ピクシブ百科事典

マイクロエース

まいくろえーす

模型メーカーの一つ。近年は鉄道模型の新製品を盛んに発表している

本社は埼玉県蕨市にある有井製作所(アリイ)の100%子会社。鉄道模型の新製品を盛んに発売しているが、プラモデルの製造もしている。ただし新製品の発売はなく、旧製品の再生産のみとなっている。

鉄道模型

もともとマイクロエースの鉄道模型分野は1980年に倒産したしなのマイクロを傘下に収め、マイクロエースに改称してスタートした。
スタート時から当時の最新型特急電車の185系EF641000番台などのNゲージ製品を発表し、特に10系客車は当時の大手各社の製品を凌駕するほどの緻密かつ繊細なディティール再現で高く評価された。しかし1980年代半ば以降長らく新製品はおろか再生産もほとんどない休眠状態が続き、会社そのものも有井製作所に吸収。名称のみが有井のブランドとして残った。

その後1990年代半ばより、中国の工場に設計と製造を委託する形で製品の発売を再開、中には輸出を念頭に置いたと思われるアメリカ型の機関車も手掛けた。
2006年にマイクロエース10周年記念商品が発売されたが、これは1996年の新製品の発売を再開した時から起算したものであり、実際には2006年時点で「マイクロエース」ブランドは25年以上の歴史を持っていた。

製品の特徴としては、当時大手完成品メーカーが「数が出ない=売れない」などの理由であまり手を出さなかった私鉄の通勤電車や、国鉄・JR系の車両でも比較的マイナーな形式の機関車や、電車客車列車のセット、中には事故などの影響でごく短期間見られたイレギュラーな編成の列車など、知る人ぞ知る「マニアック過ぎる」ネタも含めて次々に新製品を展開していったことである。
後述のように造形や品質に問題があるものも散見されたが、こうした「ネタモノ」系や私鉄系のヒットは、後に大手メーカーの営業戦略にも大きな影響を与えることになった。

かつての商品の品質は、「図面だけ見て製品化したような造形」「動力のダイキャストが経年で変形した」など、製品の品質に当たり外れの要素が大きく、こうした外れ製品に様々な蔑称が付けられたり、時にメーカー自体が「マイクソエース」とまで呼ばれたことすらあった。

なお、現在はかなり品質が上がっており、車体の造形技術も向上し、動力性能も大手二社に引けを取らないものとなっている。
ただし、品質が上がったことや中国の人件費高騰の影響をまともに受けたらしく、価格も大幅に値上がりしており、最近は1セットで4万円近くすることも珍しくない。

また近年は、完全新規の新製品も減少して仕様変更程度の事実上の再生産品が多いこと、また予告した新製品も大幅な生産遅延や生産自体がキャンセルとなることもあり、こうした状況から経営難ではないかと心配するユーザーが多い。

現在販売されているのはいわゆるNゲージとHOゲージの車両がメインで、一時Nゲージ用レール・パワーパックなども扱っていた。

pixivに投稿された作品 pixivで「マイクロエース」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1386

コメント