ピクシブ百科事典

EF61

いーえふろくいち

EF60の派生機種として製造された旅客用電気機関車。なお、瀬野~八本松区間補助機関車用にEF60 1次形より改造された200番代もここで解説する。
目次[非表示]

概要

国鉄の製造した旅客用電気機関車。1961年、山陽本線電化延伸にともない旅客列車用電気機関車が必要となったこと、すでに新型のEF60系列に製造は移行していたたため、EF60を母体としたEF58の後継機として製造されたのが当形式である。
しかし将来的に旅客列車の動力分散化が見込まれていたため、18両が一度に製造されただけで製造は終了した。

機構
母体であるEF60はツリカケ駆動のMT52モーター搭載に移行する時期の登場であったが、当型式はクイル駆動方式が引き続き採用されている。また歯車比をやや高速向けに変更。さらに旅客列車用として製造されたことから、暖房用の蒸気を供給するため蒸気発生装置(SG)一式を搭載している。そのため車体長が1.6m伸びたことに併せ、側面デザインもエアフィルタを横長に配置するスマートなものへと変更された。
なお、粘着係数向上策であるバーニア制御装置・電機子分路再粘着装置は蒸気暖房装置と引き換えに搭載を見送られている。これはEF58と同程度の性能しか求められていなかったためだが、将来貨物用に転用された際にはSG関連機器を撤去したうえで搭載する予定の設計であったが、結局最後まで改造されることはなかった。

運用

当初は宮原機関区に配置され、東海道・山陽本線の旅客列車に運用された。初期は東海道ブルートレインに運用されるなど華々しい活躍もあった。さらに1962年の広島電化の際に、間合い運用として瀬野~八本松間の補助機関車運用が設定されたため、走行中の連結開放用として連結自動解放装置(空気シリンダ)が装備されている。
しかし、1963年にブルートレインの運用がEF60(500番台)に置き換えられ、さらに東海道新幹線の開業や電車化の進展で客車列車が減少すると、次第に荷物列車など地味な運用に回っていった。1968年のダイヤ改正では全車が広島運転所に転属となり、一時的に旅客列車と荷物列車の運用を失い貨物運用に専従した時期もある。
また、トラブルの多いクイル駆動装置は1974年からリンク式に改造されたものの、内部機器の互換性の低さから完全な貨物用改造も見送られ、徐々にもてあますようになっていく。(母体であるEF60クイル型も、中央西線名古屋口や後に岡山地区周辺で限定運用を組まれるなど、かなり冷遇されていた)

1970年代後半、瀬野~八本松間で運用されていたEF59の老朽化が進んだため、補助機関車専用機に改造する計画が立てられた(改造後は100番代へと改番される予定だった)ものの、先行してEF60 1次形より改造されていた200番代の失敗により計画は頓挫する。

またSGを搭載していたことで、車内に水分がこもるなどすることから車体の傷みが早く、晩年にはSG煙突周辺の屋根が抜け落ちるなどの重大な故障も発生した。1979年に(屋根の抜けた)7号機が廃車前提の休車になったことを皮切りに徐々に運用を離脱、東海道・山陽本線の荷物列車がEF62に置き換えられた1984年2月改正でその薄幸な生涯を終えた。
現在、4号機がカットボディで広島車両所に保存されている。(4号機は屋根の抜け落ちが原因で廃車になったものであるが、現存唯一になったのはある意味皮肉である)

200番代

1977年に、老朽化の進んだEF59型に代わる瀬野~八本松間の補助機関車として、当時持て余しつつあったEF60 1次形をベースに改造された車両。重連総括制御にそなえ貫通扉が設置され、1エンド側にデッキと大型緩衝器・自動解放装置を備えるなど全面の印象は一変している。また、EF61と特性を合わせるためバーニア制御装置・電機子分路再粘着装置は撤去されていた。
またこれらの改造は試験的に進められたため、車両によってデッキ周辺の造作に相違が見られる。

この区間は22.5‰勾配が長区間続き、そこを高速で通過しなければならないため惰行運転ができず、動力車にとってはじわじわと負担のかかる難所である。 EF61単機で補助機関車運用をするには重量貨物には引張力が足りないため、重連総括制御をおこなうことによって要求を満たそうとした。
しかし初期に想定されていた1200t重連運用では運用試験の結果ブレーキ使用時に引張力過剰で脱線の恐れがあることが発覚し、結局は1000t以下の軽量貨物にしか使えない失敗作となってしまい、8両で改造が中止されてしまった。
(200番代と中途半端な番代区分がされていたのは、先にも書いたとおりEF61基本番代を同仕様に改造する計画があったためだが、計画の失敗によりこれも中止となった)

そのため老朽化したEF59の完全淘汰には至らず、真の後継車は1982年に登場するEF67まで待つことになる。また中途半端な性能が災いして、EF59の運用が続く中で早々と余剰休車が発生する有様であった。
JR移行の際5両がJR貨物に引き継がれて、その後も軽量貨物限定で運用にあたっていたが、EF67100番代の登場により1991年までに淘汰された。
廃車後は201号機(元EF60 1号機)が吹田で保管されたが、1998年に解体処分済みである。

関連イラスト

国鉄EF61形電気機関車

国鉄EF6*形電気機関車


関連タグ


EF60 EF67EF58

関連記事

親記事

電気機関車 でんききかんしゃ

兄弟記事

  • EF200 いーえふにひゃく
  • EF66 いーえふろくじゅうろく
  • EH800 いーえいちはっぴゃく
  • もっと見る

pixivに投稿された作品 pixivで「EF61」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6678

コメント