ピクシブ百科事典

EF210

いーえふにひゃくじゅう

EF210形とは、JR貨物が保有する電気機関車である。
目次[非表示]

概要

オーバースペックぎみで真価を発揮できずにいたEF200形に代わり、老朽化したEF65形・EF66形の置き換え、並びに東海道・山陽本線1,300t貨物列車の拡充に対応するため開発された直流電気機関車。1996年に試作機が登場し、以後1998年から0番台18両、2000年から現在までに100番台73両が製造され、現在も増備中。最初に量産車が配属された岡山機関区にちなんで、JR貨物の機関車で初めて愛称が付けられ、「ECO-POWER 桃太郎がニックネームとなった(後に新鶴見機関区・吹田機関区にも配属されたが変更は無かった)。

性能・外観

車体は高運転台・非貫通の耐候性鋼板製。前灯・尾灯はEF66形100番台と同じコンビネーションタイプで、ライトケース周辺に白帯、運転台周りを黒とし、それ以外はブルー・グレーで塗装される。足回りはEF200譲りのかご形三相誘導電動機、VVVFインバ-タ制御に加え、イニシャルコスト削減のため1C2M制御(100番台では1C1M)を採用、定格出力は1時間あたり3,390kW、30分あたり3,540kW。重量は100,8tとEF66と同クラスで、EF200よりも出力は控えめだが、前述のとおり1,300t級列車の牽引が可能で、関ヶ原付近の連続急こう配もものともせず駆け上がれるだけの性能を発揮できる。

形態

900番台

だいぶ


1996年登場の試作機。ルーバーの形状、運転台側窓の形・塗り分け、『ECO-POWER桃太郎』のロゴがないなど、量産車とは仕様が異なる。2005年の量産化工事で、主電動機交換が行われた後も、外観の相違点はそのままとなっている。三菱電機・川崎重工業が製造を担当。
実は、同機の新製配置は新鶴見機関区で、岡山機関区にやってきたのは1997年3月だったり。

0番台

1997年登場の量産車。主電動機がその後のスタンダードとなるFMT4型となり、歯車比は900番台の1:4.44 から 1:5.13 に変更。助士席側窓下に愛称ロゴマークが付けられた。
全18両が岡山機関区に配置されている。製造は三菱・川重。

100番台

EF210桃太郎


2000年に登場し、現在も製造が進められている改良タイプで、最も見る機会が多いグループである。外観では運転台周りの塗装処理、採光窓・ルーバーの形状・数が異なり、新たに車体中央部に愛称ロゴマークがついた。また、109号機以降はパンタグラフがシングルアーム型に変更されている。
性能面では、VVVFの制御素子がそれまでのGTOからIGBTに、前述のとおり1C1Mのベクトル制御に変更され、新製当初からATS-PFを搭載する。
2012年までに73両が製造されており、新鶴見・吹田・岡山の各機関区に配置されている。製造はやはり三菱・川重が担当。

300番台

赤い桃太郎


2013年登場。山陽本線瀬野~八本松間、通称『セノハチ』を通過する貨物列車の後部補機用グループで、1983年にEF60から改造されたEF67形0番台の老朽取り替え用である。性能は100番台と同一だが、連結器部分に油圧式シリコン緩衝器を備え、その関係でスカート部分が張り出した格好となり、側面の塗装もブルー1色に黄色の帯をまいたスタイルである。運用上は通常の貨物列車牽引にも使用できる。製造は川重が担当、現在3両が広島車両所に配置されている。 

運用区間

東海道本線山陽本線瀬戸大橋線予讃線(高松貨物ターミナルと新居浜まで)・武蔵野線京葉線東北本線(黒磯まで)・高崎線(倉賀野まで)・中央本線八王子まで)・梅田貨物線桜島線JRゆめ咲線(西九条~安治川口)

関連イラスト

【コメリク】EF210 PF。
ガルパン 機材輸送


EF210形電気機関車 セノハチにて



関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「EF210」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30762

コメント