勾配・寒冷地線区向けの165系から耐寒耐雪設備・勾配抑速ブレーキを省略した形で計画された系列。
しかし運転・保守の現場から無闇に派生系列を増やされても困るという声が強かったことから、153系1等車冷房化を目的にサロ163形7両が1964年に製造された段階で計画は中止となり、以後の増備は165系に統一された。

仮に163系が導入されていた場合以下の様な問題点が首都圏では発生していた。

  • 夏の海水浴シーズンには房総半島方面で列車を増発する必要があるのに対し、冬のスキー・スケートシーズンには中央本線上越線で列車を多数増発する必要がある。平坦で温暖な房総地区では問題ないが、急勾配が連続し、冬場に大雪が降る中央・上越方面で163系を運用するのはいくらなんでも危険
  • 複々線化前の総武線101系の国電から逃げ切る必要があり、高加速性能が要求される。自動制御段戻しがないCS12を搭載予定で設計されていた163系だとダイヤ乱れの原因になる

なお、153系も165系も直流急行型は制御ジャンパ栓自体は同じであり、抑速ブレーキ用の回線が使用されているかだけの違いである。サロ・サハ・サハシなどの付随車は寒地対策以外差異がないともいえる。一時期誤解があったのは、交直切り替え機能などで制御回線に余裕がなく、抑速ブレーキ追加にジャンパ栓の追加が必要であった交直流急行型との混同があったためである。

サロ163も制御回線自体はサロ165と変わらず、寒地対策を省略されたサロ152の増備的性格として製造されたといってよく実質的に形式以外ほとんど差異はない。あまり異端車とすら言えない影の薄い車であった。

需給関係でサロ112に改造された7は1977年に廃車、残存車も終始東海道筋でサロ165と混用され1983年までに廃車された。

関連記事

親記事

鉄道車両の形式の一覧 てつどうしゃりょうのけいしきのいちらん

兄弟記事

コメント