ピクシブ百科事典

パノラマエクスプレスアルプス

ぱのらまえくすぷれすあるぷす

国鉄・JR東日本が保有していたジョイフルトレイン。165系。
目次[非表示]

ジョイフルトレインへの改造

165系を改造したジョイフルトレイン国鉄東京西鉄道管理局管轄路線である中央本線大糸線は雄大な景色を楽しむことができ、遮るもののない前面展望は大きなセールスポイントになるものと考えられた。そこで自然を車窓から楽しめるように「展望」をテーマとした車両を大井工場と共同開発することとなり、1986年6月に設計開始。同年10月に改造に着手、翌1987年3月に運行を開始した。3両編成2本全てがグリーン車。走行部の構造上は前述の通り3両×2本だが国鉄・JRにおいては実際には殆どの場合6両編成として運用された。
183系と併結も可能に考慮されたが、実際に運用された実例はない。多客期には急行「しんせん・やまなし」運用の際、6両では足りず編成中間に同じ塗装にそろえた167系4両を増結した10両編成で走行した例や、同じ165系ベースの千葉局のお座敷車「なのはな」を併結し12連を組んだこともある。
乗客が列車最前部に着席しうるという点は小田急ロマンスカー名鉄パノラマカーと同じであり、万一の事故時の乗客の安全確保には同様の手法(大容量油圧緩衝器の設置)が用いられている。
改造の範囲が大きいため、先頭展望車は車体を新製している。車体を新製する車両をいずれも制御付随車(クハ165→クロ165)としたため、真ん中で制御電動車(クモハ165→クモロ165)が向き合うよう片方のユニットの向きを逆転している。一方、クモロ・モロの車体は外観や接客設備は作り直されたものの、すでに経年20年を超えた車体の基礎部分は特別保全工事相当の不徹底な構造の補修であり、晩年には外観以上の老朽化が問題となっていく。

富士急行へ移籍後

2001年にJR東日本で廃車された後、富士急行に譲渡され、富士急行2000系としてフジサン特急として運用された。「パノラマエクスプレスアルプス」時代は6両での運用が多かったが、「フジサン特急」は3両で運用。

2002号編成は小田急電鉄より譲渡されたロマンスカーRSE20000形を改造した富士急行8000系へ置き換えられ2014年2月に引退。引退を前にJR時代の塗装に復元されて運用入りした。残る2001号編成もJR東海371系の改造車である富士急行8500系に置き換えられ、2016年2月に引退した。

富士急行2000系の引退をもって、現役の国鉄165系(由来の車両)はすべて営業線上から姿を消した。

関連項目

日本国有鉄道 JR東日本 165系 富士急行 2000系 ジョイフルトレイン

関連記事

親記事

ジョイフルトレイン じょいふるとれいん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「パノラマエクスプレスアルプス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1700

コメント