ピクシブ百科事典

マイクロエース

まいくろえーす

模型メーカーの一つ。近年は鉄道模型の新製品を盛んに発表している

本社は埼玉県蕨市にある有井製作所(アリイ)の100%子会社。鉄道模型の新製品を盛んに発売しているが、プラモデルの製造もしている。ただし新製品の発売はなく、旧製品の再生産のみとなっている。

鉄道模型

もともとマイクロエースの鉄道模型分野は1980年に倒産したしなのマイクロを傘下に収め、マイクロエースに改称してスタートした。
スタート時からNゲージ製品を盛んに発表し、特に10系客車は当時の大手各社の製品を凌駕するほどの緻密かつ繊細なディティール再現で高く評価された。しかし1980年代半ば以降長らく新製品の発売がなく、再生産もほとんどない休眠状態が続き、会社そのものも有井製作所に吸収。名称のみが有井のブランドとして残った。

その後1990年代より中国の工場に設計と製造を委託する形で製品の発売を再開。製品の特徴として機関車は単品販売、電車気動車などの編成で成り立つ車両はセット販売となりやすい。

2006年にマイクロエース10周年記念商品が発売されたが、これは1996年の新製品の発売を再開した時から起算したものであり、実際には2006年時点で「マイクロエース」ブランドは25年以上の歴史を持っていた。

現在販売されているのはいわゆるNゲージとHOゲージの車両がメインで、一時Nゲージ用レール・パワーパックなども扱っていた。

商品の品質は、かつてはマイクソエースとまで呼ばれる程低品質なことで知られていたが、
現在はかなり品質が上がっており、車体の造形技術も向上し、動力性能も大手二社に引けを取らないものとなっている。
ただし、品質が上がった分価格も高沸しており、
最近は1セットで4万円近くすることも珍しくなく、経営難ではないかと心配するユーザーが多い。

pixivに投稿された作品 pixivで「マイクロエース」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1274

コメント